広告企画 2019年11月21日

山深い天空の村と渦巻く海と群れる鯉に出会う旅~投稿頼りの旅in徳島県~

桜谷発電所取水口

那賀郡に「桜谷発電所跡」がある。水力発電を行っていた跡地だ。明治43年に自然地形を活用したダムのない水力発電所として建設された。当時の四国では水力発電所は珍しく県下最大のものだったそうだ。桜谷に堰堤を作り、その下流に発電所を作った。

075.jpg
桜谷発電所の堰堤を見に来ました!

桜谷小学校のすぐ下を流れる那賀川の幅70メートルほどの間30メートルに石を並べ、3メートルほどの高さにする。中央部は舟筏が通れるように開けてある。渇水時は舟筏が通らないので夕方から翌朝まで長さ2メートル、幅30センチの厚板を並べ、水を堰き止め、発電所に多くの水を送っていた。

076.jpg
これがその跡ですな!

この辺りの村は那賀川が大切な交通網になっていた。木材、薪、山産物などの搬出に川を使い、鮎定置漁業なども営まれた。堰堤工事の結果、那賀川の水を発電所取水口に取り込んだので、本流は枯渇して舟筏の通行などができなくなった。 

077.jpg
たぶん発電所取水口!

その後、いろいろあって、上流に長安口ダムができて、新たなる発電所もできて、桜谷発電所は昭和32年に閉鎖となった。その跡が今も残っているわけだ。人も少なく、水は綺麗で見に来てよかったと満足した。桜谷小学校も今は廃校となっている。 

078.jpg
景色が素晴らしい!

ウミガメを見よう!

日和佐町の大浜海岸はウミガメが産卵に来るそうだ。それはぜひ見てみたい、と思ったけれど、産卵は5月から8月にかけてなので、今(11月)は時期ではない。でも、桜の狂い咲きみたいなことが起きてないかとやってきたわけだ。 

079.jpg
大浜海岸に来ました!
080.jpg
もちろんウミガメはいません!

そもそもウミガメは夜に産卵することが多い。でも、大丈夫。あたりを歩けば、ウミガメだらけだ。公衆電話もウミガメ、トイレの前にウミガメ、そして、日和佐うみがめ博物館カレッタもある。ウミガメはいつでも見ることができるのだ。 

081.jpg
公衆電話はウミガメ!
082.jpg
トイレの前にウミガメ
083.jpg
日和佐うみがめ博物館カレッタ
084.jpg
中は本物のウミガメだらけ!

大浜海岸に産卵に来るのはアカウミガメ。ただカレッタでは、アオウミガメもタイマイも見ることができる。また雑種もいる。自然界でも稀にアカウミガメとタイマイの子供や、アカウミガメとアオウミガメの子供がいたりするそうだ。

085.jpg
目が鋭いですな!
086.jpg
亀の裏側も見れた!

近くにある道の駅日和佐に行くと、「砂浜にうみがめの卵」というアイスが売っていた。ウミガメと言われるとハワイっぽい感じがするので、楽園感がある。ウミガメは最高の生き物なのではないだろうか。

087.jpg
道の駅日和佐で、
088.jpg
アイスを買いました!
089.jpg
砂浜っぽいです!

食べてみるときな粉味で美味しい。砂浜が再現されている。問題はウミガメの卵だよな、と思いながら食べ進めていると出てきた。美味しいだけではなく、遊びのギミックがあるのもいい。

090.jpg
卵はマシュマロでした!
091.jpg
美味しかった!

鯉、コイ、こい 

最後は白沢村にある「錦鯉の池」に行く。8年前に池に入れた鯉たちが20-50センチに成長して餌を求めてやってくるらしい。ちなみに8年前に12000匹を放したそうだ。餌やりOK、おさわりOK、しかも無料という本当の楽園なのだ。 

092.jpg
錦鯉の池に来ました!
093.jpg
さわっていいそうです!
094.jpg
餌も大きい!

餌は一袋だけ無料で、2袋目からは100円とのことだけど、めちゃくちゃ量が多い。鳥獣から鯉を守るための柵があるので、それを開けるとパラダイス。マジのパラダイスなのだ。

095.gif
鯉だらけ!!!!
096.gif
マジで鯉だらけ!!!!

餌を池に入れるとすごい勢いで鯉がやってくる。恐怖すら感じるレベルで鯉がやってくる。池自体は広いのだけれど、餌がもらえる場所にそもそも集まっていて、餌をあげるとお祭り状態。ある意味、阿波踊りだ。 

097.jpg
こちらの会場は、
098.gif
すごい盛り上がりです!!!

餌をあげているとオーナーの方が来て、噛まれてもいたくないから、と言っていた。本当は鯉を養殖して売るつもりで始めたけど、今はただ飼っているだけだそうだ。鯉のサイズに大小あるけれど、みな同じ年らしい。

099.jpg
触った!
100.jpg
ビショビショ!

これが本当に楽しかった。かつてないほどの人気者になれるのだ。餌を入れると渦潮みたいに鯉の渦ができて、阿波踊りのような盛り上がりを見せる。徳島の全てがここにある、と言ってもいいほど。マジで楽しくて熱が出そうだった。

101.jpg
大満足のびしょ濡れです!

 


徳島いいぞい!

知ってはいたけれど、徳島は魅力だらけだった。まだまだ紹介したい場所やものがある。徳島製粉のカップヌードルとか、かずら橋とか、秘境駅とか。時間が足り無いとなるのが徳島なのかもしれない。やはりおすすめされた場所に間違いはない。飛行機だと東京から1時間15分というのもいい。めちゃくちゃ近い。鯉もいるし。

102.jpg
これ美味しいよ!
徳島出身者との対談はこちら。
prof02.jpg

 

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ