特集 2019年1月7日

多摩川で七草摘み、東急沿線なら十九草を摘めるはず~東急沿線さんぽ

今年の七草粥はインド風でした。

1月7日といえば七草粥。この行事は平安時代から続くものだそうで、一年の無病息災を願うとか、疲れた胃を休めるためとか、様々な謂れが存在するようだ。

七草粥に入れる草といえば、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロと暗記したものだが、地方によって入れる食材は変わってくるそうだ。

そりゃそうだ、1月に生えている草なんて土地によって違うんだから。ならばもっとフリースタイルに七草粥を楽しんでもいいのではないだろうか。

趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:幻の手動押し出し式製麺機で作る十割そばが佐渡にあった!

> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺
コラボ企画

七草を摘みに多摩川へ

私にとって七草摘みは、毎年恒例という程でもないけれど、暇で好天の正月休みがあれば、近所だったり出先だったりで、なんとなく実行している行事。運動不足になりがちな時期なので、一年の準備運動としてなかなかいいもんである。

2019年の七草は、「大真面目にカレーラーメンを考える会」という記事でお世話になった南インド料理店の沼尻さんが、多摩川で七草摘みの会を開くというので、そこにお邪魔させていただいた。

002.jpg
1月5日、東急東横線の新丸子駅に集合。まずは改札を出てすぐのところにある東急ストアで飲み物などを買いつつ、七草の販売状況をチェック。

多摩川には何度か野草探しに来ているが、一般的な七草を揃えようとすると難しいけれど(スズナ=カブがある時点で無理)、食べられる草の種類はけっこう多い。

今回の集合場所である新丸子駅は東急沿線だけに、七草と言わず十九(とーきゅー)草くらい集められるかも。

そんな話を沼尻さんにしたら、「東急なら109草じゃないの?東横だったら1045草だよね」と言われた。多いな。

003.jpg
店頭に貼られていたチラシ。店内には栽培した七草の詰め合わせだけでなく、ベビーリーフをサラダ七草として売っていた。これぞ七草の多様性である。

新丸子駅から多摩川まではたいした距離じゃないのだが、その間にも植物はたくさん生えており、10メートルごとに沼尻さんによる解説が始まる。なかなか前に進まないが、だからこそ楽しい時間だ。

これぞ道草だなと思いながら、貴重な話や熟練のダジャレを伺った。

004.jpg
サザンカは花弁がパラパラと落ち、ツバキは花ごとボトっと落ちるそうです。ちなみにサザンカのほうが南に分布している。「ノースではなくサザンか…」と沼尻さん。
005.jpg
こんな植込みにも、よく見れば七草のうち1つくらいは生えている。

多摩川の河原には大根が生えている

そんなこんなで目的地である多摩川の河原へと到着。まさに最高の七草摘み日和である。ちなみに去年の正月はホウキを作りに来ていたな(こちら)。

基本的に河原に自然と生えている草(植えてある植物ではなく、いわゆる雑草)や木の実(クワとかクルミとかギンナンなど)を採ることは問題のない行為。もちろん常識と節度を持って、というのが法律以前の大前提だが。なんでもそうだけどね。

006.jpg
空も信号も青かった。

多摩川でまず最初に摘むのは、七草でいうところのスズシロ、ダイコンである。鈴木史朗さんの略ではない。

知っている人も多いと思うが、多摩川の河川敷にはハマダイコンと呼ばれる野生化したダイコンがそこらじゅうに生えているのだ。

それにしても、なんでダイコンとかカブが七草なんだろうね。野草としてではなく、正月に贅沢したんだから今日くらい菜っ葉でも食べなさいよということかな。

007.jpg
沼尻さんの前にあるモサモサした草、これが全部ハマダイコン。

土が固いので売り物みたいな太いダイコンには育たないようだが、葉っぱを食べる分には充分すぎる質と量である。おそらく平安時代には生えていなかっただろう。

お粥の具は、このダイコンの葉っぱだけでいい気がしてくる育ち具合だ。

008.jpg
本当にダイコンなんですよ。
009.jpg
ほら、ダイコンだ。「このサイズだと大根というか小根だけどな」と沼尻さん。
010.jpg
発芽したばかりのダイコンの芽。野生のカイワレダイコンだ。
011.jpg
ちょっとランっぽいダイコンの花が咲いていた。「ダイコンの花がランに似ているとダイコンランだね」と、沼尻さんではなく私が小声でつぶやいた。ハマダイコンは5月頃に収穫できるサヤがうまいよ。詳しくはこちらのブログで。

 

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓