特集 2021年7月9日

網膜に焼きついた残像に応援してもらう

写真をじっと眺めていると、目の網膜に焼きついて残像が見える。これを利用して残像に応援してもらおう。

1992年三重生まれ、会社員。ゆるくまじめに過ごしています。ものすごく暇なときにへんな曲とへんなゲームを作ります。

前の記事:ビルの窓文字を自由に書けるシミュレーターを作った

> 個人サイト ほりげー

残像がすごい

さっそくだが残像をご体験いただきたい。

こちらの画像の上半分の中央にある赤い点を30秒間じっと見つめる。そして、30秒経ったら、今度は下半分の赤い点に焦点を合わせる。

001.jpg
できれば「まばたき」は我慢してほしいが、ドライアイには注意してほしい

するとどうだろう。おそらく、こんな感じで見えるのではないだろうか。

002.jpg
ぼわわわーんと、デイリーポータルZのロゴが浮かんでくるはずだ。

これが残像である。もう少しちゃんとした言葉でいうと、補色残像現象と呼ばれる。補色、すなわち、反対の色の残像が見える。(どうして反対の色が見えるのかはこちらに載っている。)

この仕組みを使えば、残像に応援してもらえるのではないだろうか?
カメラ目線でこちらを応援する写真を30秒間眺めたあと、目を閉じる。すると、まぶたの裏で残像が応援してくれる。応援の力で何かを成し遂げられるはずだ。

残像に応援してもらって型抜きに挑戦する

さっそくだがやってみる。まずは、型抜きに挑戦したい。というのも、以前、型抜きに挑戦する連載記事を書いたのだ。

003.jpg
過去に型抜きを全種類コンプリートしたときのもの。

このときにお世話になった編集担当が古賀さんである。古賀さんの残像に応援してもらいながら型抜きに改めて挑戦したい。

こちらの画像を30秒間見つめたあと、そっと目を閉じる。

004.jpg
不気味ですが、古賀さんがうちわを持って応援してくれています。
005.JPG
見つめています。
006.jpg
目を閉じると
007.jpg
いる!古賀さんが応援してくれている!!

 

008.jpg
古賀さんだ!(実際にはこんなにはっきりは見えません。)

こうして古賀さんの残像に応援してもらいながら、型抜きに挑戦する。

009.JPG
挑戦するのは、けん玉。慎重にいけば一発でクリアすることも可能だが、すべてはメンタル次第。ちょうどいいレベルだ。
010.JPG
残像は20秒も経てば消えてしまうが、それでも「古賀さんの残像に応援してもらった」という事実が自分を勇気付ける。
011.JPG
良い感じ。

ここで集中力が切れてきたので、また応援してもらう。応援の補給である。今度は編集部のもう一人、安藤さん。

012.jpg
じーっ。
013.jpg
ネガポジ反転でも伝わる「陽」の気

作業を中断して30秒見つめると…。

014.jpg
ぼわわわわーん
015.jpg
安藤さん!!(実際にはこんなにはっきりは見えません。もちろん背景も見えません。)

単純に応援の写真を見たのとは違って、残像に焼き付くと心にも焼き付く気がする。目を閉じても見えるというのが大きい。

016.JPG
いくぞー!!!

正直に告白をすると、型抜きをする上では残像は邪魔である。(視界が悪くなるので。)しかし、型抜きはメンタルのスポーツ。残像による応援は大きな戦力増強である。

017.JPG
勝利が近い

ここからさらに数回の追い残像(残像を追加で補給すること)を重ね、ついに…。 

018.JPG
できた!
019.jpg
やったー!!実験成功である。

失敗したらそれはそれでおいしいと思っていたのに普通に成功した。
残像の応援はメンタルに良い働きをもたらすことが証明された。論文に載ってもいいと思う。

いったん広告です

プランク耐久120秒。ハムスターの残像に応援してもらう

この調子で他のことにも挑戦したい。思いついたのはプランクである。プランクとは、腕立て伏せのような姿勢のポーズである。

022.JPG
後から知ったが、一般的なプランクは肘を床につけるようだ。無知ゆえに今回は肘をつけないストロングスタイルでの挑戦になってしまった。

この姿勢のまま120秒耐えられたら成功とする。

021.JPG
顔の真下の位置に2匹のハムスターの画像。いつでもハムスターの残像を補給できる。

ちなみに、左の画像はくつしたさん提供のパンダマウス。(さっき便宜上ハムスターと言ったがハムスターではない。) そして、右の画像はせこなおさん提供のハムスター。

021.JPG
スタート!120秒、耐えられるのか?

30秒経過。しんどくなってきたので、一匹目を補給する。

023.jpg
残像生成のためにじっと見つめている間はシンプルに耐える必要がある。
024.JPG
残像生成完了。かわいい〜!!

これはすごく頑張れる。自分の体の下にかわいいパンダマウスがいることを想像する。もしここでプランクをやめてしまったら潰されてしまうことだろう。そんなことは決して許されない。

とか言っているうちに残像は消えた。しんどい。お尻の位置が下がってきている。限界だ。

025.JPG
ここで二匹目を投入。
026.jpg
プランクしながらじっと見つめるのはしんどすぎる。耐えねば……。
027.jpg
ハム〜!!!!
028.jpg
うおおおお
029.JPG
最後はひざが床に着きそうだったが、なんとか耐えた。

120秒プランク成功である。残像による応援の力は偉大だ。

みんなの力でストライクをとりたい。ボウリング!

最後はボウリングである。閉店時間間際のボウリング場で1ゲームだけやる。最後にボウリングをしたのは7、8年前だと思う。実力はというと、ご想像の通りかなり下手だ。でも応援の力で勝ちたい。最初の一投を残像に応援してもらい、集中する。

030.JPG
見ているのは……
031.jpg
みんな!ありがとう!!!
032.jpg
やるぞ!一発ストライク!
033.JPG
うおおおお
034.JPG
8本。スプリット。

なんとも言えない微妙な結果である。でも集中力は確かにあった。応援されている以上、失敗できないという気持ちが強い。

その後は残像なしでただボウリングをするだけ。全然思い通りにいかない。9フレームを終えた時点でスコアは72。100ぐらいは行くだろうと思っていたが厳しそうだ。スペアすら出ない。

迎えた最終フレーム。満を辞して再び残像を使う。ここから3連続ストライクで100を超えたい

035.JPG
みんな……。
036.gif
おおお…?
037.JPG
やった!!

残像の力がすごすぎる。決してやらせやズルはしてないので信用してほしい。残像の力だけでとったストライクだ。 

038.JPG
次も頼む!

このまま連続でストライクを取りたい。

039.gif
まさか…?
040.JPG
おおおおお!!

ストライク!ダブルだ!

残像の力を使ったとたん、2連続ストライクである。なんとなくカラクリがわかってきた。残像に応援されているだけでなく、残像生成のために30秒じっとするのが小休止となり、心を落ち着かせ、余計な力が抜けるのだ。軽い瞑想のような状態。五郎丸のルーティーンと同じ原理かもしれない。

041.JPG
図らずも安藤さんと同じポーズに。コロンビア。

というわけで次にストライクを出せば3連続。ターキーだ。ストライクが出なくても8以上でひとまず100は超える。

042.JPG
最後の応援。目に焼き付くぜ。
043.gif
あ。
044.JPG
ああ。
045.JPG
046.JPG
047.JPG

惜しくも100に届かなかった。残像を持ってしても100に届かない。これが僕の実力だ。


みんなはどうやって残像を出してる?

僕はまばたきせず30秒見つめる作戦だったが、編集部の石川さんは素早く何回も瞬きする方法で残像が出やすいと言っていた。人それぞれの残像生成方法があるかもしれない。

ちなみに僕のやり方は伊藤家の食卓の大発見というコーナーで紹介されていたやり方だ。なつかしい。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ