広告企画 2018年10月18日

フラミンゴに見られながらカニピラフを食べる~投稿頼りの旅in茨城~

緊張しながらの食事です。

 

みなさんからの投稿だけを頼りに旅する企画、それが投稿頼りの旅。

今回は茨城県です。たくさんの投稿をありがとうございました(こちらで募集していました)。

牛久の大仏、JAXAのロケット、デカ盛りなどなど。巨大なものが多いイメージのある茨城ですが、実際はどうなのか。

実は僕は前に茨城に住んでいたことがあるので、思い入れも人一倍でした。

 

※これまでいろいろな場所で取材をした記事を読めば誰もが知ったかぶりできるはず。「知ったかぶり47」は、デイリーポータルZと地元のしごとに詳しいイーアイデムとのコラボ企画です。

※姉妹企画「地元の人頼りの旅」もよろしく。

1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。(動画インタビュー)

前の記事:茨城県のおすすめ教えてください!~「投稿頼りの旅」in茨城~

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

ただいま茨城

就職して最初に暮らしたのが茨城県だった。もう10年以上前の話である。それから何度も引っ越しをかさね、いまは神奈川県に住んで東京で仕事をしている。

同じ関東である、茨城県は近いと言えば近いはずなのだけれど、引っ越してからというものほとんど来たことがなかった。なぜだろう、あんなに面白いことがたくさんあった場所なのに。というわけで今回は、みなさんからの投稿を頼りにしつつも、かつての記憶を引っぱり出しながらの旅でもあった。

まずは茨城県の玄関、水戸駅である。水戸黄門の像は僕が住んでいた頃からそのままだった。

001.jpg
当時はこの広場で黒塗りをした女の子たちがパラパラを踊っていたものである。

水戸駅の北口は当時のままだったが、南口が立派になっていて驚いた。10年前はなにもなかったのに。

002.jpg
テーマパークかと思いました。

ちょっと趣旨からはずれるが、みなさんからの投稿を紹介する前に僕が住んでいたころ好きだった場所をいくつか紹介したい。

まずはこちら、水戸駅から近い場所にある水戸城跡のお堀である。

003.jpg
これ、お堀の跡なんです。

このあたりの公園は広くて落ち着いていてすごく好きな場所だった。当時僕はクラシックカメラに凝っていて、この辺りでよく彼女の写真を撮っては家に暗室を作ってプリントしていた。

少し歩くと水戸芸術館がある。ここも大好きな場所だった。

004.jpg
シンボルの塔。エレベーターで昇ることができます。
005.jpg
水戸芸術館。

この日はあいにくの雨だったが、当時、芸術館の前の芝生の広場では、休みになるとよくフリマが開かれていた。芸術館の売店でCDや本を物色したあと、併設されたSAZAコーヒーでコーヒーを買ってこの芝生の広場でだらだらと昼まで過ごすのが最高に気持ちよかった。塔の立体の線をたどっていくと目線が空へ空へと上がっていくのだ。

006.jpg
懐かしいべ。

水戸駅は僕が住んでいたころは北側が栄えていて、服を買うのも映画を見るのも北口だったのだが、今ではその賑わいが南側へと移ってきているようだった。

007.jpg
北口側には空き地も目立つ。

北口にはビックカメラもスタバもないけれど(当時はたしか北口にだけスタバがあったのだ)、僕にとっての水戸駅はやっぱり北口である。いろいろ訳があってパンチパーマをあてた床屋さんもまだ健在だった。

008.jpg
当時の僕がパンチパーマをあてた床屋さん。

そんな僕の好きな水戸駅北口に今も残る昔ながらの洋食屋さんがあるという。

世界一美味い、カツサンドがある

投稿:水戸市にある㐂久水という古い洋食屋があります。ここのカツサンドは世界一美味しいです。

 水戸駅から歩いて10分ほど。たしかこの辺りは飲み屋街だったと記憶していたが、高いビルがたくさん建ち並ぶ中、ぽつんと昔ながらの洋食屋さんが残されている。それが㐂久水(きくすい)である。

009.jpg
横のビルとの対比が際立つ。
010.jpg
きくすい。

このお店、住んでいた当時も前を通ったことはあったのだけれど、入ったことはなかったと思う。ガラスのはまった引き戸をあけて、身をかがめながらのれんをくぐると、そこには時が止まったみたいな優しい空気が流れていた。

011.jpg
すごくいい。
012.jpg
もちろん投稿いただいたカツサンドを注文。かたいやきそば、甘い玉子サンドも気になるところ。

なにしろ店内がいい。使い込まれた椅子と机、大きなストーブ、新聞、ラジオ。古いけれどどれも清潔に保たれていて、このお店が大切に維持されてきたことがわかる。

013.jpg
このイス家にほしい。
014.jpg
見えないところに忍ばせたベープマットもたまらない。

開店と同時に訪れたため、お客はまだ僕一人だった。投稿にある「世界一美味しい」というカツサンドを注文すると、おとうさんはうれしそうに厨房へと入って行った。

015.jpg
でもおとうさんは腰が痛そうだった。

ほどなくして運ばれてきた、これが世界一美味いというカツサンドである。

016.jpg
あー、これは美味いわ。

出てきた瞬間わかる美味しさってあるだろう。それがこれだ。これはもう食べなくても美味い。

017.jpg
きくすいのカツサンド。
018.jpg
予想通り美味い。

マスタードとソースがちょうどよく染みたパンがカリっと揚がったカツを挟んでいる。ジューシーなのに全体にしなっとしていない。これは作り置きではできない味だろう。持ち帰りもできるらしいけれど、ぜひお店で食べてもらいたいカツサンドである。

そして付け合わせのスープがまた深い。

019.jpg
器の貫禄もただものじゃない。

シンプルな洋食屋のコンソメスープなんだけれど、きっとこれ何十年も変わっていないんじゃないかと思う(想像で言ってます)。そんな歴史の深みを勝手に思い描いちゃう味わいだった。

おとうさんは腰が痛そうに前かがみになりながらもささっと漬物を出してくれた。醤油が薄くかかっている。

020.jpg
家か。

いまさら後悔してもしかたがないが、なんで住んでいた頃に来なかったのだろう。

水戸は特急を使うと上野から1時間である。ならばこれを食べるためにまた来てもいいんじゃないかと思った。こういう昔ながらの洋食屋さんには腹を満たす以上に行く価値があるのだ。

このあと駅前で借りたレンタカーで当時住んでいた社宅の近くのブックオフに行ったら小島真由美のCDがあったので買ってかけた。とたんに街並みが15年くらい前にもどった。これ、もしかしたら僕が引っ越しの時に売ったCDなんじゃないかとすら思った。

思い出が止まらず出だしから長くなってしまったけれど、次はでかいものばーんと2つ行きます。


次は茨城のでかいもの探訪。
021.jpg

 

いったん広告です

茨城でかいもの探訪

これは住んでいた頃からなんとなく思っていたことなんだけれど、茨城にはやたらとでかいものが多い気がするのだ。牛久の大仏JAXAのロケットRanRanのBig丼などがそれにあたる。

今回の投稿にも、そんな茨城の物をでかくする文化を反映したものがいくつも寄せられていた。まずはこちら。

投稿:くれふしの里古墳公園のはに丸タワー。学術的に、牛伏(うしぶし)古墳群の密集度は特異だそうです。

 

人に古墳を薦められたのは初めてである。そして僕はかつて住んでいたのに茨城に古墳があることすら知らなかった。

行ってみるとなるほどこれは一目でわかる古墳である。

022.jpg
ああこれは古墳ですね。

この古墳、階段がついていて、なんと登ることができるのだ。お墓というのは何年くらい経つと階段作って登ってもよくなるのだろう。

登って端に立つときれいな前方後円墳であることがわかる。

023.jpg
前方後円墳だ。教科書で見たやつ。

このあたりは茨城県内でも有数の古墳密集地帯なのだとか。興奮する、知らなかった。正式には「牛伏古墳群」と呼ばれていて、全部で16の古墳があるらしい。

024.jpg
古墳だらけ。さながら古墳銀座である。

このあたりでこんもりした小山があるとそれはだいたい古墳である。

025.jpg
右も古墳、左も古墳。
026.jpg
これも古墳。

こちらの古墳にいたっては古墳の上に現代の墓が作られていた。墓オン・ザ墓状態である。

027.jpg
墓の上に墓作ったか。

投稿によるとここ「くれふしの里古墳公園」にはシンボルとなっている埴輪がいるらしい。古墳を探しながら公園内を歩いていると、どこかから何者かに見つめられているような視線を感じることがあるが、たぶんそれは埴輪の仕業である。

028.jpg
わたしのことですか。

この写真だと比較対象がないので大きさが伝わらないかもしれないが、だいぶでかい。いうまでもないが埴輪としては日本一の大きさである。そりゃあそうだろう、これ以上でかい埴輪を茨城以外で誰が作ろう。

029.jpg
後ろにまわると階段がついていて登ることができる。

この埴輪は「はに丸タワー」と呼ばれており、階段でてっぺんまで登ることができる。

030.jpg
雷が鳴っているときは登るのやめましょう。
031.jpg
はに丸タワーの内部。

シンプルな階段を登っていくと途中に顔がある。

032.jpg
知らずに登っていると急に現れてこわい。

顔の横にコインを入れる場所があったので入れてみた。上の穴には「耳を当ててください」と書いてある。

033.jpg
コインを入れると。
034.jpg
チャリーン、と中に落ちた音がした。

おそらくかつてはコインを入れると電子的に音が流れたんじゃないかと思う。今は機能しておらず、中にコインが落ちる音だけを純粋に楽しむことができる。いや、もしかしたらこれが正解でお賽銭なのかもしれないけれど、いずれにせよ真相は埴輪のみぞ知る、だ。

顔を通りすぎ、階段を登りつめるとそこは展望台になっていた。

035.jpg
避雷針が立っています。
036.jpg
こっわ。

はに丸タワーは高すぎず低すぎず、手すりの向こうに地面がちゃんと見えて怖い。ほら、スカイツリーとか都庁とかって高すぎていまいち怖さを感じなかったりするだろう。本当に怖いのは落ちた後を想像できるこのくらいの高さなのだ。

037.jpg
下のベンチが前方後円墳になっていることも上から見るとわかります。

次もでかい、というか今度は広すぎる公園である。

投稿:この時期だとひたち海浜公園のコキアですかね。

ひたち海浜公園にはたしか何度か来たことがあると思うのだけれど、中がどうなっていたのかまったく覚えていなかった。

それもそのはずである、入ってみると広すぎるのだ。

038.jpg
園内に入ると。
039.jpg
なにしろ広い。

広い、なにしろ広い。園内の案内表示板の単位が700mとか800mとか、いちいち遠いことからも本気度がうかがえる。

040.jpg
距離の遠さにくわえ「大草原」「森」など名称も日本離れしてる。

この公園では秋から冬にかけてコキアという植物が見ごろを迎えるのだという。別名ホウキグサとよばれる植物だ。

そのコキアの生え方がまた豪快である。

041.jpg
広いから一面に植えてみました。
042.jpg
丘の上までずっとコキアです。

コキアは丸くモリっとしたかわいい植物で、冬に近づくにつれ徐々に赤く色づいていくのだという。たしかに上の写真でも手前のひとつだけ赤くなっている。これが全部赤くなるとそれは壮観だろう。

043.jpg
こうなるらしいです。

「みはらしの丘」のてっぺんに立つと遠くに火力発電所とジョイフル本田という、いかにも茨城県らしい施設が二つ眺められてこれもまたいい。

044.jpg
正面には発電所。振り返ると
045.jpg
ジョイ本。

ディズニーランドに行くと「一日いられるわー」と思うが、この公園なら家を建てて住める。実際園内に農家みたいな家があって野菜を作っていた。

次もでかいものなんですが、その前にひとつ美味しいのを挟んでおきたい。

飲む焼き芋とは

投稿:「雅ファームほくほく」の飲む焼き芋をぜひ

 ここなんて僕が前に働いていた会社のほんとすぐ近くだった。前を通ったことがあるかもしれないけれど、行くのは初めてだと思う。茨城にはこういう道の駅的なお店がいくつもあって、どれもハズレなく美味しいものをゲットできるので覚えておいてほしい。

046.jpg
車で移動することが多い県だからこういうロードサイド店が流行るんだと思います。

メロンで有名な鉾田にあるので、主力商品はもちろんメロンだ。

047.jpg
メロンだけ、そしてメロンのせ。言ってしまえばどちらもメロンだけである。

美味しそうなメロンの下で基礎的な存在感を放っているのが焼き芋である。

鉾田というよりこれは茨城全体だと思うのだけれど、焼き芋や干し芋が盛んで、特に冬場にはそこらじゅうから芋の香がただよってきていた。

048.jpg
メロンと芋、という珍しい組み合わせ。

その名物焼き芋を夏でも美味しく食べられるようにしたのがこちら、冷やし焼き芋である。

049.jpg
冷やし焼き芋。

焼いた芋を冷やすってそれは矛盾しないのだろうか。お店の人に聞いてみたところ「いったん焼いた芋をあえて冷やすことで甘みが増すんです!」とのことだった。その仕組みはよくわからないが興味はある。投稿いただいた「飲む焼き芋」といっしょに注文してみた。

050.jpg
どちらももとは焼き芋。

飲む焼き芋を一口飲んで驚いた。

051.jpg
焼き芋なのだ。

飲む焼き芋の焼き芋感ったらなかった。焼き芋にストローさして吸ってる感じ。虫気分。ほのかにバターのような甘い香りがするのは、スイートポテトを食べ慣れているからそこの記憶とつながったのか、隠し味として入れられているのか。書いていて思ったが、これ、飲む焼き芋というより飲むスイートポテトと言った方が感覚と近いと思う。

そして冷やし焼き芋である。

052.jpg
ひえひえだ。

まず受け取った瞬間にその冷たさに頭がついていかない。「え?焼き芋?え?」と。なにしろ焼き芋なのに手を引っ込めたくなるくらい冷えているのだ。どうした、って思う。

冷たさにひるまずに食べてみると、しっとりとした食感の中に確かに甘みがしっかりと感じられて、目隠しされて「ハーゲンダッツ、リアルさつまいも味新発売!」と言われたらそうかもな、と思わなくもない感じだった。いや、それは言い過ぎか。これは甘みの強い冷えた焼き芋だ。夏の盛りだったらこっちかもしれないけれど、これからの季節、やっぱり僕はあつあつの焼き芋が食べたいかな、と思いました。

053.jpg
お店の壁には地元ヒーローと、ここに立ち寄った有名人のサインが。
054.jpg
カミナリ。

糖分を補給したところで、次もでかいものをもう一つご紹介です。


フラミンゴに見つめられながら食べるピラフの味は?
021.jpg

 

いったん広告です

茨城にはかつて巨人がいた

みなさんは日本各地に伝わる巨人伝説をご存じだろうか。

そいえば水戸に住んでいた頃、車で走っているとたまに視線を感じたことがあるのだ。その正体は、そう、巨人である。このあたりにかつて住んでいたというダイダラボウだ。

投稿:大串貝塚ふれあい公園には、高さ15mの巨人像ダイダラボウがいます。大串貝塚は、奈良時代の『常陸国風土記』に記載があり、文献に記載された貝塚としては世界最古になります。
055.jpg
ダイダラボウは埋蔵文化財センターにいます。
056.jpg
猫も入ってくるほどフレンドリーな場所なので恐れることはないです。
057.jpg
館内は縄文からずっと、このあたりで出土された土器やら土偶なんかが展示されいてかなり内容が濃い。

この建物も茨城県に住んでいた頃には来たことがなかった。こういう地元の歴史を説明してくれる施設って各地にあるけれど、小学校の遠足くらいでしか行かないだろう。ぜひ大人になってからあらためて行ってみてほしい。かなり面白いし、歴史を知ることで地元の見え方が変わってくるから。

058.jpg
土器パズルなんてのもある。

そしてダイダラボウである。でかいので外にいます。

059.jpg
あまり見たことのないタイプの看板だ。

園内を歩きながら、上の方から視線を感じたらそれがダイダラボウである。

060.jpg
あ。

いたでしょう。

061.jpg
ダイダラボウが。

ダイダラボウは当時このあたりに住んでいて、片手で海から貝を拾っては食べていたと言われている。このあたりで見つかった貝塚はそのとき彼が捨てた殻が積もったやつということだ。

ダイダラボウの座っている土台の部分には鏡の部屋があり、入るとセンサーで土偶がビカビカ光ったりして、なかなかサイケデリックな空間なのでこれもぜひ体験してもらいたい。

062.jpg
土偶のディスコだ。

ダイダラボウには登ることもできる。牛久の大仏、はに丸タワー、ダイダラボウ、そして後から出てくるが石岡の巨大獅子頭。茨城に現存する巨大なものはだいたい中から登ることができるので覚えておきたい。

063.jpg
シンプルな階段も共通項である。

階段を登るとダイダラボウの手の上あたりに出られる。

064.jpg
手の上に出ることができます。
065.jpg
おおー。

頭の上ではなく手の上に出られるというのはいい設計だと思う。手の上に出ることで後ろから迫るダイダラボウの視線を感じながら、いわば巨人と一緒に町を見下ろすことができるのだ。ダイダラボウをひとつの人格として認めているといえる設計である。みはらす先には平地が広がっているぞ。

次はカニピラフです。

投稿:ぜひメヒコで、フラミンゴを眺めながらカニピラフを食べて来てほしい。

フラミンゴに見られながら食べるカニピラフの味は 

その存在は認識していたけれど、住んでいた頃は行かなかったレストラン、それがメヒコ。メヒコは茨城・福島を中心にチェーン展開していて、中でも「フラミンゴ館」「水族館」など、レストランとは思えない名前がついていたりする。ちょっとお高いイメージがあったので行ったことなかったのだけれど、実際のところどうなのだろう。

066.jpg
水戸フラミンゴ館。

名前のとおり、ドアを開けるとすぐにフラミンゴがいる。

067.jpg
入ると2秒でフラミンゴである。

フラミンゴは中庭的な場所に生息していて、これを囲むように客席が配置されているのでフラミンゴたちを眺めながら食事することができる。

068.jpg
席からフラミンゴがすごく近い。

フラミンゴはざっと数えて30羽以上いて、時間帯によってはお客の数よりも多い。どの世界でも数の多い生き物が強いだろう。つまりこのお店で主権を握っているのはフラミンゴなのだ。

フラミンゴは後ろを向いて頭を体に乗っけて寝るようだが、寝てると思って油断しているとたまに起きて目が合う。

069.jpg
寝てるな、と思って写真を撮っていると。
070.jpg
「カッ!」と急に目が合う。

鳥は目に感情が宿らないので、目が合うと「すみません!」という気分になる。

そしてフラミンゴたちは仲がいいのか、一羽が騒ぎ出すと、そのテンションがすぐ全体に伝わってお店中が祭みたいな騒ぎになる。

071.jpg
ギャー、ギャー、わっしょいわっしょい。

もちろんフラミンゴたちは完全にガラスで仕切られた場所にいるため、騒がれても衛生上なんの問題もないわけだけれど、たとえばこれがシマウマとかイノシシとかだとちょっと話が変わってくると思うのだ。フラミンゴには清潔感があり、食事をしながら眺めても大丈夫な動物としてすごく考え抜かれた結果なのだと思う。

ほどなくして注文していた「伝統のカニピラフ」が運ばれてきた。

000.jpg
ものすごい視線を感じる中で食べることができます。鶏肉料理じゃなくてよかった。

カニピラフはカニの出汁で炊いてあって本当に美味しい。シャキッとしたピーマンの苦みがアクセントになっている。

072.jpg
文句なしに美味い。

夢中になってカニの身をほぐしていると、すぐ近くで「ドン!」という大きな音がした。フラミンゴが後ろ足でガラスを蹴ったのだ。

僕はまた「すみません!」って思った。


ザリガニは郷土料理なのか。
021.jpg

 

いったん広告です
投稿:日立市十王の鵜の岬! 日本で唯一の「海鵜」の捕獲地です。

ここでひとつ、せっかく投稿いただいたのに空振りに終わった場所を紹介しておきたい。

073.jpg
日本海みたいな景色ですが、茨城県です。

日立市にあるウミウの捕獲場である。

ウミウというのは木曽川なんかで行われている鵜飼で漁を手伝ってくれる鳥である。そのウミウを捕まえてもいい場所は日本で唯一ここだけなのだとか。

074.jpg
それは見に行くでしょう。
075.jpg
ということでやってきました、捕獲場。

ウミウ捕まえてるかなー、と期待してやってきたのだけれど

076.jpg
公開終了。
077.jpg
なんと捕獲は取材の翌週からでした。

なんと捕獲場の公開は10月からということで、取材日の9月26日はぎりぎりまだだった。先に調べてから来いよ、と思われるだろう。調べたのだ。調べたのに来て、やっていなかったのだ。

このトンネルの中がどうなってるのか知りたい人は、期間中の海のおだやかな日に見に行くか(海が荒れると公開中止)こちらをご覧ください。

巨大獅子頭、登場

それでは茨城でかいもの探訪にもどります。こちらは石岡市にある常陸風土記の丘。ここに巨大獅子頭があると聞いてやってきた。

投稿:石岡に日本一大きな獅子頭があります
078.jpg
広大な公園にはもう慣れた。

 

079.jpg
食べられるサイズの栗がごろごろ落ちています。そりゃあ縄文人ならここに住む。

この公園では古民家がそのまま展示されたりしている。

080.jpg
公園直結の誰かの家かな、と思ったら
081.jpg
展示でした。豪快。

ものすごい広い公園を歩いていくと、途中からなんとなくひっかかる風景に出くわす。気にしなければ気にならない程度の違和感なのだけれど、進むにつれ、見て見ぬふりができなくなる。

082.jpg
ちょっとまて、やっぱりおかしいぞ。
083.jpg
何かがおかしい。
084.jpg
これだ。

そう、これが石岡の巨大獅子頭である。

巨大であるがゆえに遠くからでも見える。視界にスケール感の狂った獅子頭が入ってくると脳が「なにかおかしい」と電気信号を発するのだ。想像してほしい、あなたの生活の中で、埴輪や巨人、獅子頭が視界にちらつく環境があるだろうか。

085.jpg
茨城にはそれがある。

そしてこれまでの傾向と対策からいくと、これも中に入ることができるはずである。横にまわると案の定ドアがあった。

086.jpg
やはり。
087.jpg
そう、シンプル階段ね。もう慣れた。

巨大獅子頭は口の中に入って外を見ることができた。さほど高さはないのだけれど、獅子頭の口のなかなのでなんともめでたい気分になる。

088.jpg
口の中から
089.jpg
こんにちは。

石岡市では江戸の昔から守護神として獅子頭を祭で使ってきた歴史があるのだという。だから日本一でかいのを作ってみました、という流れらしい。とにかくでかくしろ、という文化は茨城に確実にあると思う。嫌いではない。いや、むしろ好きだ。

でかいものを見すぎておなかがすいたでしょう。最後はこちら、茨城の土地のものを。

稲敷市でザリガニを食べる

投稿:稲敷市にはザリガニが食べれる食堂があります!
090.jpg
大衆食堂「美よし」

 

091.jpg
店内の完成度がすばらしい。

美よしさんのお店には獅子頭を見に行った後、お昼をだいぶ過ぎた時間に着いたので休憩中だったらどうしようと心配したのだけれど、のれんをくぐると大音響で昼ドラの放送が流れていてバリバリ営業中だった。

メニューを見ると一見普通の食堂なのだけれど、右端にいたずら書きみたいなメニューが加えられているのに気づく。

092.jpg
ザリガニ。食事メニューに混ざってひとつだけ生き物の名前が書いてあるのがおかしい。

投稿を頼りに迷わずザリガニを注文するも、お店のおばちゃんは「ザリガニはそろそろシーズン終わるからね」と言っていた。たしかにザリガニを見るのはだいたい夏である。

でもちょっと待ってほしい。季節ものということは、輸入とかじゃなくてこの辺りで捕獲しているのだろうか。

093.jpg
もちろんよ!

ザリガニはこの辺の田んぼの用水路で捕まえてくるのだとか。

「5月くらいからザリガニ食べさせろって騒ぎ出す人がいるんだけど、食べられる大きさになるのは6月から10月くらいまでなのよ。60歳より上の人にとっては懐かしい味みたいですよ。」

もうほんと世の中知らないことだらけである。

094.jpg
おばちゃんはその場で食べ方を教えてくれました。
095.jpg
まず頭を外して、しっぽの部分の殻を縦に割る。すると身がするっと外れる。

おばちゃんはエビのように簡単にむいていたが、ザリガニの殻の硬さはカニのそれに近い。バリバリと殻を割っていくとプリッとした身が出てくるのだが、予想していたよりもずっと食べられる部分が少ない。

096.jpg
塩ゆでしただけらしいですが、ぷりっぷりです。

おばちゃんは、川のものだから匂いがあるよ、といっていたがどうだろう。醤油でいただきます。

097.jpg
おう。

見たまんまだが、味はほぼエビである。塩ゆでされた塩味の後ろにほんのりと甘みを感じる。そしておばちゃんが言うほどではないが、その後ろにかすかに土の香りがまざる。

098.jpg
爪の中にも身があると言っていたが、硬くて外すのがたいへんだった(その割に食べられる部分は少ない)。

スーパーへ行けばエビとかカニが簡単に手に入る時代である。わざわざ用水路でザリガニを捕まえてきて、指を痛めながら小さな身をほじくって食べる人は減ってきているのかもしれない。だけど季節や土地を感じるには、そこでその時期にとれた食べ物をいただくのが一番だとも思う。5月くらいになるとザリガニ食べさせろと騒ぐ人たちの気持ちもわからんではないのだ。

099.jpg
あとから入ってきたお客さんもこの状況をまったく驚かない。日常なのだ。

美よしのおばちゃんは

「ザリガニはこの前とってきてもらったやつがあと少しあるから今日はまだ出せるけど、10月に入ったらもうおしまいですね。」

と言っていた。どうしてもザリガニが食べたい人は来年の夏を待ってもらいたい。ザリガニは逃げない。うそ、逃げるけど美よしさんに捕まる。

100.jpg
霞ヶ浦でとれたという川エビは安定の美味しさでした。これは殻ごと食べられます。

住んでいるうちにもっと見ておけばよかった

今回の旅を通して感じたことは、5年も住んでいたのに行ってない場所ばかりだ、ということである。住んでいるといつでも行けるのでわざわざ行かない、ということなのかもしれない。

二日間の取材中ずっと天気が悪く、帰り際にようやく雨があがったと思ったら空がきれいなピンク色に染まった。そういえば10年前も茨城は空がきれいな場所だったな、と思い出しました。

101.jpg
前にもよく夕焼けの写真を撮っていました。

 


 

茨城出身のT・斎藤さんとの対談はこちら。
021.jpg
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓