特集 2019年12月11日

スジャータバスを探して

簡単には全貌を拝ませてくれないスジャータのバスを追う物語

スジャータのトラックは良いものだ。街中であのトラックが走っているとつい目を向けてしまう。あの独特のカラーリングのせいなのか、逆さまに書かれたターャジスのせいなのか、理由は定かではないが不思議な魅力がある。

当サイトでは生粋のターャジストであるほりさんが過去の記事でその魅力について余すことなく語っているので、私のような新米ターャジストが改めて語る余地はないのだが、実は今日はトラックの話ではない。

なんとトラックではなくスジャータのバスがどこかで走っているというのだ。スジャータのバスなんて見たすぎるだろう。これは探しに行くしかない。

ほりさんの胸を借りるつもりで、その一部始終を記事にしました。

1992年東京生まれ。普段は商品についてくるオマケとかを考えている会社員。好きな食べ物はちくわです。最近子どもが生まれたので「人間ってすごい」と本気で感じています。(動画インタビュー)

前の記事:東大にある美容院で東大生に人気の髪型にしてもらう

> 個人サイト 日和見びより

スジャータバスの正体は従業員専用の送迎バス

最初に書いてしまうが、どうやらスジャータのバスというのはスジャータを販売するめいらくグループの従業員専用の送迎バスらしい。しかしネットでいくら調べても、どんなルートを何時に走っているのか全然出てこない。まぁ従業員用のバスで一般の人を乗せるためのものではないので当たり前か。

DSC_0979.jpg
これ以上調べても埒が明かないのでとりあえず来ました

というわけで千葉県は佐倉駅へとやってきた。なぜかというとこの駅の近くにめいらくグループの工場があるから。この千葉工場でスジャータのバスを見たという目撃情報をネットで見つけていたため、工場の最寄り駅である佐倉駅ならば送迎バスが見られる可能性が高いと踏んだのだ。

送迎バスならば通勤の時間帯の方が見られそうだと思い朝9時前に佐倉駅へやってきたものの、本当にここにバスがやってくる保証はない。佐倉駅は北口・南口にそれぞれバスロータリーがあるが、どちらにもスジャータ専用バス停のようなものはなかった。

バスが来る確証を得られず不安は募るが、とりあえず工場がある側に位置する南口でしばらく待ってみよう。

DSC_0981.jpg
他の会社の送迎バスはどんどんくる。TOTOバスクリエイトのバスはbathである。
DSC_0983.jpg
先端医療機器メーカーのミズホ株式会社
DSC_0985.jpg
SEGAの物流会社。どの会社も普通のマイクロバスに社名ロゴをプリントしただけのシンプルなデザインである。

30分くらい駅前で待ってみたがスジャータのバスは一向に現れず、「ここには来ないんじゃないか」という思いがどんどん増していく。現れる確証がない中で待ち続けるということはなかなか辛い。忠犬ハチ公はそれを10年やったというのだから本当にすごい。俺は忠人にはなれない。

もしかしたら朝の送迎は既に終わってしまったのかもしれない。乳製品の会社ってなんか朝早くから働いてそうだし。

駅前にバスロータリーを監視できるようなカフェもないのでとりあえずめいらくの工場の近くまで行ってみることにした。しかし調べても近くまでいく路線バスが出てこなかったので、近くにあるDIC川村記念美術館への送迎バスで向かうことにした。

DSC_0989.jpg
乗る時に写真を撮り忘れたので降りた後に慌てて撮った

バスに乗って5分ほど経った頃だっただろうか。全然知らない町の全然知らない車窓を楽しく眺めていると、なんとスジャータのバスらしきものとすれ違った。

ともに結構な速度で走っていたので全景をしっかりと捉えられたわけではないがあのカラーリングは間違いなくスジャータのバスである。あっ!!と思ってカメラを構えたが写真に収めることは出来なかった。

あと数分駅で待っていればスジャータのバスを見ることが出来たに違いない。今回はスジャータのバスを見つけることが目的なので、それで目的が達成されていたはずだ。

何とも言えぬ悔しさと同時に、簡単には見つけさせてくれないスジャータバスのレアっぷりに「そうこなくっちゃ」という想いも湧いてくる。俄然伝説のポケモンっぽさが出てきた。

DSC_0987.jpg
爲房さんの記事で出てきた郊外型のゆで太郎を車窓から見つけて急いでシャッターを切るもスジャータバスと入れ違いになったショックからかめちゃくちゃブレてしまった。
DSC_0990.jpg
15分ほどバスに揺られてDIC川村記念美術館へと到着した

先ほど「近くにある」と書いたがここからめいらくの工場までは歩いて40分ほどかかる。駅から歩こうと思うと1時間15分ほどかかるので約半分の距離だ。近い!と自分に言い聞かせ、ここからめいらくの工場を歩いて目指す。スジャータバスのためなら何のそのである。

DSC_0995.jpg
それにしてもグーグルマップはいつもこういう辺鄙な農道を案内してくる。状況的に不安は増すばかりだ。さてはグーグル、めいらくグループと結託しているな。
DSC_0996.jpg
水路に沿って地面にドラム缶を埋めて何かしらの植物を植えていた。こういう別にやらなくてもいいこだわりを見るとグッとくる。
DSC_0997.jpg
そんなめちゃくちゃ牧歌的な風景を眺めつつ、めいらくグループの工場に到着した。

 

いったん広告です

なかなかご対面させてくれないスジャータバス

工場についたものの、敷地の中には入れないし入口にバス停があるわけでもないので、スジャータバスがいつどこにやってくるのかは依然として不明なままだ。

DSC_1000.jpg
工場なので当たり前だが、あのトラックが頻繁に出入りする。秘密の組織のアジトを見つけた気分になる。
DSC_0999.jpg
入口から工場内を眺めているとトラックが並ぶ奥にバスらしき姿が…!

この工場への送迎でスジャータバスが運行されていることはどうやら間違いなさそうだ。

この入口ではないところにバス停のようなものがあるかもしれないと思い別な入口まで行ってみたが特にバス停のある雰囲気はなく、正面口と思われる最初の入口で待った方が良さそうなので引き返すことにした。

と思って入口に向かって歩いていると、なんと工場からスジャータバスが出てくるではないか!

思わず駆け出すも、スジャータバスはどんどん逆の方向へ走り去ってしまう。

DSC_1002.jpg
一番奥に見えるスジャータバスの後ろ姿があっという間に小さくなっていく…

駅でのすれ違いに続き、ここでも絶妙にタイミングを逃してしまった。あと数分、入り口で待っていれば見られたのに、こんなことってあるか。

嘘みたいな展開にどんどんスジャータバスへの想いが募っていく。相手に気を持たせるためにLINEやメールの返事をあえて遅らせる恋愛テクニックがあるがまさにそれだ。スジャータバス、駆け引きが上手すぎる。

こうなればもう一度やってくるまでこの入口で待ち続けるしかない。こちとらスジャータバスを見るためだけにここまでやってきているのだ。

DSC_1004.jpg
工場のそばにバス停があった。路線バスも走っていたようだ。しかも東京駅から直接来れる!
DSC_1006.jpg
待っている間も色んなサイズのスジャータバスが工場に出入りする
DSC_1010.jpg
ターャジスも目撃した

先ほどスジャータバスの後ろ姿を見送ってから30分が経った。スジャータのトラックが時たま往来するのでそれを写真に収めたりしていたが、基本的には何もない工場地帯である。時間が経つのが長く感じられる。

帰宅時間の夕方までもうバスは来ないんじゃないかという不安が首をもたげるが、いやいやここで動いたら負けだという想いで粘っていると、トラックではない何かがやってきた。

DSC_1013.jpg
おお!あれは…!!
DSC_1017.jpg
スジャータの送迎バスだ…!

ついにその全貌を捉えることができた。あのカラーリング、スジャータの文字、どこからどうみてもスジャータのバスである。駅で見た他の会社の送迎バスと比べてもその気合の入れようが段違いなことがよく分かる。

この車種にはこのデザインが一番合うんじゃないかと思わせるほどにマッチしている。それにカラーといいフォルムといい全部がかわいい。タカラトミーは早くこの送迎バスのトミカを販売するべきだ。

DSC_1019.jpg
やっとみられたスジャータバスに興奮して夢中でシャッターを切っていたのだが
DSC_1020.jpg
興奮のあまりか、バスの全体が写真に収まっていない
DSC_1021.jpg
ああ!!旗じゃま!!!

待ちに待ってのご対面だったため緊張したのか、興奮したのか分からないが、写真が絶望的に失敗している。ここまで待ったのにこれでは悔しすぎる。時間はたくさんあったのだから他の車で撮る練習でもしておけばよかった。

自分の準備不足を責める以外に気持ちのやり場がないのだが、せっかくなのでもう1台だけ来るのを待とう。大好きな彼女のためならもういくらだって待てる、そんな気持ちになっている。スジャータバス、駆け引きが上手いどころか恋愛マスターかもしれない。

DSC_1009.jpg
弁当を販売する車しかない交差点で待つことさらに1時間と10分

前回からかなり時間が空いたのでもう諦めようかなと思った頃、再びあいつがやってきた。よし、泣いても笑ってもこれが最後だ。

2019-12-09_002.jpeg
待っていたぞ!!スジャータバス!!
2019-12-09_008.jpeg
もはや織姫にあう彦星のような気持ちになっている自分がいる
2019-12-09_003.jpeg
前後がちょっと切れてるけど画面いっぱいのスジャータバス!
unnamed (1).gif
走る姿を動画にも収めたのでこれで良しとしよう。動画から作ったgifを置いておきます。

写真が全然上手く撮れない日ってあるよね

この日は最初から最後まで写真が上手く撮れなかった。なぜかタイミングが悪く余計なものと被ってしまったり、見切れてしまったりするのだ。

今回みたいにこのためだけに辺鄙なところまで出向いて写真が上手く撮れないと絶望しか感じないので、もうちょっと練習しようと思います。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓