特集 2018年12月19日

世界は妖怪であふれてる

紆余曲折を経て、水底に妖怪を生み出しました。

リーメーンバー、って唐突な始まり。

妖怪の名前っておもしろいと思いまして。小豆洗いとか、小豆とぎとか、小豆はかりとか(小豆多いな)、砂かけばばあとか、猫娘とか目玉の親父とか。

そのまんまじゃん!って。

で、そのまんまのネーミングってことを踏まえると、世界は妖怪にあふれてると思ったわけですリーメーンバー。(なにを?)

あばよ涙、よろしく勇気、こんにちは松本です。

1976年千葉県鴨川市(内浦)生まれ。システムエンジニアなどやってましたが、2010年にライター兼アプリ作家として自由業化。iPhoneアプリはDIY GPS、速攻乗換案内、立体録音部、Here.info、雨かしら?などを開発しました。著書は「チェーン店B級グルメ メニュー別ガチンコ食べ比べ」「30日間マクドナルド生活」の2冊。買ってくだされ。

前の記事:水カップ麺は美味いのか?(デジタルリマスター版)

> 個人サイト keiziweb DIY GPS 速攻乗換案内

 

妖怪についてちょっと調べた

妖怪について知ってるのは主にゲゲゲの鬼太郎的水木しげる先生の世界観であり、今放送してるアニメ第6期の鬼太郎も見ています。これまでの鬼太郎アニメで一番おもしろい。 

で、それだと偏りすぎなので本も読みました。 

002.JPG
結局一冊は水木先生。

 

一部を見ていきましょう。

 

003.JPG
川うそとか、そのまんま。もはや日本では絶滅してしまったけども。(水木しげる 妖怪百物語 小学館より)

 

004.JPG
屏風覗き。変態。屏風を立てると覗いてくる。なぜ覗くのかと聞くと「屏風覗きだから覗くのだ」と答えるそうな。開き直り方がすごい。(水木しげる 妖怪百物語 小学館より)

 

004B.JPG
すねこすり。可愛いけど近くの人から生気を吸い取る。アニメの鬼太郎に出てきたが、超悲しい話だった。(水木しげる 妖怪百物語 小学館より)

 

005.JPG
蛇。これまたそのまんま。蛇は神様の化身として扱われている。(岩井宏實監修 日本の妖怪百科河出書房新社より)

 

006.JPG
小豆シリーズ。小豆は神聖な食べ物とされ、小豆を扱うもの神様として崇められていたのだけど信仰の衰退とともに妖怪に転じた様だ。(岩井宏實監修 日本の妖怪百科河出書房新社より)

 

妖怪はユビキタスである

ざっと2冊の妖怪本をよんで分かったのはこんな感じ。

・妖怪はだいたい元は神様だった。

・よく分からないもの全般を妖怪のせいにした。

・昔の人は、土地、道具、動物、植物、自然現象など様々なものに妖怪の姿を見た。

正体は自然現象とか、ちょっと変わった人とかそういうものだと思うんですが、妖怪のせいにしておけばなんとなく分かった気になって安心したのかも知れません。

さて。それを踏まえると、僕らの生活は大体妖怪のせいだと思うのです。実に妖怪だらけだなぁと。 

007.JPG
エアコンは妖怪です。

 

エアコンとか、超怖いですよね。

暑い時は冷たい空気を吐き出して、寒い時は温かい空気を吐き出す。意味がわからない。超怖い。

完全に妖怪です。

008.JPG
部屋が快適温度になるのはキオンいじりのせいです。

 

でもちょっと妖怪っぽさが足らない

エアコンを薄暗く撮って妖怪です、キオンいじりですって言われても…って思ったでしょう。

僕も思いましたよ。

そこで、ちょい足ししてみました。

こうです。

009.JPG
はい、妖怪堕ち。

 

 

どんどんやっていこう

説明がようやく終わりました。ここからはテンポアップしてドンドンやっていきましょう。

010.JPG
扇風機だって、どう考えても妖怪です。
011.JPG
妖怪芥(ごみ)吸い。掃除機の便利さも完全に妖怪。特にコードレス芥吸いはすごい便利。最近はロボ芥吸いもいるらしい。

 
 

012.JPG
シーリングライトなんて虫を食べるからね。完全に妖怪ですわ。

 

013.JPG
ほら、こんなに虫を食べている。

 

まだまだどんどん次のページにつづく。

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓