特集 2016年1月27日

ドローンで飛ばせセミの抜け殻

抜け殻新時代の幕開け!
抜け殻新時代の幕開け!
夏は何かとセミの事を考えていた。
冬になると、こんどはセミの抜け殻に想いを馳せた。
お前だって飛びたいだろう、飛べるはずさ。
1975年神奈川県生まれ。毒ライター。
普段は会社勤めをして生計をたてている。 有毒生物や街歩きが好き。つまり商店街とかが有毒生物で埋め尽くされれば一番ユートピア度が高いのではないだろうか。
最近バレンチノ収集を始めました。(動画インタビュー)

前の記事:君は世界初の「送水口博物館」を見たか

> 個人サイト バレンチノ・エスノグラフィー

特に理由なき反抗

セミは何年もの間、真っ暗な土中で暮らす。
立派な羽をきらめかせながら夏の大空に飛び立つ日を夢見て。
異様に力強いクマゼミ。
異様に力強いクマゼミ。
無事成虫になったあかつきには、思う存分飛び回って短い夏を謳歌する。アバンチュールを求めてはミンミン、子供から逃げてはジジジジジー。
やっぱ土より樹皮でしょ。とアクティブに鳴くアブラゼミ。
やっぱ土より樹皮でしょ。とアクティブに鳴くアブラゼミ。
いろいろあってこの夏は我が家のリビングからもセミ達が旅立った。
いろいろあった一コマ
いろいろあった一コマ(こちらの記事より
今では彼らもどこかで短い一生を終えているに違いない。部屋には生きた証として空へ向かう視線を残したまま抜け殻がたたずんでいた。
一同に会した。
一同に会した。
それを眺めているとひとつの思いが去来して、私の小さな胸は哀しみで満ちあふれた。

セミは大空に向かって飛んでいった。それはまったくもってすばらしいことだ。
がんがんいくべきだ。しかし、そしたらここに残された抜け殻はどうなるのだ。はい空虚な抜け殻ですね、でいいのか。
覇気がない、まるで抜け殻だ。
覇気がない、まるで抜け殻だ。
元は中の人(セミ)と一体で空をめざし、農耕機のようなボディで土をかき分け這い上がって来たのではなかったか。

華やかなセミの上京物語の影で、残った抜け殻はただ朽ちていく。なんという不条理、なにがアベノミクスだ!

アベノミクスを強引に入れてなんだか訴えたい事があるっぽくしている場合ではない 。一刻も早くこの抜け殻を、大空に飛び立たせてやらねばならぬ。
この重厚感。これが飛んだらかっこいいでしょ。
この重厚感。これが飛んだらかっこいいでしょ。

羽のかわりはドローン

必要なものはただひとつ、空を飛ぶ羽である。
ある日、リア充な料理や飲み会写真の嵐をくぐりぬけて私の目にとまったフェイスブックの広告には「世界最小のドローン!」という告知が。
即クリック→購入。真ん中のちっさいのが本体。
即クリック→購入。真ん中のちっさいのが本体。
約2.5cm×2.5cm。はっきりいって虫だ。
約2.5cm×2.5cm。はっきりいって虫だ。
光る!かっこいい!
光る!かっこいい!
飛んだ!
飛んだ!
この後、操作ミスで顔面に飛び込んで来た。
この後、操作ミスで顔面に飛び込んで来た。
ジバニャンみたいにかわいいくせになかなか力強い飛行を見せる。これなら我がこども達(わかりにくいが抜け殻です、セミの)を安心してまかせられそうだ。
運命共同体の初対面。それにしてもドローン小さい。
運命共同体の初対面。それにしてもドローン小さい。
方法はいたって簡単。テグス糸で両者を結ぶだけである。
抜け殻の「なんせ抜け殻なんで軽い」というメリットを最大限に活かすためににシンプルな仕様にした。
さあ、一心同体。
さあ、一心同体。
デコトラみたいな後光がかっこいい。
デコトラみたいな後光がかっこいい。

飛行アンド破壊

翌日、穏やかに晴れた冬びよりの下、人気のない近所の公園で黙々とレジャーシートでヘリポートならぬセミポートを作る。
ザ・簡素ピクニック。
ザ・簡素ピクニック。
対峙する相棒同士。
対峙する相棒同士。
風が止むのを待ってコントローラーのレバーをゆっくり倒すと、4基のプロペラが勢いよく回転をはじめる。はじめて飛行した抜け殻としてセミ史に名を刻む瞬間が今、やってきたのだ。
レジャーシートのせいで牧歌的だけど緊張の一瞬。
レジャーシートのせいで牧歌的だけど緊張の一瞬。
テイクオフ!バリン!ウワー!
テイクオフ!バリン!ウワー!
ガサッ!バリバリ!

バランスを崩したドローンと接触し、するどいプロペラに切り刻まれてバラバラになった抜け殻が、心なしかスローモーションで散り散りに吹っ飛ばされた。
うおお!
うおお!
しっかりしろ!
しっかりしろ!
胴体からはじけ飛んだ顔がただ中空を見つめていたのが痛々しかった。
やはり空を飛ぶというのは尋常な事ではない。

抜け殻、空へ!

風で揺れたテグス糸がプロペラに絡まり、ドローンがバランスをくずしたのが原因だろう、といっちょうまえに分析をして次の抜け殻を取り付ける。
緊急縫合、気分は偏差値の低いER。
緊急縫合、気分は偏差値の低いER。
今度こそ…
今度こそ…
祈りをこめて上昇させる。
いった!
いった!
飛んだ!殻ちゃんが!抜け殻が飛んだ!
飛んだ!殻ちゃんが!抜け殻が飛んだ!
抜け殻は木にしがみついてバクテリアに分解されるのをただ待つのみ。
そんな創世以来の価値観から解放されるように彼は空を飛び回った。もし人語が話せたならガカーリン(地球は青かった)にも劣らぬ名言を残していたことだろう。

もういいかもしれないが動画も見てください。
ミッシェルガン・エレファントの「バードメン」と共に。たった10秒ですが。
けっこう高くまで飛んでいった。イカロス!
けっこう高くまで飛んでいった。イカロス!
気持ちいい~(この直後に不時着してこっぱみじん)
気持ちいい~(この直後に不時着してこっぱみじん)
不時着したショックで抜け殻はほぼ原型をとどめないほどに損壊してしまった。
ドローンのプロペラも損壊。なかなかハードだ。
ドローンのプロペラも損壊。なかなかハードだ。
しかし、その破片は空を飛んだ記憶と共に土に還って地中で息をひそめている次世代のセミ達に取り込まれ、受け継がれていくに違いない。これは進めちゃったな。進化の針。

みんな連なって飛ぼうよ

スカイダイビングにタンデムジャンプというものがある。1つのパラシュートに2人をくくりつけて飛び降りるジャンプである。抜け殻もそんな感じで複数で飛んだらより壮観なのではないだろうか。後日、しょうこりもなく公園でヘリポートを展開した。
結局3つ付けた。
結局3つ付けた。
下が平滑なほうが安定するだろうとカッターマットを敷いた地味な工夫を認めてほしい。
かなり存在感が増した。
やや重たそうに上昇すると、3体の飴色の物体は、陽光を浴びてつやつやに輝きながら仲むつまじく青空を駆けめぐった(からまってすぐ落ちたが)
なんか青春だ!
なんか青春だ!
時には優雅に低空を行く。
時には優雅に低空を行く。
墜落して寝っ転がる。みんなで顔を見合わせて大笑い、青春だ!
墜落して寝っ転がる。みんなで顔を見合わせて大笑い、青春だ!
飛行時間はわずか10秒足らず。しかし、明らかに「セミをこえた!」と感じた瞬間があった。みんなよかったね、がんばったよね。
帰ってハーゲンダッツ食べよう。
帰ってハーゲンダッツ食べよう。

はじめて月面に立った偉大な宇宙飛行士、ニール・アームストロングの言葉を借りてこの企画を総括しよう。「1人の人間にとっては小さな自己満足だが、セミにとっては大きなお世話である」と。
あと、ミニドローンを何台か使ってインド料理のナンとかを飛ばしても素敵なんじゃないか、ファンタジーなんじゃないかと思った。
雪といっしょに。
雪といっしょに。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓