特集 2014年4月17日

地図をなぞって、どこにもない地図を作る

たとえば小学校ってどういう形が「ふつう」か?
たとえば小学校ってどういう形が「ふつう」か?
架空の地図を作る、という趣旨の本を読んだ。

面白そうだからぼくも作ってみようと思ったときに、はたと気づいた。たとえば学校の形1つにしても、よくあるパターンなんてものが頭にないから、適当な形すら描きようがない。

まずは架空じゃない地図をちゃんと見てみようと思った。
1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。(動画インタビュー)

前の記事:建物の汚れカタログ

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

まずは現実の地図をよく見る

架空の地図を作るという本はこれだ。「みんなの空想地図」
いい本です
いい本です
著者の今和泉さんが、空想の地図を作ってきた経緯や考え方なんかが書いてある。面白そうだから自分も地図を書こう、じゃあ例えば学校の周辺から書いてみようと思ったときに、はて、学校ってどんな形だったっけと思った。

現実の形も知らないのに、空想の形が書ける訳がない。まずは現実をよく見ようと思ったのだ。

小学校の形ってどんなだ

まずは近所の小学校の形を、既存の地図からひたすらなぞってみることにした。いわば写経である。
小学校その1
小学校その1
茶色が校舎、水色がプールだ。周りの黒い輪郭の切れているところは校門。

こうしてみると気づくことがいくつかある。たしかに学校にはプールがある。L字型の校舎も見かける。左側のはなれみたいな建物もたまにある。大きな空間は校庭だ。
小学校その2
小学校その2
これは平べったい形だ。右側の大きめのはなれは体育館だろう。

そして左側には結構近い所に校門が2つある。さっきの学校もそうだったし、もしかして条例とかで2つ以上の校門を作るように決まってるのかな?
小学校その3
小学校その3
これは、校舎の上のほうがちょっとくびれてたり出っ張ってたりする。理由は分からないけど、確かにこういうのある。

そして下のほうの敷地がちょっと面白い形に削れている。たぶん住宅地と接しているんだろう。

ここまでをまとめて、空想の小学校を描いてみる

まとめてみよう。

・学校には校舎とプールと校庭と、たまに体育館がある。
・校門が2つ以上ある。
・校舎がくびれてたり、敷地が削れてたりする。
これらの要素を入れて、空想の小学校を描いてみた。
空想の小学校
空想の小学校
上の絵はぼくが空想で描いたものだけど、なんかありそうじゃない?という気がしてくる。

L字型で、くびれを入れて、正体不明のはなれも用意した。裏門はなんとプールの正面である。
裏門の場所が斬新
裏門の場所が斬新
校舎の右上は住宅地に接していて、削れている。

校舎のくびれの位置で急に渋滞になりそうで、空想の生徒たちに怒られそうだ。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓