特集 2023年4月12日

夜でもOK!台湾高雄のハデ寺廟「元帝廟北極亭」

ほぼ無人

お寺の監視員っぽい人は入り口にいたけど、あんまり何にもしてなさそうです。ほぼ無人と言ってよいでしょう。

さて、寺廟をお参りする時のお線香や、あの世のお金として燃やす金紙はどうしたらいいのでしょうか。

お賽銭入れた後に各自でピックアップ。

台の手前のコンロで点火すればOKです。

これ自体は他の寺廟でも見られる自動システムですが、

ここはお守りでさえ無人販売。

性善説に基づく運営です。まあでも箱にこんなにいっぱい漢字が書いてあったら、なんか怖くて盗めないですよね。

もちろん、

おみくじだって全自動

日本でもおみくじの自販機はよく見かけますが、台湾にもありました。

台湾のおみくじは、ポアポエという赤い半月型の道具を投げて、神様からOKをもらったらそのあとに棒を引き、そこで出た数字の箱から結果が書かれた紙を取るという段階を踏んでからおみくじを引くことが多いです。長い道のり。

ここはもうコインを入れたら一発で結果がでます。うーん、スピーディー。

おみくじがストローのようなものに入っている(取り出しにくい)
結果は、おおむね小吉といったところ。

寺廟のおみくじには、あまり「大吉」「凶」のような全体評価はありません。個々の項目の結果に注目です。(とりあえず、農作物は豊作みたいです。やったー)

ニワトリが金の卵を産むおみくじマシンも!(やや割高で手が伸びなかった)
いったん広告です

楽しませようという心意気が満点

この北極亭、ほかにもワクワクさせるアミューズメントが豊富です。

垂れ幕のせいで一見ジュースが飲めるのかなと思ってしまう記念メダルの自販機もあるし、


 

ボワーと暗闇に光を放つ手相占い機、

 

大人気キャラクターのあやしげ子供向けマシンもあります。キティちゃんって孔雀ともコラボレーションしてるんですね。

インディーズの子供向けマシンは夜市にもよくあります。デザインやカラーリングに台湾の香りが立ち上りいい感じです。

動物たちもいました。

赤い花で申し訳程度に装飾された水槽には、
でっかい亀が。金網が亀甲文様ぽくて可愛いのですが、亀が見えにくい。
白蛇もまつられていました(たぶん剥製)

玄武が亀と蛇の組み合わせの神獣であることにちなんでいるのでしょうか?

あと、めちゃくちゃ鯉がいるプールも。

エサあげたいな〜と思ったら、

夜でも大丈夫!鯉のエサの自販機があります。鯉の体から出てくるエサを鯉に食べさせるシステム

まるで夜も安心のドライブインのようなホスピタリティ!

正直、お賽銭をいれたり遊んだりしてる人はゼロだったし、かくいう私も見てるだけだったのですが、こういう空間が存在してくれているというだけで、なんだか嬉しくなるのです。

旅館の薄暗いゲーセンコーナーをブラブラ歩く感じでしょうか。遊びはしないけど、「こんな古いゲームマシンがここに!?」「一体誰がこのスロットで遊ぶんだろう・・・」とドキドキワクワクするのと似た気持ちになれます。

⏩ 他にもナイスなスポットが密集

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ