ちょっと聞いてよ 2023年3月27日

たい焼き器で鯛を焼く

スーパーのキッチングッズ売り場に、家庭用のたい焼き器が売られていました。ぶっちゃけ、生活にどうしても必要なものじゃないよなぁ……とは思いつつ、一度気になってしまうと、買わずにはいられないのが僕という男。

えぇ、買いましたよ。

というわけでさっそく、鯛を焼いてみることにしましょう。

 

1978年東京生まれ。酒場ライター。著書に『酒場っ子』『つつまし酒』『天国酒場』など。ライター・スズキナオとのユニット「酒の穴」としても活動中。

前の記事:わたしの八宝菜


2種類の鯛料理を同時進行で

01.jpg
商品名「おやつdeっse II」
02.jpg
ホットサンドメーカー
03.jpg
スタイル

ホットサンドメーカーの料理への汎用性の高さは、もはや説明不要でしょう。このたい焼き器の、僕が愛用しているホットサンドメーカーと違う特徴としては、食材を焼くためのくぼみがふたつあること。ということは、2種類の料理を同時に調理できる?

そこで、

04.jpg
鯛の切り身をふた切れ

買ってきました。

で、

05.jpg
ひとつには塩をふり(たい焼き機に収まるようカットして)
06.jpg
もうひとつには小麦粉をまぶし
07.jpg
薄く油を塗ったたい焼き器へ

あとは、

08.jpg
弱火でじっくり蒸し焼きにしていきましょう

火加減などあまり難しいことを考えなくても、食材がふっくらと焼けるのは、ホットサンドメーカー全般に共通する利点。

09.jpg
5分後

うんうん、いい感じ。

ここで上下をひっくり返し、もう片面も5分ほど焼きます。
 

10.jpg
よし、火は通ったかな

そうしたらここで、小麦粉をまぶした鯛のほうにバターをのせて、醤油をかける。

11.jpg
つまり、塩焼きとムニエルの同時調理

最後は30秒〜1分ほどずつ、強火で両面を焼き、表面に焦げ目をつけていきましょう。

12.jpg
焼けた焼けた
13.jpg
いただきま〜す!

ちょっと小麦粉がなじみすぎ、ムニエルの見た目のムニエル感が薄くなってしまいましたが、塩焼きとバター醤油味、それぞれにめちゃくちゃうまいです。

14.jpg
身がほっくほくで最高
15.jpg
ムニエルのほう、ほんのりと鯛のしっぽの形が

というわけで、ふっくらと美味しく鯛が焼けるばかりか、2種類の調理を同時にできてしまうたい焼き器。もちろん鯛だけではなく、その他の魚や、肉や野菜を焼いてみたり、さらにはおやつのたい焼き作りに使ってみたりと、その応用範囲は無限大。一家に1台、いかがでしょうか?

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ