特集 2017年12月10日

せっかちすぎて新しい文字を作り出す ~せっかちの生態

上からせっかち版「行動」「付加」「電話」
上からせっかち版「行動」「付加」「電話」
ドアが開くより歩くスピードが速くてドアにぶつかるかー!(オー!)

早食いすぎて口のなかやけどしてるかー(オー!)

充電、待てないか―(オー!)
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてデイリーポータルZの編集部員に。趣味はEDMとFX。

前の記事:割った箸を持って牛丼を待つ ~せっかちの生態募集中!

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

これがせっかちの一日だ

本気のせっかちの生き急いだ生態を募集しあぶりだすこのコーナー。それはもう大量のエピソードをいただきました。

大量に届いた結果、せっかちな人の1日の暮らしというものが見えてきました。朝から寝るまでのせっかちの様子をまずはまとめていきましょう。
ズボンの履き方がせっかちです。
まず足先を入れたら、あとはジャンプして一気に履きます。
ダメージジーンズでその履き方をしたとき、ダメージ部分が足に引っかかってそのままビリッ!と破れました。
りこぴん
洗髪後のドライヤー時間に耐えられず、外出前なんかは半乾きのまま家から飛び出す。
今の時期は髪が凍ります。
紫蘇なめ茸
せっかちにはかなりの難関、ドライヤー(写真はこちらの記事より)
せっかちにはかなりの難関、ドライヤー(写真はこちらの記事より)
ジャンプして服を着て(時にはそれで服が破れ)、髪は凍らせながら家を出る。せっかちは1日のスタートからしていきなりハイブローです。
家出る時に定期入れを手に持って出社します。改札でのモタつきを一瞬でも短くしたくて。
ざっく
せっかちは次の目的地にそなえ手に何か持ちがちなのです。
徒歩で曲がるときに早く曲がり過ぎて壁にぶつかります
わび
会社のタッチ式のカードキーで入室する部屋に入るときに
タッチしてからロックが解除されるまでのほんのコンマ何秒程度が待てずにノブを回してしまい
ガキンってなってしまいます。
鬼畜メガネ
角にはぶつかるし、ノブはガキンってなる。はばむはずのないものにはばまれるのもせっかちの日々です。
カードキーから開錠までのまてなさ!(写真はこちらの記事</a>より)
カードキーから開錠までのまてなさ!(写真はこちらの記事より)
ティーバッグから紅茶が抽出されるのが待ちきれず、お湯を注いだら、すぐに上下にシャカシャカ揺らし、さらにスプーンでつぶして強引にお茶を抽出します。
星ピューマ
味はとりあえずどうでもいい、まずは早さありきの世界で生きてます。
口に到達する前にカップやグラスを傾けてしまい、よくこぼします。
みみずく
こぼしますよね…!

せっかちではない方は驚くかもしれませんが、これ、同意見多数でした。
待ち合わせに早くついてしまった時にカフェなんかで時間を潰すんですが、そのカフェも早めに出てしまって結局待ち合わせ場所で待ちぼうけになります。
ラス太
結果的に「立っている時間が長い」のがせっかちの人生の特徴です。
帰宅時、自宅マンションのエレベーターに一人で乗れれば靴紐をほどきます
ぱた
今の季節はマフラーや手袋といった防寒具もエレベーターではずしますよね。
料理はだいたい強火です。
きくちまつこ
煮る、炒まる時間が待てません。
ご飯の、最後の一口を口に運んだらそのまま噛み噛みしながら食器を片付ける。
天野ヨゴロウザ
これをせっかち界では「ゴールをフライングする」と呼びます。
風呂の湯がたまるのが待てないので、15センチくらいお湯がたまったら入ってしまいます。水位がじわじわ上昇して、胸あたりまできたら出ます。私はこれを半身浴と呼んでいます。
そこなしぬま
15センチくらいの湯量で入ったときに手で上半身に手をかける手つきのよさはせっかちのあかしです。
ベッドに入ってから寝付くまで待てません。シャットダウンを待つ退屈に耐えられず、起きて別のことをしてしまうのでいつも寝不足です。
千鳥
もはや寝るまで待てずに動き出すのがせっかちなのです。

せっかちの1日、これすべて別の投稿者の方からなのですがせっかち者としては全部に心当たりがあってすごい。


さてそのほか、日々の行動意外の部分でのせっかちにもたくさんの投稿をいただきました。

まずは時空を超えちゃう人たち。

時空を超える勢

月が変わって第1週くらいを過ぎると、今月ももう終わりかーと言ってしまいます。
カレンダーも15日を過ぎるともう来月にしたくなる。
佐藤氷
あらゆる締切の1週間前を自主締切として設定しているため、スケジュールの話をするたび1週間の時空を飛び越える感覚が発生します。本当の締切を破ったらどんな精神状態になるか想像がつきません…。
ととうお
せっかちはとにかく前倒しの世界で生きているので前しか見えてません。
頭は当然2018年ですし、なんなら2018年度始まってます。


さらに同様多数で盛り上がったのが「文字」。せっかちすぎて字が変になる人々がいました。

字がせっかち勢

二字熟語を文章に書くとき、一字目の「へん」を書いたあと、二字目の「つくり」部分を書いてしまい、新種の漢字を作り出してしまう事がある。「行動」と書こうとしたら、左に「ぎょうにんべん」、右に「力」と書いてしまうというカンジ。
ひげしゅにん
付加価値って書こうとしてイカってなります。
月魚
「電話ありました」というメモを
書こうとして「電」の字の雨冠の下に「話」を書いてしまいました。
パチリパンダ
行動、付加、電話
行動、付加、電話
急ぎすぎて新しい文字を生み出してしまっています。
速記とは全く別の、意図しないおのれのせっかちが生み出した文字、せっか字と名付けましょう。

そしてそんな文字を書いている様子はこんなかんじです↓。
私は文字を書くとき、間違えた時に瞬時に消せるように左手に消しゴムを持ちながら書いています。普通は利き手でペンと消しゴムを持ち替えて、書く、消す、という行為を行うと知ったのはつい最近の事です。
知らない犬
ペンと消しゴムがナイフとフォークみたいになるのがせっかちの筆記作法です。


さて、前回せっかちは自転車を好む、というエピソードがありました。
とにかく高速で移動していないと気がすまないのがせっかちです。

そんな「待てない」系の続報が届いています。

待てない勢

ゆっくり歩くということができません。真冬でも競歩並のスピードで人を追い越しながら歩くので、目的地に到着した時には汗だくです。街中で偶然私を見つけた知人が声をかけようとしても追い付けないらしいです。
Tam
なにしろゆっくりできないのがせっかち。できるだけ機敏に動いていたいのです。
バスを待つ時間が苦痛なので、時間があったら「次のバス停まで歩こ」を繰り返して20分ぐらい歩いてた…なんてザラです
イッパチ
こちらは同意見多数でした。待つくらいなら歩いてつい徒歩でバスを先んじがちなのです。
信号待ち・渋滞に耐えられません。
たとえ遠回りになっても、なんなら正規ルートの方が到着が早くても裏道・抜け道を使います。
(ただし軽自動車なのでスピードは出ない)
じっとしているくらいなら動き続けていたい、という考えです。
前世はマグロでしょうか。
なお
こちらも同意見多数でした。
ゆっくり動くと死んじゃう生き物、前世はマグロの我々です。

このほかたくさんのせっかちの生き様をいただきました。ありがとうございます。
引き続き募集しております。

つい急いでしまうのはあなただけじゃない。本コーナーはせっかちサンクチュアリとなるべくみなさまのバタバタした日常をお待ちしております!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓