特集 2021年1月19日

イカ徳利があるならタコ徳利があってもいいはずだ

その結果、こうなりました。

永遠のライバル、それはタコとイカ。足がいっぱいあって、なんだかヌラヌラしていて、困るとすぐに墨を吐く両者。

似たもの同士ではあるものの、やっぱり違う二人の個性。なんといっても一番の差は、徳利(とっくり)になるかどうかである。

「イカ徳利」はあっても「タコ徳利」は聞いたことがない。しかしイカにできることなら、きっとタコでもできるはず。

目指すはイカタコ機会均等法。さあ、タコ徳利に挑戦だ。

趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。(動画インタビュー)

前の記事:川原に積まれた石の隙間に棒を突っ込んでハゼを釣る方法を学びたい

> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

まずイカ徳利とはなにか

そもそもの話になるが、イカ徳利とはイカを乾燥させて徳利の形にしたものだ。ようするに胴体を膨らませたスルメである。

日本酒の熱燗を注いでしばらく待つと、イカの旨味が染み出して、酒の味が変わっていくのが醍醐味。味が染み出る容器ってすごいな。ある意味、伝説の調理器具だ。

002.jpg
佐渡島のお土産に購入したイカ徳利。ゲソ付きだよ。
003.jpg
ただ干しただけではなく、製造途中で裏表がひっくり返されているようだ。

私もイカ徳利というものを概念としては知っていたが、実際に使用してみるのはこれが初めて。

燗酒を注いでしばらく待つと、確かにイカの味わいが染み出た酒になっていた。スルメと日本酒の組み合わせなので、当然うまいに決まっている。

時間と比例して味が変わる様は、樽で寝かせたウイスキーの変化を超早送りで体験するが如し。

004.jpg
安定性が悪いので、湯飲みに立てて使うのが正解(漏れてくる場合もある)。

そのままの感想になるのだが、イカの味がする酒なので、なんだかイカをしゃぶりながら酒を飲んでいるような感じがする。そこで付属のゲソを炙って食べながら飲むと、口内のイカ度はさらにアップ。

もうほかにつまみはいらない。「肴は炙ったイカでいい」、昭和の時代に歌われたこの名言の重みを、ようやく理解できた気がする。

そして何度かイカ味の熱燗を楽しんだあとは、焼いた徳利をつまみにしたイカ飲み第二部が開幕だ。

イカ徳利、想像以上にエンタメ度が高かった。今更ながら、大人になった気分が味わえるお勧めのアイテムだ。これぞ酒呑みの食玩。

タコ徳利を作ってみよう

いきなりタコ徳利を作るのではなく、まずはイカ徳利から自作してみたらどうだという気もするが、夏に釣れたタコがあるのでタコ徳利を作ってみる。今年はイカ釣りをしなかったのだから仕方がない。

ところで「イカにできることはタコにもできるはず」実験は私の中ではシリーズ化されており、前にタコで塩辛を作ったら(こちら)、そりゃもうすごい味だった。でも今回はタコ徳利は内臓を使わないので、きっと成功すると思うんだ。

005.jpg
材料は東京湾で釣ったタコ。

タコもイカも冷凍して味があまり落ちないのが共通の良いところ。タコを釣った夏に干すと腐ってしまう予感がしたので、乾燥させるのに適した冬まで冷凍庫で寝かせて、年末の時間があったタイミングで着手した。

乾きのよさそうな小型を選んで解凍し、内臓をとってからたっぷりの塩で入念に揉んで、ぬめりと臭みをしっかり落とす。

006.jpg
イカにあってタコにないもの、それは吸盤のギザギザ。

タコ徳利の制作における一番の難題は、頭(胴体)を膨らました状態で乾燥させること。何かを詰めればいいのだろうか。

イカ徳利業者は専用の型みたいなものを使うのだろうけれど、さてどうしよう。こんなときは100円ショップだと探してみたら、これだというものが見つかった。

それはバルーン、風船だ。こいつを洗ってタコの頭に入れて膨らました状態で干せば、酒がたっぷりと入るタコの干物になるのでは。

007.jpg
バルーンアート用らしい。これもある意味アートなので大丈夫。
008.jpg
タコの水分をよく拭き取ってから、風船をねじ込んで生臭い距離まで近づいて息を吹き込む。ちょっと恥ずかしい。
009.jpg
膨らんだらキュッと縛る。

よし、ちゃんと膨らんだ。けれどタコの頭って世の中にある人類共通のイメージよりも小さいですね。フグくらいプーっと広がるイメージがあったんだけどな。

タコは意外と頭が小さく、下半身(?)がしっかりしている。イカとはボディバランスがまるで違うようだ。これだと徳利というよりは湯飲みになりそうだけど、まあいいか。

010.jpg
なんだか赤ちゃんっぽい。フニャフニャな感じが。
いったん広告です

とにかくタコを干してみる

イカ徳利はゲソを外した状態で干すけれど、タコ徳利は丸ごと干してみようかな。足があってこそのタコだもの。

もう徳利型は諦めた。どうせなら足を生かした姿に干し上げようと、小型の洗濯ピンチで足を広げてぶら下げて、立体的に攻めてみようじゃないか。伝統的なタコの干物は平らな2Dばかりだが、2021年のタコ干しはとうとう3Dになったのだ。

011.jpg
なんだこれ。

クリスマスのちょっと前に干しはじめると、天気は快晴が続いてくれた。カラスや野良猫にも襲われなくてよかった。

「お正月にはタコ干して~」と歌いながら足の形を整えつつ、元旦を迎えてから取り込んだ。

012.jpg
もう一匹は、あえてストレートで干してみた。

こうしてできあがったものは、ちょっとしたエイリアンの干物だった。

これぞジャパニーズ・ジェニー・ハニヴァー、誰にでも作れる手作りUMAだ。

私は一体、何が作りたかったのだろう。

013.jpg
風船はちょっと萎んだが、十分にその役割を果たしてくれた。

ゲラゲラと笑いながら撮影をした。

正月の初笑いだ。なんだこれ。

014.jpg
みんなのイメージにある火星人が襲来したぞ。
015.jpg
裏側にすると、脳みその無い感じが最高。
016.jpg
急に走り出したタコ。
017.jpg
足が絡まって転んだタコ。
018.jpg
ザザーン。
019.jpg
大丈夫かー!
020.jpg
そして始まるタコの社交ダンス。

これは干しダコアートだ。知らないけど。

新春早々、おめでたいね。頭の中が。

いったん広告です

こうしてタコは柄杓になった

いつまでも遊んでないで、そろそろ試食しましょうか。

イカ徳利は焼かずに使うが、タコ徳利は手作りなので殺菌の意味も込めて、オーブンで炙ってから酒を注ぐことにした。

いや、この形だとお酒を注げないんだよね。

021.jpg
スルメとは違う香ばしさがしてきたぞ。

タコに合う日本酒はなんだろうと考えたのだが、そういえば能登半島の能登町で「竹葉 いか純米」という、海藻由来酵母を使ったイカに合う酒を買ってきたんだった。

イカに合うなら、きっとタコにも合うはずだ!

いやイカよりもタコの方が合う気さえする!

022.jpg
小麦色に日焼けしたタコが「イカのことは忘れて、俺の酒にならないか?」と絡む。
023.jpg
「おれはイカじゃないから、お前を入れる徳利にはなってやれないけんだ」と丼にそそぐタコ。そして酒が減って小さくなった酒瓶。
024.jpg
「だからこうして、頭からお前に突っ込ませてくれ!」
025.jpg
「……これでお前は今日から『たこ純米』だな」
026.jpg
グビグビ、うまい!

このように小芝居をしながらタコの柄杓で飲んだ酒は、旨味と塩気が染み出して、とてもまろやかで美味しかった。飲みにくいけど。

タコは多幸で縁起物。よい正月の一献になったと思う。

027.jpg
ストレートタイプだったら、より柄杓っぽい形なので使いやすいよ。

「新潟県沿岸部のとある集落では、稲刈りの時期に磯で獲ったタコを柄杓型に干しておき、年が明けるとそれですくったお神酒を飲むことで、一年間の『ご多幸』を願う」

そんな架空の年中行事を捏造したくなった。

028.jpg
フグのヒレ酒みたいに、干したタコを炙って熱燗に入れてもうまい。

一応結論をまとめると、タコは形状的に徳利にはなれなかったけど、日本酒との相性はイカに負けないくらいよかった。この勝負、引き分けだ。

タコの干物は初めて作ったけれど、酒器として酔狂を楽しんでもいいし、つまみとして食べてもバッチリ。肴は炙ったタコでもいいのだ。

029.jpg
ボトルキャップにも最適!
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ