特集 2019年1月8日

回転寿司のプリン食べくらべ ~おいしいのはかっぱ寿司、プルプル運ばれてくるのははま寿司~

ありそうとなさそうの狭間にある風景を探しました。

最近の回転寿司はプリンがおいしいと聞いた。回転寿司のプリンである。味も気になるが、やはりプリンなのだからレールの上をプルプルしながら運ばれてくるのだろうか。そうだったらすごく素敵だ。4店舗を回ってプリンを食べ比べしつつ、プルプルしている光景を探してきました。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。

前の記事:僕たちが思い浮かべるあの「商店街の福引き」は実在するのか


最近の回転寿司はプリンがうまい

最近の回転寿司はカフェメニューに力を入れているらしい。くら寿司にはくらカフェ、はま寿司にははまカフェというコーヒーがある。

中でもプリンがおいしいらしい。回転寿司のプリンである。こんなにミスマッチな感じがするのにしっかりおいしいらしいのだ。おもしろそうなので食べ比べてきました。

もう一つ

そして今回、もう一つ気になっていることがある。回転寿司のプリンって、レーンの上をプルプルしながら運ばれてくるのだろうか。運ばれてきたらすごく嬉しい。

プリンのいいところと言えば「プルプルしているところ」だろう。なめらかプリンの台頭によりあまり見なくなったが、それでもプリンと言われると、カップからお皿に出して、そのお皿の上で黄色いプルプルしたものがプルプルしているところを想像する。

000.gif
平和の象徴。

そのプリンがプルプルしながら自分の元にゆっくり運ばれてきたらどうだろう。それはもうすごく良いものだ。入場料を払って見るタイプのエンターテインメントである。

良さを伝える動画を作りました。

ヒーリング効果がありそうな動画ができた。疲れた時にボーッと見るといいだろう。病院の待合室で流れていてほしい。

回転寿司でこの光景が見れたら最高だ。探してきました。

4店舗を調べました

巡った回転寿司屋さんは、すし銚子丸、かっぱ寿司、スシロー、はま寿司の4店舗。

001.jpg
この4店舗。​​​​

規模の大きな回転寿司チェーンで、かつメニューにプリンがあったお店である。この並びにくら寿司がないのが寂しい感じがするが、くら寿司のプリンは「ショコラプリン」だったので候補から外した。すごくおいしそうだが、プルプルはしてなさそうなので。

すし銚子丸 <そもそも手渡しだ>

最初に行ったのはすし銚子丸。

002.jpg
「平成に感謝」である。「平成に感謝」か…!そうか、そうだよな!という気持ちになった。​​​​

レーンの内側で、職人たちが寿司を握り、大きな声で活発にお客さんとコミュニケーションを取っている。お寿司屋さんに来たなー、としみじみしていたら「うちはもうファミレスですからね!」という職人の声が聞こえた。そんな悲しいことを言うんじゃないよ、と思ったがそういう僕もプリンを食べに来ている。

何皿かおいしいお寿司を食べて、最後にプリンを頼む。しばらくするとレーンの向こうから職人が手を伸ばしてプリンを渡してくれた。

002a.jpg
上から来た!

レーンに乗せないのだ…!「うちはもうファミレスですからね!」の方に酷な仕事をさせてしまった。

実はお寿司を食べ始めてからこの光景を何度も見ているので嫌な予感はしていた。注文品、レーンに乗せないのだ…!

003.jpg
プリンはすごくおいしかった。​​​​
004.jpg
このようにすごくしっかりしたプリン。​​​​

プリンはしっかり弾力のあって、でも口に入れるとなめらかで濃厚なプリンだった。もったりしていて満足感がすごくある。

005.jpg
こんな感じの味でした。​​​​

プリンはおいしかったのだが、プルプルはしていなかった。レーンにすら乗っていなかった。

この時点でどのお店もそうなんじゃないか、とかなり弱気になり、その日の夜にあった企画会議で「プリンがまったくプルプルしていませんでした…」と肩を落として報告した。皆さんから「確かにプルプルしていてほしいよな」「郊外の回転寿司ならプルプルしてるんじゃないか」などの励ましを受けて2店舗目以降の計画を立てた。

かっぱ寿司 <容器に入っているとプルプルしない>

2店舗目はかっぱ寿司。このお店は、注文した品が「ご注文品」というトレイの上に乗って運ばれる仕組みだった。

006.jpg
「ご注文品」のトレイを眺めていると食欲が湧いてくる。知らない誰かへの対抗意識なんだろうか。
007.jpg
自分のトレイが届く直前に、画面で知らせてくれる。よくできていてすごい。

これはプルプルしている可能性があるぞ、と思ってレーンを見ていたが、

008.jpg
こんな感じで届いた。

プルプルはしていなかった。惜しい!

009.gif
プルプルしないな。

器に入っていたのだ。陶器に入っていると高級感が増してすごく良いものに見える。プルプルしないタイプの良いものだ。

010.jpg
味はすごく好きな感じだった。
011.jpg
比較的さっぱりめだけどそこがおいしい。

カラメルがちゃんと苦くておいしい。プリンの部分だけ食べるとすっきりした卵の味がする、素朴なプリンだった。カラメルが上にあるのでだんだん味が変わってさっぱりしてくるのだ。ご飯の最後に食べるのにとてもいい。

012.jpg
プレミアムプリンとプレミアムホイッププリンが同じ値段だった。ホイッププリンを頼まざるを得ない。

スシロー <プルプルしようがない>

3店舗目はスシローに向かった。ここからライターの北向ハナウタさんにも来てもらって一緒にプルプルしているプリンを探す。

013.jpg
スシローに来ました。
014.jpg
回転寿司は久しぶりらしい。
筆者:回転寿司のレーンでプリンがプルプルしてたらいいと思いませんか?
北向:あ、食べ比べじゃないんですか?

そう、メールのやり取りだけではニュアンスが伝わらないと思ったので食べ比べと言って呼んでいたのだ。嘘ではないがなんか違う。ブラック企業の採用情報みたいなことをしてしまった。

筆者:食べ比べもするんですけど、プリンがプルプル運ばれてくるところを見ます。

前日の夜中に急いで撮った、プリンがプルプルしながら近づいてくる動画を見せた。

015.gif
一部をgifにしました。
北向:本当だ。あー、プルプルしてますね!なるほどなるほど。

熱量の差は感じたが、確かに見れるもんなら見たい、という気持ちが伝わってきた。橋が船を通すために跳ね上がるところとか、なにかの祝日で東京タワーのライティングがいつもと違うところとか、見れるもんなら見たいだろう。確かにそれくらいのイベントである。プリンが回転寿司のレーンの上でプルプルしているところ。

016.jpg
とりあえずお寿司や茶碗蒸しを食べて気持ちを落ち着けた。

 少ししてからプリンを頼む。結論から言うとスシローのプリンはまったくプルプルしていなかった。

017.jpg
プルプルしようがない。
北向:「プリン」って書いてある。
筆者:「プリン」。
筆者:このニワトリ、スシローのキャラクターなんですか?
北向:分からないですね。

ダメだったが、もう慣れたものである。北向さんにも、見れたらそれだけで御の字という気持ちで臨んだ方がいいですよと、今までの結果を話す。

018.jpg
開けるとのペーっとしたきれいなプリン。
019.jpg
「プリン」と書いてあるところが良い。

 味は濃厚でおいしかった。カラメル部分が、プリン本体の味と一緒なのがおもしろかった。色の違いの影響でぎりぎりカラメルっぽさを感じる、という程度である。

020.jpg
僕はプッチンプリンみたいに皿に出したくてケースを凹ませてしまった。皿には出なかった。

 注文した品の届き方ですが、注文した品専用のレーンがあるタイプだった。自分の席の近くに来るとキュッと寄ってくるのがかわいかった。

021.gif
キュッ
022.jpg
北向さんはスシローの待合スペースの広さに興奮していました。

はま寿司 <待望のプルプルしたプリン>

4店舗目のはま寿司。

023.jpg
はま寿司!
024.jpg
ペッパーが勤務していた。
025.jpg
タッチパネルのメニュー。

まぐろ、サーモン、えび、と来て肉、というところに驚いた。貝やひかりものを差し置いて肉。ファミリー層に向けてメニューを考えるとこうなるのだろうか。

026.jpg
肉カテゴリーにあったローストビーフ軍艦。ローストビーフが刻まれてるの、初めて見た。
027.jpg
あと醤油が5種類あった。こういうところにいちいち驚いていると際限なく楽しめてしまう。

はま寿司のホスピタリティを堪能していると、横のレーンになにか気配を感じた。

027a.jpg
プリンが3つ並んで運ばれていた。

ビクッ!となった。写真を撮り損ねてしまった。もう大方諦めかけているものが突然実現すると、最初の驚きがすごくて放心状態になってしまう。北向さんと一緒にプリンを目で追った。

北向:ありましたね…!
筆者:すごい、ありましたね…!
北向:プルプルしてました?
筆者:なんか、びっくりしちゃってそこまで見れてないですね。

あらためて回ってくるのを待ってプルプルを確かめた。

028.gif
来た!
筆者:うん、ちょっとしてる、ちょっとしてますね。
北向:あ、でもレーンがすごくなめらかなんですね。そこまで揺れないんだ。
筆者:でも角曲がるときは割とプルプルしましたね。いい席に座ったな…。

というわけで、初めて見れたプルプルしているプリンはとても上品にプルプルしていた。

029.gif
手元でもプルプルさせた。
030.jpg
味もおいしかった。北向さんにもバニラが強い、お茶に合うなどの理由で高評価だった。
031.jpg
はじめて「プルプル」の軸が役に立った。

一番おいしいのはかっぱ寿司、プルプル運ばれてきたのははま寿司

というわけで、4店舗のプリンをまとめると、一番おいしいとおもったのはかっぱ寿司、プルプル運ばれてくるのははま寿司、という結論になった。

ただ、やっぱりもっとプリンのプルプル至上主義的なな頭で考えると、レーンがもっとガタガタしていたら、お皿が平らでプリンが見やすかったら、と口を尖らせてしまう事実も否定できない。というわけでプラレールでそういうレーンを作って動画を撮った。冒頭の動画である。

いいものなのでもう一度載せます。

この先何かに悩んだ時、つまらないことでイライラしてしまった時、わけもなく悲しくなってしまった時はこの動画を見て健全な気持ちを取り戻そうと思う。

茶碗蒸しも食べていた

この記事の相談を編集担当の藤原さんとしていたら、回転寿司の茶碗蒸しはその店ごとの出汁を使っているので味が違う(はず)、という話を教えてくれた。おもしろいのでそれも食べ比べてみたが、見事に同じに感じた。出汁が同じなのではない。食べた人間が悪いんだろう。でも食べたのでまとめておきます。

032.jpg
具材は三つ葉、シイタケ、カニ、ホタテ、エビ。具材の近くにある出汁はその具材の味がした。
033.jpg
具材は三つ葉、シイタケ、白身魚、カマボコ、エビ。
034.jpg
具材は三つ葉、ホタテ、ギンナン、鶏肉、エビ。
035.jpg
具材はタケノコ、シイタケ、カマボコ、ギンナン、鶏肉。

つまり具材の違いしか分からなかった。もしかしたらと思ったが、プルプルしながら運ばれてもこなかった。本当にはま寿司のプリンだけなのだ。プルプルしながら運ばれてくるのは。とても貴重な存在だと思った。


少しだけリベンジが成功した

動画で、プラレールを逆さにしたものが動いていたが、これは以前やろうとしてできなかったプラレールのベルトコンベアである。(この記事でやろうとしていた。:『何も作らないベルトコンベア』) 
036.jpg
電車が逆さになっていて線路を回している。

 当時、ライターの井上マサキさんに教えてもらってやろうとしたのだけど、電車と線路がうまく噛み合わなくてできなかった。(井上さんのおうちではできていた)

今回も4分の1周したところで止まってしまうのだが、その間に撮れた素材で動画を作った。いつかグルグル回ったらいいなと思う。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓