短い記事 2022年2月16日

「友達が遠くから近づいてくるとうれしい」を何度も確かめる

待ち合わせ場所に先に着いて、遠くから友達がこっちに向かって歩いてくる時、妙にうれしくてニヤけてしまう。

「ふふ。本当に来た」と、そりゃそうなのだが、毎度思ってしまう。すごく好きな瞬間である。好きなので、友達が遠くから歩いて来る時のうれしさだけを何度も味わってみた。

大阪在住のフリーライター。酒場めぐりと平日昼間の散歩が趣味。1,000円以内で楽しめることはだいたい大好きです。テクノラップバンド「チミドロ」のリーダーとしても活動しています。(動画インタビュー)

前の記事:新幹線から見えたすき家でカレーを食べてみる


世界がガラッと塗り替わる、その鮮やかな瞬間

以前、こんなことがあった。電車に乗って友人との待ち合わせ場所に向かっている時、「〇〇時〇〇分に着く電車だよ」「あ、たぶん俺も同じ電車に乗ってるわ!」とLINEでやり取りをした。

「何輌目に乗ってる?」と聞かれて返答したら、しばらくして自分のいた車輌の端のドアが開き、友人が現れた。その姿を見て笑ってしまった。ついさっきまで、知っている人の一人もいない電車に私は乗っていたのだ。そこに、ずっと昔から知っている顔が唐突に現れた。世界がガラッと塗り替わったような、その鮮やかな瞬間が今も心に残っている。すごくうれしかった。

あるいは、こんなこともあった。ここ数年はできていないけど、昔、桜の季節に友人数名と花見をしていて、トイレだったか買い出しか、私ひとりがその場から離れた。目的を果たし、改めて友人たちがいる場所に戻ろうと近づいていった。

そこは桜の名所で、見渡せばたくさんの人が花見をしている。当然みんな知らない人だ。その中に、私の友人たちがシートを敷いて酒を飲んで笑っているのが遠く小さく見えて、近づきながら笑いが止まらなかった。こんなに知らない人だらけの世界に、好きな人たちが集まっている場所があって、私はもうすぐそこに着く。なんとうれしいことだろう。

友達と近づく瞬間だけを味わう

友達が遠くからこっちに来たり、友達がいる場所に近づいていったりするのはなんとも幸せなものである。だから、その瞬間だけを何度も味わってみることにした。

01.jpg
妙なお願いにつきあってくれるという友達が、電車に乗ってやってきた
02.jpg
主旨は説明してあるものの「それ、楽しいの?」と友人はいぶかし気だ

しばらく川沿いを歩くと、橋が見えてきた。一度、橋を渡って川の向こう岸に行ってもらった。こんなことを頼めるのは友人だからだ。友人っていいよな。

03.jpg
優しい友人が橋を渡って向こう岸へ移動
04.jpg
あっちで手を振っている。こっちも手を振る

さっきまで近くにいた友人が、川の向こうで手を振っている。不思議だな。

05.jpg
何がどうしたっていうわけでもないのに笑ってしまう
06.jpg
川沿いに遊びに来ていた知らない子どもが友人を気にしているようだ
07.jpg
何か、言葉を交わしているようにも見える

スマホが振動した。友人からメッセージが来ている。「どうしたらいいでしょう?」とのことだ。橋を渡って戻ってきて欲しいと伝えた。

08.jpg
私のメッセージを受け取った友人が動き出した
09.jpg
橋を渡って友人がこっちへやってくる
10.jpg
近づいてくる
11.jpg
来た

笑ってしまう。さっきまで対岸にいた友人が、今、目の前にいる。「子どもが『ねえ、何してんの?」って話しかけてきて、何て答えていいかわからなかったっすよー」と言っている。その子のお母さんも近くにいて、ちょっと怪訝そうな顔をされたらしい。悪いことをした。

12.jpg
「最近ようやく仕事落ち着いてきたっす。年末まで激務過ぎてー!」と語る友人ともう少し歩く
13.jpg
見晴らしのいい河川敷に来た

ひょっこりと友人の顔が見えたらどうだろう

土手の向こうからひょっこりと友人の顔が見えたらどんな気持ちがするだろうと思った。そうお願いすると、「OKっす!」と友人はどこまでも付き合ってくれるのだった。

14.jpg
何もない土手
15.jpg
思わぬ場所から友人がひょっこり現れた土手
16.jpg
また誰もいない土手
17.jpg
おっ友人!
18.jpg
かなり友人!
19.jpg
これは絶対に友人!
20.jpg
近づいてくる友人!
21.jpg
手を振っている!疑っていたわけではないが、やっぱり友人だ!
22.jpg
遠くに立っている友人を眺める不思議な時間
23.jpg
友人が走ってこっちにやってくる
24.jpg
来るぞ来るぞ!
25.jpg
来てる来てる!もうすぐだ!
26.jpg
来た!

なんだろう。この楽しさは。私も友人も、二人とも笑っている。ただ向こうに行ってもらって、また来てもらっているだけなのだ。「ははは。なんか、いいっすね!」と友人。

いったん広告です

こちらから近づいていく気持ちも味わう

近づいていく気持ちを味わってみたくて、今度は私が土手にのぼってみた。

27.jpg
カメラを構えて立っている友人のもとに私が近づいていく
28.jpg
だんだん友人が近くなる
29.jpg
わはは!

なんだか無性に照れる。友人との距離が近くなっていくそのだいぶ前からニヤニヤが止まらず、ちょっと目をそらしてしまったりした。なんだろう、この気持ちは。

30.jpg
お腹が減ったので近所の中華料理店でご飯を食べることにした。
31.jpg
さっきまであんなに遠くにいた友人が目の前でラーメンを食べている
32.jpg
トイレに立った友人が残した革ジャンが、ちょっと友人みたいだった

大きな駅の大きな広場まで行って、また友人に遠くから近づいてきてもらった。

33.jpg
あ、いた
34.jpg
あれは友人だ
35.jpg
近づいてくる
36.jpg
エスカレーターに乗ろうとしているようだ
37.jpg
電気の力でスーッとこっちに来る
38.jpg
あれ?他人かな?
39.jpg
いや、やっぱり友人だった!

友人がいる世界

近づいて遠ざかって、そんな遊びを繰り返した後、駅ビルの屋上の広場で色々話した。最近のこと、お互いの家族のこと、今年がんばりたいこと……。

2時間ほど話した後、友人が帰っていくのを見送ることになった。

40.jpg
友人が改札に向かっていく
41.jpg
改札を通った
42.jpg
向こうで一度振り返った。私は手を振った
43.jpg
友人の姿はすぐに見えなくなった

友人の姿をできるだけ目で追いかけようとがんばったけど、その姿は行き交う人の中に紛れてすぐに見えなくなってしまった。それでもしばらくの間、私はそこに立っていた。

気づけば、私の目の前に広がっていたのは、知らない人だらけの世界だった。たった一人の友人が、この場所を「友人がいる世界」にしてくれていたのだと、私は気づいた。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ