ちょっと聞いてよ 2022年7月17日

あえて高級品を選ぶ本物の贅沢、2,160円のパイン缶

よのなかのものはおおむね「ピンキリ」だ。

高級なものがあるいっぽう、手ごろなものもある。

食料品にしてもそうで、食べることが好きだと日常的に上等なものを買うかもしれない。

私はどちらかというとできるだけ安く買いたいと思っている。食べるのは毎日のことだから、安く抑えたい。思えばあまり、高級の側の景色を知らないのだ。

パイナップルの缶詰にも高級品があると知った。ひと缶、なんと2,160円するらしい。

インターネットにラブとコメディを振りまく、たのしいよみものサイトです。

前の記事:今週の記事まるっと3行まとめ(7/7~7/13)

> 個人サイト デイリーポータルZ

ってことは、もっと高いんですか!

めずらしがって、Amazonで買ってみた。

購入時は2缶が化粧箱に入った豪華なギフトセットしかなく、お値段4,320円だ(2022/07/17現在、売り切れのようでした……! こういうものがあるんだなーということを知っていただければ!!)。

すごい。ステーキとか寿司とか食べられる。

DSC01127.JPG
木目ですが、こういう紙の箱。でもかっこいい

今回はこれを編集部の古賀と、ライター小堺丸子さん、映像ディレクターの西垣匡基さんの3人でおそるおそるいただきます。

なお、小堺さんと西垣さんはまだお値段を知りません。

98da803f6c83e72834bd59ef1b01de3d98116fccd02fd160f6de8b9499922b184c211b23b9fcbc3ab131894bd5d721fe694afe63abcf05e153a679d9d179abca.jpg
タイミング的に収録はリモートで行いましたぞ

古賀:
みんな大好きパイナップルの缶詰の高級品をご用意しました。

小堺:
へ~! パイナップルの缶詰ですか。あんまり高級ってイメージはないですよね。昔は高級品だったってよく言うけど。

古賀:
そうなんです。わたくし値段のほうをおふたりに言ったかしら。

西垣:
いやまだです。

古賀:
聞いたらパインの缶詰があこがれだった時代の感じがよみがえりますよ。それくらいちゃんと高級です。

小堺:
ハードル上げますね……。

古賀:
おいくらくらいするか丸子ちゃん、予想をお願いできるかしら。

小堺:
……古賀さんどういうキャラクター設定なんですか。
えーっと、普通のパイナップル缶の価格のイメージは100円とか150円なんですよね。

古賀:
ですね。食べ比べ用に普通にスーパーに並んでいたものも用意しました。缶の大きさは違うんですけどこちらは99円となっております。

DSC01132.JPG
こちらはいつもの缶詰。ゴシック体の「パイナップル」が良い。

西垣:
ふんふん。安いですねえ。

古賀:
めちゃ安いですよね。この安さでちゃんと美味しいじゃないですか。パイナップルの缶詰なんていったら。

小堺:
安心のブランドですよね。ドール。絶対おいしい。
これが約100円かあ。高くても10倍くらいかなあ。1,000円? どうでしょうか。

西垣:
賛成です。1,000円くらいじゃないですかね。

DSC01135.JPG
「※写真はイメージです」のイメージが良かった

古賀:
丸子さんはこのくだりでいつもいい仕事をしてくれますわね。

西垣:
えっ、ってことは、もっと高いんですか!

古賀:
本日購入した「沖縄旬製菓」さんのパイナップルの缶詰は1缶2,160円となっております。

小堺:
高級!!

100gあたり500円する缶詰

DSC01129.JPG
バーン!

古賀:
ドールの方は缶が小さいから、グラム当たりでもお値段確認いたしましょうね。

小堺:
めちゃ高解像度で値段の違いを見せつけてくる。

古賀:
ドールは1グラム0.4円、高級品の沖縄旬青果のお品は1グラム5円! 10倍以上する!

小堺:
えっ、ちょっと待って、100gにすると、ドールが40円、高級品は500円ってことですよね。

西垣:
100gで500円って、良い豚肉の値段じゃないですか。

古賀:
そうなんでございますのよ。こちらのお品は沖縄産のパイナップルで作られておりましてね、旬の時期に収穫して詰めこんでおります、と。
通常パインの缶詰はハードシロップで甘く漬け込むところ、この缶詰は糖度を下げライトシロップで冷蔵、甘さを控えてより自然に仕上げております……とのことです。

西垣:
えー、パイナップルの缶詰ってシロップの甘さが特徴ですよね。高級だとそこが甘くないんですね。

古賀:
自然のままの、果実果実した味わいということでしょうよね。

小堺:
なるほど~! 楽しみ。

古賀:
ひとつ気になってるのが缶の「形状」のところ。「くさび形」って。

DSC01169.JPG
チビット?

小堺:
あ、私も気になってました。「チビット(くさび形)」。

古賀:
ドールの方はおなじみの輪切りですね。

DSC01136.JPG
というか、形状を書く欄があるんだな
いったん広告です

ここで痛い話です

小堺:
わたし、子どものときに缶詰を缶ごと凍らせるのにはまって。当時はまだ缶切りで開ける方式だったんですよね。プルタブじゃなかった。開けると切り口がギザギザじゃないですか。

古賀:
痛い話の予感……。

小堺:
凍らせて中を取り出すために砕こうとして指を切って。

西垣・古賀:
わ~~~。

小堺:
一生の傷になったんですよ。

古賀:
えっ! 今もその傷あるの。

小堺:
あります。

西垣:
甘酸っぱいいい話かと思ったら痛い話でしたね……!

高級品は素手で戦う

古賀:
味くらべのためにまずは一旦ドールのを食べて見ましょう。こっちは丸型ですね。

DSC01161.JPG
いつものドールの方

小堺:
あーおいしい。

古賀:
おいしいです! いわゆる普通のいつものやつ。安心。ビシッと甘い。

西垣:
甘くして美味しいのがパイナップルの缶詰なのに、その逆をいって、高級品の方は大丈夫なのか心配ですね。ライトシロップで本当においしくできるのか。

古賀:
確かにね。砂糖の力を借りずに、自力でいくわけですからね。

小堺:
素手で戦うみたいなことですよね。

古賀:
いってみましょうか。100グラム500円の方を。

小堺:
(開けて)あれ?

古賀:
くさび型って……あらかじめ台形にカットしてあるってことか。

DSC01164.JPG
こういう形状で入っている

小堺:
これ、チビットとか、くさび型って言うんですね。

DSC01169.JPG
そうしてふたたび見て見ると、図でも描いてあった!

古賀:
いきなり豆知識を得てしまった。食べてみましょう。

小堺:
いただきまーす。(食べる)………あっ、なるほど、本来の甘さ!

古賀:
でも思った以上にちゃんと缶詰のパイナップルでもありますね。もっとフレッシュな果物のまんまっぽいのかと思ってたけど、パイナップルの缶詰としての期待も100%裏切らない。

小堺:
うん。でも普通のとは違う。

古賀:
違う違う…。果実の中が柔らかくってジューシー。完熟してますよね。あと悪い意味じゃなく繊維がしっかりしてる感じかな。

西垣:
奥ゆかしい違いですかね。

小堺:
うん。食べてると、やっぱり高級な方も甘いのは甘いし。

古賀:
ね。缶詰と生の中間。半生みたいな。

ぜいたくをするときに、高級パイン缶は選ばない

古賀:
これはこういう機会がないと食べられなかったと思うなあ。こんな体験をさせてもらってありがたいです。

小堺:
そうですよね。

古賀:
これはほんとのお金持ちが食べるものかもしれないですね。キャビアとかフォアグラだったらお金持ちでなくとも一生に一度は食べてみっぺって、贅沢するっぺってなるけども。

西垣:
ああ、そうですよね。結婚式で出てきたり。

古賀:
贅沢しよう! ってときに、パイナップルの缶詰の高いやつを食べてみようとは、ちょっと思いつかない。

小堺:
そうですね~~! 普通のやつで十分おいしいというのもあるし。

古賀:
ちなみにこちらのブランドね、マンゴーの缶詰もあるんですよ。

西垣:
あー! マンゴーは高級品。

古賀:
どっちか選ぶとしたらマンゴー選びますよね。

西垣:
うんうん。

古賀:
今回は食べ慣れたものと比べたかったのでパイナップルにしたんです。

西垣:
大人のたしなみですね。本物の贅沢って感じですね。

古賀:
まったくです。茶道、華道につづく新しい「道」ができましたね。「ちょっと選ばない贅沢道」。

小堺:
そこもうちょっとシュッとした「道」にしてくださいよ。

(おわり)

よかったら動画でもどうぞ!

 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ