特集 2023年4月12日

夜でもOK!台湾高雄のハデ寺廟「元帝廟北極亭」

台湾の高雄という町には、「元帝廟北極亭」というド派手寺廟があります。

湖へ向かう桟橋の向こうにデーンとまします巨大な神さまの像。夜に行ってみると冠は光ってるし、中は全自動だし、ナイトスポットとしてのポテンシャルばっちりでした。ご利益にあずかっちゃいましょう。

大阪生まれの大学院生。工作や漢字が好きです。ほら貝も吹けます。先日、教授から「あなたは何を目指しているのか分からん」と言われました。

前の記事:台湾のお寿司はプチパラレルワールド~ほぼ同じだけどちょっと違う

> 個人サイト 唐沢ジャンボリー

夜市もいいけれど

2月の台湾一周の旅で立ち寄った南の町「高雄(カオション)」。

高雄は台湾の都市のひとつ。町の中心はめっちゃ都会です。

その日は夜18:30に到着しました。

台湾の夜といえば夜市ですが、台湾一周も後半戦、ほかの場所にも行ってみたい。そこで高雄の人気観光名所、「元帝廟北極亭」を訪れてみることにしました。

夜に発揮される威力よ

20:30ごろ、蓮池潭という大きな湖のほとりを一人でぽつぽつ歩いていると、

えっ・・・

なんということでしょうか。湖に伸びる桟橋の奥、五色に輝く神像が暗闇に浮かび上がっているではありませんか。非現実的すぎて、「あれ?わたし死んじゃった?」と思ってしまうことうけあいです。

橋の欄干もゴージャス。道教の神々がズラーっ

浮世からどんどん離れていくような気分で橋を渡っていき、

ついに対峙しました。

冠の石がカラフルな光を放っております。ありがたや・・・

とにかくデカい。22mもあるらしい。

こちらは「玄天上帝」という道教の神様。青龍・朱雀・白虎・玄武の四神のうち、亀と蛇が組み合わさった「玄武」が神格化された存在です。(日本では玄武自体がややマイナーですよね。)

私はちょっと前に「エイリアンvs関羽」という映画を見ました。

1976年の台湾映画です。(大阪アジアン映画祭ウェブサイトより引用)

町に現れた大きなエイリアンを、巨大化した関羽が倒すという痛快特撮映画。(関羽がビームなどではなく、武器でビシバシ打撃するのが印象深かった)

このどデカい神像はまさにその世界観。北極亭の像は関羽ではなく玄天上帝ですが、ジャイアントな神が何もかも救ってくれそうな気持ちになりますね!

いったん広告です

夜でも開いてる!

日本のお寺は大体5時には閉まります。台湾の寺廟も夕方に閉まるところが多いですが、

ここは夜も開いています。

Google情報によると、22:00まで開いているとのこと。2階に上がれば玄天上帝の体内を巡れます。

びっしり描き込まれた壁画、
寺廟でよく見る厄除けライトのタワーもありました。

日本のお寺の夜間拝観やライトアップは落ち着いた雰囲気を演出するものが多いですが、こちらの寺廟は昼と同じ熱いテンションでご利益を振り撒いてくれます。

⏩ 中は全自動!

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ