特集 2018年10月22日

餃子の王将だけど本格タイ料理が食べられる店

トムヤムクンやカオマンガイなど、本格タイ料理が食べられる『餃子の王将』がありました。

愛知県在住の友人から、タイ料理がやたらと充実している餃子の王将があるという話を聞いた。王将は店長の裁量でオリジナルメニューを出す店もあるという話を聞いたことがあるけれど、タイ料理というのは初耳だ。

餃子の王将でタイ料理を、なんだか『ティファニーで朝食を』みたいな話である。組み合わせとは不思議なもので、餃子の王将もタイ料理の店も珍しくないけれど、餃子の王将でタイ料理が食べられると聞くと、そこが愛知だろうと行きたくなってしまった。

趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:大真面目にカレーラーメンを考える会

> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

王将でタイ料理を食べるために愛知までやってきた

友人の話だと、タイ料理が食べられるのは一宮市にある苅安賀店。じゃあお店が空いてそうな1時半くらいに付き合ってよと約束したのだが、予定していた火曜日が定休日だということが前日にわかり、急遽稲沢店という近隣の店へ。

苅安賀店と稲沢店、数ある王将の中で、なぜかこの2店舗だけがタイ料理を出していているらしいのだ。

002.jpg
やってきました稲沢店。看板は普通ですね。
003.jpg
緑の屋根に赤い自販機。タイというよりはバングラデシュの国旗っぽい配色だ。

あれ、本当にここでいいのだろうか。外観からはタイらしさを微塵も感じさせてくれない。よくあるロードサイド型の餃子の王将だ。

埼玉から愛知まで新幹線で来ておいて、普通に餃子を食べて帰ることになったら俺は泣くぞ、声を上げて。

004.jpg
すごく普通。

どこかにないかとタイの要素を探しながら入り口のドアをくぐると、そこには日替わり定食の看板が出ていた。

『ナスと肉の甘辛いため』、あれ普通だ。いやこれは右から読んで、さらにめを◎に置き換えて、『◎たい辛甘の肉とスナ』という暗号かもしれない。

ほらタイ料理といえば辛くて甘い味付けだ。スナってなんだ。あ、酢か。『タイ辛甘の肉と酢な』、酸っぱい料理もあるよねー。

005.jpg
王将にサラダバーなんてあったかな。

暗号でこっそり伝えてくるタイ料理の存在。もしかしたら王将の本社的にタイ料理を許可しておらず、裏メニューとして存在するのかもしれないぞ。

なんていう妄想をしながら入店する。

006.jpg
タッチパネルを押そうとしたら紙にブロックされた。

メニュー表を見て驚いた!

さてどこに座ろうかと店内を見回す。中央のオープンキッチンを囲うようにカウンター席があり、その周囲に座敷席が並ぶという作り。奥にはテーブル席もあるようだ。

とてもきれいでかなりの広さがあり、他の王将では見たことのないドリンクバーやサラダバーが設置されている。

ただタイ料理が出てくる気配は皆無で、どちらかといえばファミレスっぽく、メニューに目玉焼きハンバーグとかがありそうだ。

007.jpg
8月にリニューアルしたばかりというピカピカの店内。まだタイ料理の要素は見つからない。
008.jpg
サラダバーとドリンクバーのある王将っていうのも珍しいんじゃないかな。そしてサラダバーに酢豚らしき大皿があるあたりが王将らしい。

適当な座敷席に腰を掛けて、メニューを手に取った瞬間、ホッとして大笑いしてしまった。

いきなりのサワッディー(タイの挨拶)である。

009.jpg
藤岡弘さんの表記は『藤岡弘、』が正解だと店長にいったほうがいいかな。

餃子でもラーメンでもなく、トムヤムクンの紹介から始まるメニュー表。これはなにも知らないで普通の王将だと思って来たら、店を間違えたかとびっくりするやつだ。

表紙をめくれば、そこにはトムヤムクンやパッタイ、カオマンガイといったタイ料理がズラリ。もしかしてここは王将の居ぬき物件でやっているタイ料理屋なんじゃないかと怪しむほどの押しまくりである。

010.jpg
まさか餃子の王将でタイの国旗が見られるとは。

これはタイ料理用のメニューではなく、この店の全料理が載ったグランドメニューだ。

そこからページをめくると、やっと国境を越えて王将らしいメニューが登場した。うん、やっぱりここは王将なんだよな。

011.jpg
前のページが幻だったんじゃないかと思えるほどの王道メニュー。
012.jpg
もう一枚めくってもやっぱり王将。
013.jpg
タイ料理の存在がなければ、この肉チャーハンセットをオーダーするな。というか本当にこれチャーハンなのか。

タイ料理のあるメニューを確認して安心したところで、本日のメンバーの紹介です。

情報を提供してくれた手織り雑貨作家の内田さん(当サイトではネギマフラーを作ったりしている)と、その友人で彫刻家の渡辺さん

014.jpg
右が内田さん(6年振り2度目の対面)、左が渡辺さん(初対面)。この時期になると25キロ分のサツマイモを買って分け合う焼き芋仲間とのこと。

この店の駐車場で初めて会った渡辺さん。内田さん曰く、かなりの人見知りだそうで、私もすぐに人と打ち解けるタイプではないため、ここまでの会話はぎこちない挨拶のみ。

そのため後から判明したのだが、渡辺さんは家がこの近所で子供の頃からここに通っている常連。タイ料理もよく食べているそうだ。なので王将の中のタイを知らないのは私だけ。

この見守られているシチュエーションにニヤニヤしながらメニューを吟味し、タイ料理の中から3人分をセレクトさせてもらった。この胃袋が20代だったら、肉チャーハン単品もつけていたな。

015.jpg
このボタンで店員さんを呼んでおいて、頼むのがタイ料理っていうだけで笑える。これ、ソネット君っていうのか。

注文時に日本人の女性店員さんに、なんでタイ料理があるのかと直球で聞いてみたところ、「オーナーがタイにいったときに美味しかったからって聞いています。一宮の苅安賀店も同じオーナーですよ」とのことだった。

なるほどー。

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓