あぶなく忘れるところだった平成を思い出す 2019年5月6日

レッサーパンダの風太君は今でも立っているのか

いまは息子のクウタくんが立っていました。

人間みたいに二本足で立つレッサーパンダとして、千葉市動物公園の風太君が人気者になったのは2005年のことらしい。

14年前の話である。

風太君は今でも立っているのだろか。見に行ってきた。

 

※この記事は2019年のゴールデンウィークとくべつ企画のうちの1本です。

1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。(動画インタビュー)

前の記事:ハトが選んだ生命保険を、ドローンで届ける?

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

駅を降りたら風太君

千葉都市モノレールの動物公園駅で降りると、すぐに風太君一家が仁王立ちで出迎えてくれる。といっても本物ではなくマネキンである。

001.jpg
風太君一家総立ち。当時をしらない子どもとか外国人が見たらなんだこれはと思うだろう。
002.jpg
風太です。

当時、二本足で立つレッサーパンダの風太君は人気者となり、テレビやCMなんかにもよく出ていた。おれだって基本二足歩行なのに、と、その人気を妬んだ人もいたのではないか。

ここ千葉市動物公園には、ゴリラもゾウもカンガルーもいるのだけれど、やはり今でもレッサーパンダは人気のようで、細かい雨の降る平日の午前中にもかかわらずレッサーパンダのいるゾーンにはひっきりなしに人が集まっていた。

003.jpg
オーディエンスが見つめる先にいるのは
004.jpg
クウタ君。

クウタ君は風太君の息子である。2008年生まれなのですでに立派な大人だろう。貫禄すらただよう毛並みである。

005.jpg
7頭の子どもたちとは現在別居中。おかげでこの広いスペースに一人。

そしてこのクウタ君の、壁を隔てた隣のスペースに風太君は暮らしている。

006.jpg
「落ち着いていない性格だったが最近では歳のせいか寝てるところも見られるようになった」。

説明看板の風太君は座頭市の頃の勝新太郎みたいな顔をしていた。これはさぞモテたことだろう。

そんな風太君は今でも立っているのだろうか。

風太くーん!

007.jpg
(はーい!)

寝てる

説明看板に書かれている通り、風太君は寝ていた。

2003年生まれの風太君は今年で16歳。人間でいうと70歳くらいらしい。若い頃はかたときも落ち着いていなかったというが、この日はしばらく見ていてもまったく起きる気配がなかった。

しかし雨の中2時間かけて千葉まで来たのだ、今でも立つという風太君が起きるのを少し待ってみたいと思う。立つまで待とう風太君、である。

008.jpg
風太君のブースを見守る場所にあるベンチで起きるのを待つ。その横には
009.jpg
ファミリーの像が。
010.jpg
ひときわ凛々しいのが風太君。
011.jpg
しかし本人は起きず。

しばらく待ってみてもまったく起きる気配がないので、雨宿りがてら売店へ行ってみた。

012.jpg
売店は風太君推しでした。
013.jpg
とにかく人気のレッサーパンダ。

 売店ではハシビロコウとナマケモノ、そしてやはりレッサーパンダが人気のようだった。売られているグッズのざっと半分くらいが今でもレッサーパンダ関連だ。

014.jpg
買った。

売店の人に聞いたところ、風太君は好きなエサがでると、今でも立ち上がることがあるのだとか。あれから14年間、ずっと立つことを期待され続けてきたのだろう。人間でいうと70歳である。もうわざわざ立たせなくてもいいじゃないか、とすら思った。

風太君、起きる

お土産を買って帰ってきたら、なんと風太君が起きているじゃないか。笹を食べているぞ。

015.jpg
風太君、起床。
016.jpg
勝新ばりの眼光の鋭さはいまでも健在。
000.jpg
風太君の見つめる先には立つクウタ君が。

風太君はうまそうに笹を食べながら壁の向こうにいる息子と目を合わせ、のっしのっしと威厳のある歩きで雨宿り場へと入っていった。

017.jpg
そしてまた寝た。

立っても立たなくても風太君

レッサーパンダは脚の構造上、風太君でなくても立つことができるのだという。

しかし平成を生きた僕たちにとって、立つレッサーパンダといえば風太君だし川に現れたアザラシといえばタマちゃんなのだ。ぜひこれからも気が向いたら立ち上がったりしながら、人気者として元気に暮らしていってもらいたいと思いました。

last.jpg
僕のおすすめはゴリラ。

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓