特集 2023年7月31日

伊勢うどんでフルコースを作る

伊勢うどんの麺で作る焼きうどんとカレーうどん

伊勢の人にとっては「うどん=伊勢うどん」であって、一般的な太さのうどんを食べる習慣があまりないので(スーパーなどで普通に伊勢うどん用の麺が売られている)、この麺で焼きうどんやカレーうどんを作るというご家庭も多く、メニューにしている店もいくつかある。

こちらは製麺所で茹でた麺を急速冷凍することによってコシを残した山口製麺の冷凍麺を使用した。焼きうどんもカレーうどんも、伊勢うどんで作るからこその食感を楽しんでもらえたと思う。

026.jpg
茹でた麺を伊勢うどんのたれと炒めた、焼き伊勢うどん。とても柔らかい伊勢うどんだが、炒めたり煮たりしても意外と切れない。
027.jpg
和風出汁に伊勢うどんのたれを加えてカレーのルーを溶かして作る、カレー伊勢うどん。普通のうどんよりも伊勢うどんのほうがカレーの絡まりは断然良い。
いったん広告です

デザートはファルーダ伊勢うどん

食べ足りない人には余っている伊勢うどんを気がすむまで食べていただき、最後に締めのデザート伊勢うどんをお出しする。

今回は南インド料理とのコラボということもあり、得意のファルーダを伊勢うどんで作ってみた。

ファルーダとはイラン、インド、パキスタンなどで食べられている澱粉で作った麺の入ったスウィーツのこと。詳しくは「インド亜大陸の麺状デザート、ファルーダを自作したい」をどうぞ。

インド人シェフがファルーダを日本で作ろうとしたときに、肝心の麺が手に入らなかったので、茹でうどんで代用したという心温まるエピソードがあり、そのオマージュとして手作りの伊勢うどんを使ってみたのだが、やわやわで極太なので冷えても固くなりきらず、程よい弾力を保ってくれた。私がこれまでに作ったファルーダで一番評判がよかったかも。

028.jpg
伊勢うどん、アイス、バジルシード、ピスタチオ、ルーアフザ(ハーブシロップ)という味を想像しづらい組み合わせだが、これが不思議とうまかった。
029.jpg
差し入れでいただいたお福餅(赤福ではない)。「伊勢うどんの目指したところは柔らかい餅なのでは?」という問いで締めさせてもらった。

これらの伊勢うどん料理は少量ずつ出したので、コース全部を食べて二玉弱くらいとなる計算だ。ちょっと多かったかなという気もするが、伊勢うどんは消化が良いからきっとヘルシー。

とにかく準備が大変だし、盛り付けは面倒だし、洗い物の数も多いしで、なかなかの手間だったが、伊勢うどんが持っている新しい可能性を大々的に示せたと思う。だからなんだという話なのだが。

030.jpg
伊勢うどんは麺がすごく太いから、一本の多い少ないで量が結構変わるので、少量だと盛り付けがすごく大変だそうです。サポートありがとうございました!
031.jpg
本の挿絵をお願いしたスケラッコさんデザインの「伊勢うどんTシャツ」も大好評販売中だよ。

そんな話のついでに、大阪でやった伊勢うどんに関するトークイベントの動画もどうぞ。

ゲストはスズキナオさんだよ。


今回のコースで私は伊勢で食べられている実在の料理法をベースとしたが(ファルーダを除く)、今度は沼尻さんのように伊勢を忘れて自由な発想で作るのも楽しそうだ。ミラノ風伊勢うどんとか、芋煮伊勢うどんとか。麺は腰が命と考える人もいるかと思うが、やわやわな麺だからこそ生まれる幸せの形もあるのだ。

この記事で私が一番言いたいことは、そんな伊勢うどんを調べまくった「伊勢うどんってなんですか?」はすごくおもしろいから買ってくださいということである。もし増刷することがあれば、また伊勢うどんフルコースをやろうと思う。

032.jpg
伊勢うどん大使の石原壮一郎さんにも喜んでいただきました。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ