ちょっと聞いてよ 2022年11月2日

無糖レモン缶チューハイ飲み比べ

2020年の発売以来、キリン「氷結 無糖レモン」の、特にアルコール度数7%のやつが体になじみまくり、もう何本飲んだかわからないほどです。

実際売れゆきもかなり好評らしく、無糖レモンチューハイシーンに続々と新商品が登場中。そこで今日は、現在コンビニなどの店頭で確認できる主要な無糖レモンチューハイを、飲み比べてみようと思います。

1978年東京生まれ。酒場ライター。著書に『酒場っ子』『つつまし酒』『天国酒場』など。ライター・スズキナオとのユニット「酒の穴」としても活動中。

前の記事:ひたすらでかいキーボード「ChonkerKeys」が気持ちいい


無糖レモンチューハイの誕生〜現在まで

01.jpg
「氷結 無糖レモン」シリーズ

まずは大前提から説明しておきますが、氷結の無糖レモンシリーズが誕生したのが2020年の10月。その時、写真の4%と7%の2種類が発売され、売り上げも絶好調。今年2022年の2月には、新たに9%バージョンもラインナップに加わりました。

さらに今年10月、同じく氷結無糖の、グレープフルーツバージョンも登場。シリーズの人気ぶりがよくわかりますね。

02.jpg
「氷結 無糖グレープフルーツ」。ちなみに9%もあるそう

こちらは、個人的には無糖レモンのほうが好きでしたが、グレープフルーツが好きならこっちを選ぶべき、という味わいでした。って、当たり前のこと言ってますが。

そもそも僕は、あんまり甘ったるいお酒が好きじゃないんですよね。なのでかねてより、缶チューハイはもっぱら、タカラ「焼酎ハイボール」派(基本的にどの味も甘くない)だったのですが、そこに新しい選択肢が加わったというわけで、もう大歓迎。

特に7%のやつは、以前に「焼酎採集」という記事にも書きましたが、いちばん体になじむ“マイ度数”ということもあり、本当にスーッと、なんの違和感もなく体に染み渡ってくる。なので僕はこいつを勝手に、“酒界のポカリ”と呼んでいるくらいなんです。

さて、そして続く今年、2022年の4月、この無糖レモン界に新たなる刺客が登場しました。

それが、「ファミマル サントリー スーパーチューハイ」シリーズの「無糖レモン」。

03.jpg
「ファミマル サントリー スーパーチューハイ 無糖レモン」

おもしろいのはこのファミリーマートプライベートブランドの無糖レモンチューハイの登場により、多くのファミマの缶チューハイ売り場から、氷結無糖レモンの7%だけが姿を消したこと。考えてみれば、そりゃあそうですよね。だって、無糖かつレモンかつ度数7%というライバル商品だもん。そりゃあプライベートブランドのものを推したいに決まってる。

というわけで、ファミマで無糖レモンを買いたいときは、僕もこいつを選ぶようになり、今年春から何度もお世話になっています。

ただし、話はここでは終わらない! なんとですね、先日ふらっとセブンイレブンに入ったところ、新たなる無糖レモン商品が発売されていたんです!

それが、セブンのプライベートブランド缶チューハイ「クリアクーラー」シリーズの「クリアクーラー 無糖レモン」。

04.jpg
「クリアクーラー 無糖レモンサワー」

ご覧のとおり、ファミマよりもかなり大胆に、氷結を意識したデザインとなっております。いや〜、これは熱い! そして楽しい!

05.jpg
かなり攻めてきたな

つーわけで今日は、ふだんはあまり意識しないで、どれも美味しいな〜、なんつって飲んでしまっていた無糖レモン缶チューハイたちを、じっくり飲み比べてみようと思います。

06.jpg
こいつらを!
いったん広告です

氷結シリーズ飲み比べ

まずはレジェンドの氷結シリーズから。

07.jpg
それぞれグラスに注いで

当然ながらこうやって並べてみたのは初めてなんですが、度数の低いほうから高いほうに向かって、透明度が高くなっていきますね。それはずばり、酒の濃度が高くなっていくからと考えていいんでしょうか。

08.jpg
4%はけっこう白っぽい

で、度数の低いほうから順に飲んでいくと、そりゃあ基本の方向性は同じなんだけど、けっこうしっかりと個性の違いもあります。

具体的にはこんな感じ

【4%】
・キリッと軽やかで、甘みのないレモンスカッシュのよう
・酸味をいちばん強く感じる
・というか、いつも7%を飲んでるので、ほぼノンアルに近い

【7%】
・当然ながらアルコールをちゃんと感じる
・ほんのりと甘みを感じる。甘みは3種のなかでいちばん強いかも
・その甘味と、酸味、アルコールのバランス感覚が素晴らしい
・やっぱポカリ

【9%】
・アルコール特有の苦味をはっきり感じる
・しかしながら、それがレモンの苦味と相まって違和感がない
・大人味
・酸味やレモンの香りはあるけれど、それはいちばん穏やかか

ちなみに、

09.jpg
試しに4%と9%を同量ずつ混ぜてみると

酸味や苦味が両方際立って、7%のバランスの良さをあらためて実感する結果となりました。

ファミマとセブンの無糖レモンはどうだ?

続いて、ファミマとセブンのオリジナル無糖レモンもいってみましょう。

10.jpg
グラスに注いでみると

どちらも透明感があり、見た目の違いはほぼありませんが、ファミマのほうが炭酸が早めに消えてしまうかな。が、これは注ぎかたの問題の可能性も……。

ただ、味の印象はけっこう違って、そこにコンビニ各社のカラーが反映されている気がしておもしろいです。

【スーパーチューハイ】
・今回飲んだどの無糖レモンよりも ハードな飲み口
・苦味も強めの大人味で、度数9%と言われたら信じる

【クリアクーラー】
・ファミマとは対照的に、レモンの華やかな香りや酸味がすごく強い。とにかくレモンを感じたいならこれ
・バランスが良く、万人受けしそう

といったところでしょうか。

最終的な結論としては、

1)どれも少しずつ違うけど、どれも好き
2)とか、偉そうなこと言っておいて、目隠しで飲まされたら違いに気づかないかも

そして、

3)やっぱり氷結の7%がいちばん体になじむ

の3点でした。

……それにしてもさ、昼間っからひとりでこんなに缶チューハイ開けちゃって、

11.jpg
このあとどうすんのよ……
▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ