特集 2022年9月22日

電動キックボードで幕張めぐり

巷で話題の電動キックボード。
渋谷で交通ルールを守らない若者が云々、といったニュースも見かけたりするが、あれこれ言う前にまずは乗らなくては。

そう思っていたら、千葉の幕張で電動キックボードの実証実験をしていることを知った。
これは乗りに行かなくては!

1987年兵庫生まれ。会社員のかたわら、むだなものを作る活動をしています。難しい名字のせいで、家族が偽名で飲食店の予約をするのが悩みです。(動画インタビュー

前の記事:思考不要!一気にひっくり返せる盤面ばかり出てくる「接待リバーシ」

> 個人サイト むだな ものを つくる

乗りたいな電動キックボード

最近特に耳にするようになった電動キックボード。
東京や大阪などではシェアするタイプが広がりつつあるようで、自分が住んでいる千葉県では乗れるチャンスがなく気にはなっていた。

渋谷のデイリーポータルZ編集部に久しぶりに行ったら電動キックボードがあった。

これこれ、これに乗りたいんだよー。
後ろ髪を引かれつつ後にしたが、その後幕張にあるイオンモールに行ったときに電動キックボードが置いてあることに気がついた。

なんと千葉市が2021年から実証実験を幕張で行っているというのだ。

千葉市:シェアリングサービス方式の電動キックボード実証実験(長谷川工業)

全然知らなかった。幕張なら頻繁に車で通っているので道も分かるし安心だ。
居ても立っても居られなくなり幕張に繰り出した。

電車で来るのは久しぶりの海浜幕張。
映えるMAKUHARIがあった。

幕張は車社会というイメージがある。スーパーなど日常の買い物をするお店が駅から歩くには少し距離がある。
バスも多いし、自転車もいっぱいだ。車輪社会といった方が適切かもしれない。

信じられないくらいたくさんのシェアサイクルが置いてあった。
やたらシャトルバスが来るバス停。幕張メッセのイベント、結婚式場、スーパー銭湯のシャトルバスが集っている。

そんななか、新たに加わった車輪が電動キックボードなのだ。

あった!
10分で140円。「新事業活動計画 実証実験」の文字列がなんだかかっこいい。

電動キックボードはモーターの定格出力が0.6kWであれば原付と同じ扱いになるが、今回は実証実験の特例で特殊小型自動車という扱いになり、「ヘルメットの着用は任意」「自転車レーンの走行が可能」になっているようだ。
※これは千葉市の場合なので、他の自治体で乗る場合は各利用方法を確認してほしい。

前置きはさておき、トライしてみよう。
編集部の安藤さんと橋田さんにも体験してもらうことにした。

へー、これがうわさの。
やるぞ!

急にやる気スイッチがオンになった。
ヘルメット着用は任意だが、何かあったらいやなので着けることにした。安全第一なお年頃である。

ナンバープレートが千葉市市制100周年を記念したものだった。千葉ポートタワーがかわいい。
普通のキックボードと同じように、両足を揃えると不安な幅。
色々と装備があるので乗ってみるとゴツい見た目ではある。
LINEで借りられるので未来感があるが、「飲酒運転禁止!!」のテプラからお役所感も感じる。

無事借りることが出来たので、早速乗ってみよう!

乗るぞ!

おおー
スイスイー

普通のキックボードのように蹴り出して、手元のレバーをひねるとモーターが回って加速する。
最高時速は15km/hに制限されているので、自転車よりも少し遅いくらいだ。
立って乗るので、目線は思ったよりも高い。

これは結構面白い。安藤さんは乗ってすぐに「欲しいなー」となっていた。

原付と違って二段階右折は出来ないので、横断歩道を手で押して歩く。

危なそうだったらこのように歩行者として振る舞えるのも安心だ。

そうこうしているうちになんだかおしゃれなところに来た。

外国みたいな風景だ。

幕張ベイタウンというエリアだ。

ここについては、当サイトでもライタ-の山田窓さんが「ハイテク通り、テクノガーデン…30年前の未来都市・幕張新都心が懐かしくもカッコいい」という記事でとんでもない熱量をもって詳しく書かれているのでぜひ読んでほしい。

石畳の道路を走り、大変気持ちが良い。

気持ちが良いのはいいが、めちゃくちゃ振動がヒザに来る。
ワレワレハウチュウジンダと声に出したくなってしまうほどの振動だ。

サスペンションもついていそうなのだが、さすがに心もとないサイズ。
タイヤ径も小さいので、ハマらないように気をつけないといけない。

通常のアスファルト舗装された車道を走るのがやはり良いようだ。
安藤さんが「椅子が欲しいですね」と思わず言っていたが、それだと電動バイクになる気がする。

幕張の海を見に行こう!

幕張ベイタウンでヒザをやられて、先の道を進んでいくと視界が開けた。

海だ!

美浜大橋という花見川にかかる橋だ。
ここから見える景色が非常にきれいで、車で通りがかるたびにしっかり見たいな……!と思いながら走り去っていたので、個人的には電動キックボードで駅から気軽に来られてとても嬉しかった。

あっちに海ほたるが見えてますよ、と橋田さんに言っています。
見返したらだいぶ嬉しそうな顔をしていた。そんなに見たかったか。

この日はみるみるうちに雲がどんよりしてきたので景色は今ひとつだったが、快晴であればとても気分がいいだろう。
電動キックボードで観光気分を味わえるのも幕張ならではかもしれない。

楽しい旅行写真。

それにしても幕張は歩道が広い。
この美浜大橋から続く海浜大通りには2車線はあろうかという立派な歩道がついているのだ。

が、電動キックボードの我々は走らせられない…!

無常である。

そして海浜大通りは片道3車線の立派な道路で、交通量も多い。

ひえー!

左車線の限りなく端を走るようにしたが、トラックがビュンビュン脇を通ってこわい。
自分がドライバーだったらそれはそれでこわい思いをしそうだ。
ここを通るのはルール上問題ないが、あまり走らない方が良さそうだ。

海浜大通りを抜けると見えるのはイオンモール幕張新都心である。
イオン本社のお膝元だけあって、とんでもないデカさなのだ。

矢印のところ、全部がイオン。左に写っているコストコの奥にもまだある。
デカすぎだろうと安藤さんの顔が語っている。
イオン付近は自転車専用レーンがあり、そこは走れるので先ほどよりも安心感がある。余談ですがここを左に曲がった先にある駐車場は空いているのでオススメです。

ここは海浜幕張駅からは距離があるためシャトルバスが運行されているのだが、来年には幕張豊砂駅という新駅が開業予定になっている。
報道によればイオンが建設費の半分を出したとのことで、恐るべしである。

そうなると、例えば電動キックボードで海浜幕張駅からZOZOマリンスタジアムまで向かいロッテの試合を見て、イオンで買い物してそのまま幕張豊砂駅から電車で帰る……という幕張満喫ルートも出来るかもしれない。

なかなか公共交通機関で巡るのは面倒な印象があった幕張だが、電動キックボードと組み合わせれば気軽に回れて良いかもしれない。
何より疲れないのは嬉しい。こんなのがあるんだね、と試しに乗っても楽しめる乗り物だった。

1時間半ちょっと乗って1400円でした。

体験は楽しい

手元のレバーをひねるだけでスイスイ進んでいくので、まさにお手軽な乗り物といったところで面白かった。
ただ、これは幕張だからというところはあるが立派な歩道があるのでそこも走れたら……という気持ちもある。
そこは今後の展開に期待しつつ、折を見てまた乗ってみて海を眺めようと思う。

幕張のアパホテルに唐突に恐竜がいた。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ