特集 2016年10月23日

居酒屋のオーダーは「当たり前を恐れない」という強い意志とともに 無難なセレクト研究会

一生に一度でいいから無難に居酒屋でファーストオーダーをきめてみたい…!
一生に一度でいいから無難に居酒屋でファーストオーダーをきめてみたい…!
おだやかに波風立てずに世の中を生きながらえたい。

日々そう願うもセンスのない突拍子もないことをしてしまう。

たとえばそう、居酒屋のファーストオーダーで餅入りのお好み焼きをオーダーしてしまうなどだ(私)。

どうすればいい! このままじゃ! この恋はだめになる!

いや、恋がどうかは知らないが(上記は森川美穂「positive」の一節でした)社会的な死を迎えるようなことだけはさけたい。

ほめられなくてもいい、無難に居酒屋でファーストオーダーをきめるには何を頼めばいいのだろうか。
1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてデイリーポータルZの編集部員に。趣味はEDMとFX。(動画インタビュー)

前の記事:知らないおじさんをヲタ芸で応援したらめちゃ盛り上がりました

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

この「あたりまえ」が分からなかった

取引先や上司を含む数名の軽い飲み会、居酒屋でファーストオーダーを頼まれました。何を頼めばいいですか!?!?

こんな泣きついた今回のお題には200ちかい賢人からの回答を得た(ちなみに募集回はこちら)。

こういった飲み会は職業によっては仕事と同様にこなしている方も多いのであろう。その道のプロから続々とアドバイスが送られた。ありがとうございます…!

正直これ全採用で本にしたら迷える無難センスのない私のような人々がよほど救われるのではと思うくらい、ていねいな回答をたくさんいただいたのだった。

具体的にこれを頼むといいというアドバイスをまずははすべてリストアップしてカウントした。

結果、上位に上がったのは
枝豆(72レコメンド)、唐揚(43レコメンド)、刺身盛り合わせ(36レコメンド)、焼き鳥盛り合わせ(30レコメンド)、フライドポテト(28レコメンド)、シーザーサラダ(22レコメンド)

であった。

要するに当たり前である。しかしあなどるなかれ!!!!
私などにはこの当たり前が分からなかったのだ。
無難センスがないと混乱してよくわからないものを頼んでしまいがちなのだ
無難センスがないと混乱してよくわからないものを頼んでしまいがちなのだ

居酒屋のオーダーは「打線を組む」のに似ている

投稿を読んでいてひしひしと伝わったのは「居酒屋のオーダーというのは打線を組むようなもの」だということだ。一連の流れというものがある。

参加メンバーの様子を見、時間配分などを検討してオーダーは組み立てることが肝要だと投稿で多くの賢人は語っていた。そういう意味では上記にあげたレコメンドの多かったものをやみくもに頼むのでは切り抜けられないシーンもむしろ多いと思う。

ちなみにシーザーサラダ以下に上がったメニューはこちら。

店のおすすめサラダ(店名がついたサラダを推す声は多かった)、だし巻き、お新香・漬物(盛り合わせ)、なんこつ唐揚げ、冷奴、ポテトサラダ、トマトスライス、モツ煮込み、揚げ出し豆腐、エイヒレ、大根サラダ、たこわさ、ソーセージ盛り、ホッケの開き、野菜スティック、山芋鉄板、板わさ、厚揚げ

こういったものを複雑にからみあわせ、かつメンバーや店の特色などを踏まえオーダーを組むということが居酒屋でのファーストオーダーでは必要なのだ。一筋縄ではいかない。

基本姿勢としては「当たり前を恐れない」

しかしそういった打順を組む能力というのは一朝一夕に身につくものではない。

無難センスを偏差値40から養うにはまず「当たり前を恐れない」のが必要なのだろうと今回痛感したのだった。白目で「枝豆、唐揚、刺身盛り合わせ」である。


以上が今回の研究成果である。では具体的に投稿をありがたく拝読しながらさらに無難力を高めていこう。

人を見るということ

よく飲む方々にも喜んでもらえたメニューは、
以下の通りです。
・えだまめ
・だしまき玉子
・小エビのから揚げ or 鶏軟骨のから揚げ

重要視したいのは、以下の点です。
・人数分以上の数がある(全員必ず1口食べられる)
・とりわけ不要
・冷たい/熱い、ノンオイル/オイリーの分散
・炭水化物系・漬物系はNG(中盤以降で頼むこと)


ちなみに、鶏のからあげは、
「人数-1個」で来たときの経験から、
頼む勇気を持てなくなりました。

中夜のノンアルコーラー
重要視する部分が参考になりすぎて真後ろに倒れた次第だ。
冷静に状況を見極めることの大切さ。
ハンドルネームからするにこの方はお酒は飲まれないのでしょうよね、本当にありがとうございます(なぜかお礼)。
「鶏軟骨の唐揚げ」「イカ刺し」「枝豆」「漬物盛り合わせ」の4品チョイスが無難と考えます。

乾杯から少しおつまみに箸をつけて、それから各々がメニューに目をやって気になるものをピックアップして、その第二陣オーダーがやって来るまではとりあえずなくならないという、皿の上のものの「個数」を重視しました。なおかつ、いずれもビールに合います。

年齢層がちょっと若かったり、お腹空いてる人がいる場合は、漬物盛り合わせoutでフライドポテトin。

歯が悪い人がいたら、鶏軟骨の唐揚げoutで鶏皮パリパリ揚げinになります。

喜多川 留堂
メンバーの歯の状態までもチェックするこの気配り。無難道というものの険しい道のりを痛感である。
かっこいい写真があったので載せておきます
かっこいい写真があったので載せておきます

人が見えたら時間も見る

枝豆、トマトスライス、冷奴などのすぐに提供されるものを何品かチョイスします。
それにプラスして揚げ物を数種、時間差で料理が途切れないように
かつ、自分の食べたいものを混ぜて注文しちゃいます。

きのこ
飲み会オーダーのコツは、1.速やかに机を食べ物で埋める、2.空腹勢の需用を満たす だと考えています。

1.として枝豆,軟骨唐揚げなどの""少しずつ減るため長い期間机上を占有可能""なスピードメニューを3品程度。
2.として釜飯,鉄板焼などの""時間がかかる炭水化物""を2品程度。

これらを同時に頼むと時間差で料理が届くので、飲み物追加オーダーのタイミングも取りやすく便利ですよ。

タルテツ
メンバーが見えたら次に大事なのは提供時間。すぐ出てくるもの、途切れず出てくるようにするなど見極め事項が次々に襲ってきすぎだ。
ファーストオーダーは絶対枝豆!
ほぼ全員食べられるしなにより早い!
揚げ物等料理が出るまでの時間潰しに最適。
そしてなにより大皿物は上司の前で箸をのばしにくいのに対して、
枝豆は気軽に自分のものを確保できるという利点もでかいです。

テト
速さ担当として今回、単品としては枝豆が圧倒的支持を獲得していたのは、早い以外にも理由があったようだ。

理由といえばこちらもすごい。
私からは「フライドポテト」を推薦させて頂きます。
理由は以下7つです。

1:取り分ける際に切り取るという作業が発生しないため、万が一不器用でも対応しやすい。
2:塩味なので、ビールも進むしノンアル組もコーラが進む。
3:小鉢でくる系ではなく、ある程度の量があるため、あ!足りない!という事態も起こりにくい。
4:これを嫌いだと言う人にまだ出会ったことがない。
5:フライドポテトと言えば、あなたはマクド派?モス派?それともロッテリア派?
みたいなユニバーサルかつ無難な話題からアイスブレーク出来る。
6:そして「マクド」という発言から関西と関東の略称あるあるの会話の流れまで持って行けるため
次の料理をオーダーし席に運ばれるまでに十分間を持たすことが出来る。
7:そのころには酒も進み、多少取り分けや料理の選択が雑になっていても既に誰も気にしていない。

という物事において必要な初動からの流れを形成し、なおかつ万人に受けるであろうネタを
自然な流れで振り続けることが出来る一方で、商品自体はごくありふれたものであることから
最も無難な商品は「フライドポテト」であろうと考えております。

おまけとして、フライドポテトについて熱く語ることで、次回以降飲みに行く時に
その店にフライドポテトがあるかどうかを考慮してもらうこともできます。
貧乏パンマン
居酒屋メニューという大海原でフライドポテト1本で十分に戦ってる感じはなんでしょうか。かっこよすぎるぞ。

唐揚問題、串もの問題

すでにふれられたとおり、唐揚は鉄板ではあるが個数問題がなかなか深刻だ。
合わせてわれわれが考えねばならないのがこちら。
枝豆、刺身盛り、串盛りではいかがでしょうか。
お通しと速攻で出てくる枝豆で場を繋ぎつつ、刺身盛り登場。
串盛りの串を抜くか抜かないかは、場の空気を見ながら、といった所で…

へべれけ
そう、串問題である。この問題を「場の空気を見ながら」さばけるようになったらもう1人前、卒業といっても過言ではない。

ちなみに
ソーセージ盛り合わせ

ポテトや枝豆に比べインパクトが強く、飲み会のスタートダッシュに最適。サラダのように均等に取り分ける手間も、焼き鳥のように串から外す手間も要りません
Yan
ソーセージはいいぞ!
ソーセージはいいぞ!
串から外す、取り分けるは避けるというワザ。こだまする「なるほど」で部屋いまうるさくないですか? 大丈夫ですか?
サラダ、唐揚げ、フライドポテトの3点セット。
唐揚げは個数問題がありますが、フライドポテトがあればその辺をカバーできます。
サラダはテーブルの彩りを考慮しています。

かぼす
個数問題は別のものでカバーするという投稿も。
そして彩り…! お弁当作りで意識するくらい高いレベルで今後は忘れずにおきたい。

卒業後の進路

ちらっとすでに出ている投稿にあったがある程度レベルが上がるとこんなことが可能になるようだ。
注文フリーの飲み会では、基本的に人の頼んだものをつまむことの多い私ですが、上司に頼まれたとしたら…

漬物
刺身三点盛り
ザンギ又は串アラカルト
ポテトフライ(年齢層による)

そして自分用のたこ酢です。
たこ酢がない場合はもずく酢も可。

注文する人特権でとりあえず自分の好きなものは一品差し込んでしまいます

よしこ。
いわゆる居酒屋さんでは刺身盛り合わせ、串盛り合わせ、野菜サラダ(なければトマト)、漬物、枝豆、だし巻き、フライドポテトまでセットでスラスラ出てきます!ただし串盛り合わせがないお店では肉っ気をどうするかで悩みます……。

あと勝手に自分用にチーズとチャンジャをこっそり頼みます

みつる
なんと、注文特権を行使し自分の好きなものをさりげなく注文するという大技。

この「自分が好きなものも頼んでお役目をむしろ楽しむ」という投稿は多かった。
まぶしすぎるぜ。

他の人にも頼んでもらう

居酒屋のファーストオーダー

まずは枝豆、だし巻き卵ですかね。あまり好き嫌いなさそうなので。それに加えて自分が好きなポテトフライを頼んで、「ポテトフライ好きなんですよー〇〇さんなんか好きなのあります?」って感じで他の人にも頼ませるようにします。

やゆこ
さりげなく人にオーダーをふるという、こういう選択肢もある…!

地方対応

無難の道も奥へ分け入るといよいよ深い。
地方対応、ありました。
それなりに腹持ちが良くかつヘルシー。みんな大好きな居酒屋メニューと言えば「ラーサラ」ですね。
北海道民的にはラーメンサラダは超無難です。

思吉本部長
福岡です。
ごまさばとごぼうの唐揚げを頼んでおけば大丈夫です。
個人的には刺盛りは残るし、串盛りは串からはずすの面倒(そもそもはずしたくない)ので頼まないようにしてます。

ブルーザー横浜
普通の居酒屋でのファーストオーダーということで
枝豆
どて煮(名古屋人なので)
漬け物盛り合わせ
軟骨唐揚げ(鶏でもゲソでも可)
串焼き盛り合わせ
くらいですかね。
女子率が高ければ、これにサラダでも頼めばいいかなと。

ぴーひょろ
北海道ではラーメンサラダ、福岡ではごまさばとごぼうの唐揚、名古屋ではどて煮。全都道府県分もうらして単語帳で暗記したい。

最終手段

「オススメってどれですか??」と店員さんに丸投げします。
もう何十年と生きてきて、無難とか暗黙の了解とかを努力しても察知できない人間だと学びましたので、無難を避けて無難に生きることにしました。
"
とめきち
無難を避け無難に生きる。
もうほとんど哲学の域ですわ。
でもこれ実際役立つのでは。店のおすすめに逃げるという投稿はほかにも複数いただきました。なるほどなあ。

生まれ付いての才能としての無難力

最後に、めちゃめちゃに美しいこちらの投稿で今回の研究を終えよう。
先日、友人同士で居酒屋に飲みに行った時に、選ぶのが面倒だったので、和食レストラン勤務の友人にオーダーを一任しました。

そこで出てきたのが、
大根サラダ
ホッケの開き
だし巻き卵
唐揚げ
クリームチーズのおかか和え(これだけ変化球)

ああ、これこそ無難。無難of無難。
彼の功績を皆で褒め称えたのは言うまでもありません。

追記:追加でピザも注文しました。the・無難。

こじこじ
ダメ押しの追加ピザいただきました~
ダメ押しの追加ピザいただきました~
一切構えず息をするようにこのオーダーをするこの様子。われわれの目指す最終形態がこれと思いつつ、ここれはもう先天的な才能なのではとあきらめる気持ちにもなったのだった。

本当に今回はどの投稿にも読んでも「師匠!」の声が上がりました。
正直教えがリアルすぎて掲載しなかったものもあったくらいです。

投稿ありがとうございました。

しかし…ほんとすみません、今回の記事は編集しながら無難の妙技を学ぶいっぽう次々繰り出されるおつまみの名前を前に普通に飲みにいきたくなる一方で若干気がそぞろだった部分があったこと告白いたします。無難道の険しさよ。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ