特集 2012年10月19日

あの「ハトヤ」に行ってみた

ハトヤに来たらこういうポーズをとりたくなるよ!
ハトヤに来たらこういうポーズをとりたくなるよ!
パチンコ屋に入ったことがない。

タバコも吸ったことがないし、麻雀をやったこともない。

なにが言いたいのかというと、人生「知ってるけどやったことがない」ことばかりだ、ということだ。(「結婚したことがない」で終わらないように気をつけたい)

そこで、その「知ってるけどやったことがない」のひとつを実際体験してみようではないか、というのが今回の内容です。
もっぱら工場とか団地とかジャンクションを愛でています。著書に「工場萌え」「団地の見究」「ジャンクション」など。(動画インタビュー

前の記事:十五夜に体長2.5kmのウサギの絵を描いた

> 個人サイト 住宅都市整理公団

「電話は4126」のあれ

その「知ってるけどやったことがない」はなにかというと、タイトルにあるようにハトヤに滞在してみる、ということだ。

あの温泉宿のハトヤだ。
冒頭のポーズで写真を撮るとこうなる。本館と新館を結ぶ渡り廊下だ。未来だ。いつか見た未来だ。ぼくはこの光景をハトヤ名物と認定したい。(大きな画像はこちら</a>)
冒頭のポーズで写真を撮るとこうなる。本館と新館を結ぶ渡り廊下だ。未来だ。いつか見た未来だ。ぼくはこの光景をハトヤ名物と認定したい。(大きな画像はこちら
『伊東に行くならハトヤ、電話は4126(よい風呂)』のテレビCMを覚えている人も多いと思う。Wikipediaの「ハトヤ」の項によれば、1961年からこのキャッチコピーでCMが放送され、現在も関東ローカルの一部だけで流れているそうだ。いまの20代の人は知らないかなもしかして。

子供のころさんざん見て「海底温泉」だの「三段逆スライド方式」(これについては上記Wikipedia参照)だのの単語とビジュアルはよく「知っている」が実際行ったことがない。
ロビー屋上から間近に見えた墨痕鮮やか「ハトヤ」の文字。かわいい。(大きな画像はこちら</a>)
ロビー屋上から間近に見えた墨痕鮮やか「ハトヤ」の文字。かわいい。(大きな画像はこちら
ハ
ト
ヤ
おそらくパチンコ屋へは今後も行かないと思うが、ハトヤは行っておきたい。

正直、子供心に「っていってもなあ、なんか微妙だよなあ、ハトヤ…」って思っていた。が、それは間違っていた。すてきだよ!ハトヤ!

というか、大人になって、今の時代だから存分に楽しめるのかもしれないけど。

ハトヤへの道

伊東駅を降りて、見れば丘の向こうに「ハト…」の文字が!そして送迎バスもやってきた。この通りを「ハトヤ表参道」と呼ぼう。
伊東駅を降りて、見れば丘の向こうに「ハト…」の文字が!そして送迎バスもやってきた。この通りを「ハトヤ表参道」と呼ぼう。
前出のハトヤウェブサイトから宿泊予約ようとしたが、「けっこういいお値段だな…どうしよう…」と躊躇した。

というのも、この時点ではまだハトヤを見くびっていたから。きっと昭和テイストですり切れた温泉ホテルにすぎないと思っていたのだ。
向こうに見えると、ついついふらふらと歩いて行ってしまうヘキがある。思いのほか坂道でたいへんだった。
向こうに見えると、ついついふらふらと歩いて行ってしまうヘキがある。思いのほか坂道でたいへんだった。
そんな「やっぱりたいしたことないのかもなあ…」と思いながらの出発であったが、ハトヤに到着してみればテンションは上がる。

なんといってもその外観がすてきだ!
お!あれは…!
お!あれは…!
おおおお!(大きな画像はこちら</a>)
おおおお!(大きな画像はこちら
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓