特集 2023年12月2日

有名人と同じ高さの棒で身近に感じられる

アントニオ猪木×モハメド・アリ

いわゆる「猪木アリ状態」。寝転がる猪木(190cm※諸説あり)とアリ(191cm)

昨年、2022年に亡くなったアントニオ猪木氏。様々な猪木本を読んでいて印象に残るのは、やはり1976年6月26日に行われたモハメド・アリとの世紀の一戦。リアルタイムの熱気を感じることはできなかった1980年生まれの私ですが、今回遂にその機会が訪れました。 

猪木から見たアリは巨大な山のよう

あらゆる契約にがんじがらめにされ、マットに寝転がるしか方法がなかった猪木。当時は嘲笑の的になってしまいましたが、猪木目線で見上げるアリの恐ろしさを感じよく立ち向かったものだと思いました。
 

林さんがアリキックを仕掛けてきた!

逆にアリ目線で猪木を見下ろしていたら、林さんが棒でアリキックを仕掛けてきました。こちらはこちらで、地味に嫌な攻撃であることが理解できました。 

いったん広告です

舞の海関(シリコン前)

(左)シリコン前の舞の海関168cm(右)当時の身長基準173cm

戦う男といえば、舞の海関にもお越し頂きました。
当時の身長基準に満たず、頭にシリコンを入れて合格した話はあまりにも有名。なるほど、こうしてみると彼が「なんとかしよう」と大胆な行動に踏み切った心境が分かります。確かに足りないが、絶望的に足りていないわけでもない。 

いったん広告です

ビートルズ

私はエルヴィス・プレスリーに人生を捧げているのですが、それでもやっぱりビートルズの四人が横断歩道を渡るその瞬間は感じてみたかった。

1969年8月8日、アビー通りの横断歩道で繰り広げられたこの光景
(左から)ジョージ176cm、ポール177cm、リンゴ170cm、ジョン176cm

既に「感じる力」が相当高まっていた私と林編集長ですが、これは並べた瞬間「あっ!」と声が出ました。強烈にビートルズを感じたのです。

後ろに私が映り込んでいますが、これは少し前に「これはワシじゃ!」という記事で触れたポール・コールさん。この有名なジャケット撮影の現場を偶然目撃して映り込んでしまった人です(諸説ありますが)。 

たまたまこの現場に居合わせたという強運の持ち主

今回は、この男から見たビートルズも感じることができました。

ヤァ!ヤァ!ヤァ!
いったん広告です

ドラえもん

ドラえもん129.3cm。ドラえもんに無茶を言うのび太をイメージしてみました

前提を覆すようですが、有名人はどうしても身長の表記に揺れがあります。しかしアニメキャラなら、はっきりと身長が設定されている場合も多い。そこでドラちゃんに来てもらいました。

近くに感じてみて驚きました。意外に大きい!のび太が頼りにしたのはひみつ道具によるものだけでなく、やっぱりドラちゃんの存在感もあったんですね。

この写真を撮っている時、ドラちゃんの背後でジョンとポールとジョージが静かに見守ってくれていましたよ。

ジョンとポールとジョージに見守られることなんてありますか?
いったん広告です

そして趣旨はズレていく…

とにかく棒を伸ばすだけで良いので、続々と有名人を感じられます。

梅田花月最前列から見るオール阪神巨人。(左)巨人師匠184cm(中)センターマイク(右)阪神師匠161cm
橋本環奈さん152cm

そして当然のように、人間以外のものも感じてみる流れに。 

ダイオウイカ。2022年12月31日、福井県高浜町の海岸に漂着した個体(3.81m)
オスカー像(34.3cm)を感じながら、涙涙のスピーチ
FIFAワールドカップのトロフィー(36cm)を感じて歓喜の一瞬!

 え?「オスカーだなんだって、会ったことない人を身近に感じるって趣旨じゃなかったのかよ!」って?今すぐ178cmの棒を用意して、その横に立ってみて下さい。それが私です。それでもまだ…(以下略)


いかがでしたか?棒さえあれば、たった一日であらゆる世界の偉人や有名人、果てはドラえもんやダイオウイカと撮影し、オスカーとワールドカップを同時受賞できてしまう。これはとんでもない発見だと思いませんか?

勿論、棒の魔法は著名人だけに留まりません。Web会議でしか面識なかった相手や、マッチングアプリでやり取りしていた相手と実際に会うことになった時。事前に身長を伺って棒で慣れておく、なんて使い方も。今や棒はビジネスや恋愛の現場にも欠かせないものなのです。

皆さんも、今すぐ棒を買いましょう!レッツ・棒!

棒で家にビートルズもPerfumeも召喚できます

のぼり ポール 2.4m (2段伸縮)白 2本セット (P-13A)MTのぼりシリーズ

※このリンクからお買い物していただくとアフィリエイト収益が運営費の支えになります!

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ