広告企画 2020年7月16日

ひとつだけ旅に持って行くならキューちゃん~ご飯のおともぜんぶ乗せました~

「らっきょう」のシャキシャキ感にかなうものなし

鳥取県からは「らっきょう」である。らっきょうは実家でも漬けていたのだけれど、子どもの頃はあの匂いがちょっと苦手だった。

016.jpg
いろんな味があったけど無難そうなのを選びました。
・ぬるっとした食感が多い中、らっきょうのシャキシャキ感が際立った
・特有のにおいが少なくて食べやすい
・スーパーとかで売ってるやつと全く違う。うまい
・鳥取砂丘の横の畑で作ってるらしいですよ

らっきょうはなんといってもシャキシャキした食感がいい。たまにカレーの付け合わせで食べる程度のなじみだったのだけれど、いざ正面から向き合ってみるとこれはなかなかに性格がいいと思う。子どもの頃に苦手だった特有の匂いも、今となっては食欲をそそる。他と比べて塩分も控えめでぱくぱく食べられるのもいい。

王道の風格「梅干し」

和歌山県からは梅干しが参戦。これぞ王道である。

017.jpg
ご飯のお供の代名詞。
・梅干しは正直いままで残していたけどこれなら食べたい
・しょっぱすぎず、味が上品でうま味が濃い
・鉄板すぎて言うことがないです

おばあちゃんが漬ける本当にしょっぱい梅干しも好きだけど、こういうダシのきいた甘めのやつも美味い。酔って帰ってこれとご飯があったらその日はいい一日だったと言えるだろう。

018.jpg
お茶うけにもいいんじゃないかという上品な塩分。

名前のインパクトに負けない美味しさ「アラ!」

ノリの佃煮「アラ!」の地元は兵庫県なのだとか。前にも食べたことあったのだけれど、兵庫だとは知らなかった。いや、あれはもしかしたら「ごはんですよ」だったのかもしれない。

019.jpg
ずっと見てると文字が崩壊して読めなくなるフォントである。
・もっと磯臭くてもいいなと思いました
・予想よりも甘い、甘くておいしい
・瓶の口が広くてスプーンを入れやすい
・この名前で全国に認知されてるのすごくないか
020.jpg
確かに口が広い独特のビン形状だ。

「ポンジュースごはん」は焼き芋の味

ポンジュースごはんをご存じだろうか。その名のとおり愛媛県が誇る飲む宝石「ポンジュース」を贅沢にも水代わりに使って炊いたご飯である。聞いたことはあったが都市伝説のたぐいだと思っていた。しかし実在し、小学校の給食に出ることもあるのだとか。ポンジュース高いのに贅沢すぎないか。

021.jpg
それがこちら。アイデム藁品さん作。
022.jpg
うっま。
・思ったよりぜんぜん違和感がない
・炊いている時に漂う香りがやばかった(まんまポンジュースだった)
・優しい甘さ。焼き芋みたいな香ばしさがある
・一緒に炊いた鶏肉うっま
023.jpg
今回の試食会で他にない優しさを感じました。

常備しておきたい安心感「しそわかめ」

アイデムの担当藁品さんからは地元山口のしそわかめも紹介された。

024.jpg
こういう見た目のやつが意外と優等生だったりする。
・わかめメインかと思ったらしそが強かった
・ちょうどいい高級感、ちょうどいい塩分、ちょうどいい甘さ
・ハズレがない。これは家に常備しておきたい

 

まだまだ続くごはんのおとも。アメリカの話はこちらから
prof02.jpg

 

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ