広告企画 2019年3月29日

花粉症対策グッズを持って最強の花粉スポットを見に行く

すごいものを見ました。

車に乗って花粉が飛ぶところを見に行かないか、と言われた。興味がないわけではないがわざわざ花粉の発生源に近づくのも怖い。花粉症なのだ。

しかしお誘いに当たって花粉対策グッズを色々用意してくれていると言う。それは気になる。見に行ってきました。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。(動画インタビュー)

前の記事:柚子コショウ、エアコン、布団、うちの子がノーベル賞 〜非公式ノーベル賞授賞式


花粉症、花粉を見に行きたいと言われる

寒さが和らいだと思ったら花粉の季節になってしまった。春服で野原を駆け回りたいのにくしゃみが出る。歯がゆい季節である。歯がゆいというか目がかゆい。

0001.jpg
少し前にはじめての鼻うがいという記事を書いたばかりである。

そんな時に、編集部の安藤さんは花粉が飛ぶところを見たいという。杉の林から黄色いモヤが漂う景色を見たいのだそうだ。よく夕方のニュースで見るアレだ。

002.jpg
「俺は花粉症じゃないからね!」と言う安藤さん。逆光の笑顔がなんか怖かった。

花粉対策グッズがあるらしい

テレビで見る景色を自分の目で見たいという気持ちはよく分かるが、こちらは花粉症なのだ。「でも車で行くし花粉対策グッズがあるから大丈夫だよ」と安藤さんは言う。

色々な花粉対策グッズを試しながら花粉が飛ぶ様子を見に行く旅なのだそうだ。

003.jpg
後部座席の青い袋に花粉対策グッズがパンパンに入っている。

対策グッズがあるから辛い場所に行っても大丈夫だよ、という理屈、なんとなくしっくりこない。そもそも行きたくないのだ。「この日予定ないんでしょ? 飲み会これるじゃん」と言われた時の気持ちと似ている。そもそも行きたくないのだ。

でも花粉対策グッズは気になる。僕はと言うと、今年ついに自分が花粉症であると認めはじめたところなのだ。

004.jpg
くしゃみ。

ここ数年春になるとくしゃみが出るなあと思っていたが「埃に敏感なので」と自分に言い聞かせてやり過ごしてきた。しかし今年は症状がひどくて気持ちでやり過ごせるレベルではなくなってしまった。花粉症ビギナーとしていい対策グッズは知っておきたい。

グッズに釣られる形で花粉を見に行くことになった。

005.jpg
ここで一旦整理します。

奥多摩がすごいらしい

横浜の日産本社で待ち合わせて、エクストレイルという素敵な車を借りて奥多摩に向かう。安藤さんが事前に、花粉が飛びそうな場所を調べたのだそうだ。

006.jpg
「奥多摩はすごいよ~。東京の花粉は奥多摩から来てるらしいからね~。」

「花粉 関東 発生源」とか検索したのだろうか。パソコン、その瞬間にぶっ壊れたらよかったのにな。

杉を見ながら進む

とりあえず車の中は清潔で花粉もないので、安藤さんと花粉や車の話をしながらドライブをした。

「花粉がない」というのはただ窓を締め切っているから、という理由だけではない。エクストレイルならアレルゲン活動を抑制するクリーンフィルターが付いているらしく、外から入ってくる空気も清潔なのだ。この季節にぴったりの車。

007.jpg
あと防水シートなので花粉がついても掃除しやすい。

段々僕もリラックスしてきて、奥多摩の名物などを調べたりした。釜飯とそばがおいしいらしい。

008.jpg
でもこういう景色が見えると安藤さんが「ほら!杉!杉だよ!」と言う。

杉である。もうすぐ新緑の季節だと言うのにうっすら赤茶けている。そんな木がすごい密度で生えていてブロッコリーみたいになっている。木の塊が一つの生き物みたいなのだ。怖い。

009.jpg
エクストレイルで「杉」に突っ込んでいってる感じだ。

車の中は安全なはずなのに、なんだか目がかゆくなってくる。

010.jpg
どんどん存在感が増し、近くなる杉。
011.jpg
杉。

「これは花粉飛びそうだねー!」と安藤さんが興奮している。「安藤さんも今日吸った花粉で花粉症になっちゃうんじゃないですか」と言ったが「なっちゃうかもねー!」と笑っている。

僕からの必死の抵抗が響いていない。「なっちゃうかもねー!」ってなんだ。なっちゃったらどうするんだ。

012.jpg
リスクよりも花粉見たさが勝っていた。

 

次のページでは花粉症対策グッズを徹底レビュー。
banar03.jpg
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓