特集 2016年11月1日

地味な仮装限定ハロウィンに300人が集まった

このてんでバラバラな集団はハロウィンです
このてんでバラバラな集団はハロウィンです
ハロウィンがすっかり定着した。
仮装はなんだか面白そうだ。でも魔女やマリオの仮装をして渋谷に行くのは流行りに乗ってるみたいでちょっと恥ずかしい(乗りたいくせに!)。

そういうめんどくさい自意識を持った我々によるハロウィンが「地味な仮装限定ハロウィン」である。

ハロウィンなんだけど派手な仮装は禁止。微妙なポイントをついた仮装オンリーのイベントである。3年目の今年は300人もの天才が集まったのだ。
1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと新宿区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。(動画インタビュー)

前の記事:アルスエレクトロニカで顔が大きくなる箱

> 個人サイト webやぎの目

運営側としてテントを借りたとか気に入った仮装の人に貼るシールを作ったりしたのだが、そんなことより参加者の仮装を見てもらいたい。

まずは王道の職業タイプの仮装。

職業タイプ

駅前でアンケートをとる女性
駅前でアンケートをとる女性
易者
易者
アンケートを取る女性はターゲットを逃さない目がポイント、と話していた。
ペンギンの飼育員
ペンギンの飼育員
パチプロライター
パチプロライター
ペンギンの飼育員は濡れてしまうのでメイクは薄めである。
発掘作業員
発掘作業員
交通量調査
交通量調査
交通量調査の人は松尾スズキさんの仮装かなと思ったがただ似てるだけだった。
会社に泊まった人と家に帰れないプログラマ
会社に泊まった人と家に帰れないプログラマ
湘南のスタバにいるノマドワーカー
湘南のスタバにいるノマドワーカー
飛行機を誘導する人
飛行機を誘導する人
小池百合子の選挙スタッフとニューヨークの寿司屋
小池百合子の選挙スタッフとニューヨークの寿司屋
寿司屋とそば屋バイト(帽子が違う)
寿司屋とそば屋バイト(帽子が違う)
国会図書館でコピーを取ってくれる人
国会図書館でコピーを取ってくれる人
お気づきかと思うが、職業と言ってもそこをつくか!というポイントをついてくる。
NTSB(国家運輸安全委員会・アメリカで事故があると調査する機関)手に持っているのはフライトレコーダーである
NTSB(国家運輸安全委員会・アメリカで事故があると調査する機関)手に持っているのはフライトレコーダー
一部勝訴というのがリアル
一部勝訴というのがリアル
スポーツショップ店員
スポーツショップ店員
アイダホ農家
アイダホ農家
勝訴じゃなくて一部勝訴だし、ただの農家じゃなくてアイダホのじゃがいも農家である。
ちょっと高めのレストランでバイトする店員
ちょっと高めのレストランでバイトする店員
地域清掃ボランティア
地域清掃ボランティア
地域清掃ボランティアコスプレの人は実際に店内のゴミを拾ってくれていた。もうコスプレじゃなくて本物になりきっている。

店内を混乱に陥れる系

あれ?こんな人ホールスタッフにいたっけ?と思わせるタイプの仮装である。書き忘れたが地味な仮装限定ハロウィンはニフティのイベントスペース、東京カルチャーカルチャーで開催している。
和風ダイニングのスタッフと客引き
和風ダイニングのスタッフと客引き
手荷物検査
手荷物検査
客引きのテーマは「渋谷ほどやる気がない品川港南口の客引き」だそうだ。いる、たしかに港南口に客引きがいる。
微妙なところをついてくる。
バーテン(仮装)
バーテン(仮装)
ライブ会場の前でチケット譲ってと期待してきた人
ライブ会場の前でチケット譲ってと期待してきた人
東京カルチャーカルチャーの下はライブハウスのzepp東京である。zeppのお客さんが入ってきたのかと思ったがコスプレだった。
いったん広告です

テレビで見たことがある人の仮装

テレビで見たことがあるけど、テレビタレントそのままではない。そういえばテレビで見たことがあるな、ぐらいの人の仮装である。
成田メロンヌ先生(マンガ「重版出来」に出てくる漫画家) テレビドラマでは要潤が演じていた。
成田メロンヌ先生(マンガ「重版出来」に出てくる漫画家) テレビドラマでは要潤が演じていた。
テレビ「人生の楽園」に出てくる夫婦
テレビ「人生の楽園」に出てくる夫婦
「奥さんは有機栽培、旦那はそばをうっている感じ」とのこと。その番組は見たことないのだけどものすごくわかる。
吉田類とおかみさん。吉田類コスプレの人は当然会場の知らない人(ご常連)と乾杯していた。
吉田類とおかみさん。吉田類コスプレの人は当然会場の知らない人(ご常連)と乾杯していた。
ガーデニングが趣味で取材を受けた女性 「ちゃんと化粧をしているのがポイント」とのこと。
ガーデニングが趣味で取材を受けた女性 「ちゃんと化粧をしているのがポイント」とのこと。
ガーデニングが趣味で取材を受けた女性、はNHKのひるまえほっとに3日に1回ぐらいこういう人が出てくる気がする。
ビールかけをする選手とレポーター
ビールかけをする選手とレポーター
宇宙ステーションにいるふだんの宇宙飛行士。地球の子どもたちと交信中
宇宙ステーションにいるふだんの宇宙飛行士。地球の子どもたちと交信中
宇宙ステーションにいる宇宙飛行士はいつもポロシャツの裾をズボンにインして着ている。

抽象度が高かったり、ものすごく低かったりする系

概念みたいなものもあれば、見たまんまというものもある。
五時八教図。仏教の考えを示す図。去年、マズローの欲求5段階説のコスプレがあるのを見て、ならば東洋思想の概念にしたかった、とのこと。ちなみに本職の住職。
五時八教図
仏教の考えを示す図。去年、マズローの欲求5段階説のコスプレがあるのを見て、ならば東洋思想の概念にしたかった、とのこと。
パルム。一応、「なんの仮装ですか?」と聞いてみたが「パルムです」との答えだった。 今年いちばんの当たり前の答えだった。
パルム
「なんの仮装ですか?」と聞いてみたが「パルムです」との答えだった。 今年いちばんの当たり前の問答になった。
レヴァン<br>箱といえば話題のレヴァンもいた。
レヴァン
箱といえば話題のレヴァンもいた。
リケジョ<br>フラスコを持ち歩いていて分かりやすい
リケジョ
たぶん本物よりも理系っぽい
会社の避難訓練に参加している人
会社の避難訓練に参加している人
トイレのスリッパを履いたまま帰ってきちゃった人
トイレのスリッパを履いたまま帰ってきちゃった人
どちらも半年にいちどぐらい見かける
外国人観光客
外国人観光客
80年代のOL
80年代のOL
外国人観光客といえば寒いのに半袖半ズボンに氷結。80年代のOLはナースサンダルがポイントである。OH!エルくらぶという番組にこういう人がたくさん出ていた。

実際に見たことはないけど、わかる系

人として動いているのは見たことがないが、わかる仮装である。たとえばこれ
あだち充先生(本人が描く自画像)
あだち充先生(本人が描く自画像)
サインも練習してきました、とのこと
サインも練習してきました、とのこと
あだち充そのものではなく、あだち充が漫画のなかで描く自画像である。サンバイザーして細いタバコをくわえているのだ。そのあだち充先生である。(わからない人は画像検索をどうぞ
サインができるのは予想外だが、地味ハロウィンでは仮装のつもりが本物になっているのをよく見かける。気分だけど。
デスノート リュークのリンゴ(右の人は見ない)
デスノート リュークのリンゴ(右の人は見ない)
サンジャポレギュラーを狙うオネエタレント
サンジャポレギュラーを狙うオネエタレント
オネエタレントは必要以上に手を叩いて笑っていた。もちろん素ではなくそういうキャラである。
鬼殺しのCMの人
「♪信長になってみたいけど~」鬼殺しのCMの人(動画
ZOZOTOWNの画像ローディング中に出てくる人
ZOZOTOWNの画像ローディング中に出てくる人
ハロウィン翌日(今日だ)の人
ハロウィン翌日(今日だ)の人
犯人
犯人
犯人という抽象的なコスプレの根拠は「ボタンが外れて違うボタンがついている」「右手首を怪我している」(どちらも揉み合ったときにそうなった設定)、「靴の中に現場にしかない葉っぱが入っている」だそうだ。
いったん広告です

突然のコラボ

地味ハロウィンの醍醐味はコスプレ同士が一緒になることでシーンが生まれることである。たとえば…。
東京地検特捜部
東京地検特捜部
この4人は他人である。バラバラにやってきて東京地検特捜部と報道記者になった。自然発生した特捜部は世界中でここだけだ。次は犬つながりのこの3人。
左から、長い紐で犬を散歩させている人、年配女性、飼い犬を探している人
左から、長い紐で犬を散歩させている人、年配女性、飼い犬を探している人
年配女性は仮装のはずがすっかり表情もそれになっている。そして同一テーマは瞬時にグループになってシーンを作っていた。
テーマパーク帰りの人たち
テーマパーク帰りの人たち
結婚式の二次会(左から二番目はきっと親族)
結婚式の二次会。5チーム合同
ビンゴカードやハンドベルが二次会っぽさを溢れさせている。ハンドベルを持った人のコスプレテーマは「余興を断れなかった人」だそうだ。断れなかった、というところにリアルを感じる。
中央の和服の女性は新郎側の親族という設定が現場で生まれていた。
市民オーケストラとイベント司会
市民オーケストラとイベント司会
無印良品の店員と無印良品の客
無印良品の店員と無印良品の客
リアリティあふれる4人だがすべてコスプレで何ひとつ本物はいない。バイオリンの女性はバイオリンが弾けない。
小学校教諭、調理実習の小学生、進学校にいる生物教師
小学校教諭、調理実習の小学生、進学校にいる生物教師
合格発表を見に来た高校生と軽音の勧誘
合格発表を見に来た高校生と軽音の勧誘
繰り返すがどの組み合わせも初対面である。合格発表を見に来た高校生コスプレのピーコートがリアル。
こちらは店員コスプレの集合写真。左から、2002年のファミリーマート店員、熱があるスターバックス店員、家電量販店の販売応援に来たメーカーの人、ビックカメラ店員、秋月電子の店員
こちらは店員コスプレの集合写真。左から、2002年のファミリーマート店員、熱があるスターバックス店員、家電量販店の販売応援に来たメーカーの人、ビックカメラ店員、秋月電子の店員
2002年のファミリーマートは過去からやってきたコスプレである。懐かしい。
この二人が立っているだけで空気が量販店になる
この二人が立っているだけで空気が量販店になる
市民オーケストラ、パルム、チケットが欲しい人  こういうまったくわからないコラボも味わい深い。頭の悪い不思議の国のアリスみたいである。
市民オーケストラ、パルム、チケットが欲しい人
こういうまったくわからないコラボも味わい深い。頭の悪い不思議の国のアリスみたいである。
ビラ配りの4人(左からコンタクトレンズ、サバゲーサークル、軽音サークル、進路説明会)
ビラ配りの4人(左からコンタクトレンズ、サバゲーサークル、軽音サークル、進路説明会)
わかりにくいけど、左から「一泊三日でインドに行き人生観が変わった人」「ユニクロのマネキン」「熱が出てるのにバイトに出てるやつ」「中華系のツアーガイド」「歩き遍路」「あだち充」「ダヴィンチ恐山」
左から「一泊三日でインドに行き人生観が変わった人」「ユニクロのマネキン」「熱が出てるのにバイトに出てるやつ」「中華系のツアーガイド」「歩き遍路」「あだち充」「ダヴィンチ恐山」
見事にバラバラ。酸素を吸って二酸化炭素を吐いている、ぐらいしか共通点がない。
いったん広告です

シチュエーション仮装

状況の仮装である。難しいような気がするが、見てみるとわかる。
宅配便の受取に出られる最低限度のかっこう
宅配便の受取に出られる最低限度のかっこう
通販で失敗した人(サイズがあってない)
通販で失敗した人(サイズがあってない)
通販で失敗した人は親のコートを借りてきたと言っていた。ちょっと大きいコートを着ただけで「通販で失敗した人」のコスプレになるなんてなんだよもう、超うまいじゃないか。
脇にワッペン貼ってある服を着てきたら、友人に「脇汗みたい」と指摘されて、それ以降さり気なく隠している人
脇にワッペン貼ってある服を着てきたら、友人に「脇汗みたい」と指摘されて、それ以降さり気なく隠している人
レースのカーテンを引きちぎり体に巻きつけ踊ってみたくなった人
レースのカーテンを引きちぎり体に巻きつけ踊ってみたくなった人
レースのカーテンは自宅のをとってきたというのでコスプレというかほぼそのままである。レースのカーテンを巻かせてもらったが意外に暖かかった。
一億円横領したOLと在家信者
一億円横領したOLと在家信者
世界に一つだけの花を買って解散を引き留めようとするSMAPファン
世界に一つだけの花を買って解散を引き留めようとするSMAPファン
横領OLは言われてみて納得したのだが、「っぽいですねー!」と言っていいのか迷った。
台風が来てるのに川のようすを見にきた人と屋外ライブで雨に降られた人
台風が来てるのに川のようすを見にきた人と屋外ライブで雨に降られた人
「発育のいい女子小学生」
発育のいい女子小学生
アコーディオン奏者 ヌジェさん<br>誰だそれと思ったら
アコーディオン奏者 ヌジェさん
誰だそれと思ったら
似てた
似てた

絶妙なリアリティをついた3人

会場でいろんな仮装を見ていると、いったいコスプレってなんだろう?と混乱してきた。
そんな会場をどよめかせた3人がこのコスプレである
暑いのか寒いのかわからない人
暑いのか寒いのかわからない人
ガリガリ君が外れた人
ガリガリ君が外れた人
ガリガリ君が外れた人はただの棒を持っているだけである。言ったもの勝ちだけど、そうそう言えない。思いつかない。
友達の友達
友達の友達
友達にはいないんだけど、でも友達の友達にはいそう。絶妙な感じである。彼女は会場でも「友達の友達の人ですよね!」と大人気だった。なんだそれは。

ごめん!全部は紹介できてません

ほとんど写真ばかりで伝えてきたが、300人全員の仮装を紹介することはできてません。紹介できなかった人、ごめんなさい!
もっと素敵な仮装がたくさんあるので、気になる人は #地味ハロウィン でツイッタ-検索をして眺めてください。気にならない人も眺めてください。

twitter #地味ハロウィン

参加したみなさんのブログ

地味な仮装限定ハロウィンで「家に帰れないプラグラマ」をやりました(ジャーニーとモアイとめがね)
地味ハロウィン2016 スベらないための傾向と対策(さかさまダイアリー)
誰かがまとめてたtogetter

地味ハロウィンに参加した人でブログを書いた人は連絡ください。この記事に追記いたします。

来年もとびきり地味にしよう

全員がセンスととんちあふれる仮装で来て、全員が全員を楽しませていた。
僕も主催者でありながらずっと笑いっぱなしだった。地味最高!

来年のハロウィンもとびきり地味な仮装であっと言わせてやりましょう!
打ち上げで食事をとってたら社食みたいになった
打ち上げで食事をとってたら社食みたいになった
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓