特集 2022年2月17日

レイチェルクーのチョコミントがそのまんますぎるので真似する

料理番組で、ミントの葉っぱに溶けたチョコをかけてチョコミントを作っていた。知ってるチョコミントと違って驚いたので、真似してみた。

1976年茨城県生まれ。地図好き。好きな川跡は藍染川です。(動画インタビュー)

前の記事:紫色+黄色は本当に赤か(デジタルリマスター)

> 個人サイト ツイッター(@mitsuchi)

チョコミント = ミントのチョコがけ

NHKでやっているBBCの番組が好きでよく見ている。その1つに、レイチェルクーという料理家が各地の生産者のもとを訪れて直接素材を手に入れては料理をする番組がある。

先日はチョコレートの料理を作っていた。「チョコミントを作ります」というので、よくある緑色のチョコを作るのかと思っていた。

チョコミント画像検索.jpg
「チョコミント」のグーグル画像検索結果より

こんなやつを想像していたのだ。そしたら、作っていたのはこんなのだった。

Eテレ「レイチェルクーのチョコレート」2月3日放送分より

チョコレートを溶かして、ミントの葉っぱをそこにくぐらせて、冷やすのだ。これを小さい頃からよく食べていたという。

いや、初めて見た。チョコミントだけれども。これ以上ないくらいにチョコミントだけれども。

冷蔵庫で冷やして固まったチョコミントを食べて、レイチェルはおいしいおいしいと言っていた。チョコミントってこういうものだったのか。

真似して、他の葉っぱでもやってみる

「チョコミント」でどれだけ調べても、これと同じものが全然出てこない。どんな味なのか気になってしかたないので、作ってみることにした。

まず、溶かすための「ダークチョコレート」を買ってくる。レイチェルがそう言っていたのだ。

デパートに行き、「クーベルチュールチョコ」のカカオ58%というのを買ってきた。製菓用材料売り場で、お店の人に相談したのだ。

「チョコを溶かして、ミントの葉っぱをくぐらせたいんです」

お店の人は「あー、それなら」という反応だった。もしかしたらよくあるレシピなのかもしれない。お菓子界の広さを感じた。そしてこのチョコをお勧めされたので、100グラム買った。

そして葉っぱも買ってきた。ミントはスペアミントというやつ。

その他、バジルやシソなども試してみることにした。それぞれ単体で食べればおいしいことは分かっている葉っぱたちだ。チョコがけにしてもおいしいんじゃないだろうか。

テンパリングする

そしてチョコレートを溶かす。ただ溶かすだけでなく、温度を上げ下げしてツヤツヤにするのだそうだ。テンパリングというらしい。

チョコを湯煎して、ぜんぶ溶けたらお湯から下ろして冷ます。28℃まで下がったら再び31℃まで温めたら終了とのこと。

「テンパリングは簡単に言うと、チョコの分子を並べ直す作業」

とレイチェルは言う。

分子は並べ直されたのだろうか。分からないが、ツヤツヤにはなった。あとはここに葉っぱたちをくぐらせる。

ミントたち
そしてバジルにシソ

色ツヤはなんかそれっぽくなった。果たしてそれぞれおいしいだろうか。冷蔵庫に入れてしばらく待つことにする。

いったん広告です

食べてみる

 2時間ほど経って十分冷えたと思うので、いよいよ食べてみる。

ミント

まずは問題のチョコミントだ。感想はこんな。

・ミントが鮮烈。最初チョコだけどそのあと圧倒的なミントが押し寄せてくる。
・ふだん食べてるチョコミントはミントがだいぶ弱められてることが分かる。
おすすめ度 ★★★☆☆

ふだんのやつがチョコ8ミント2だとすると、これはチョコ2ミント8という感じだ。

しかしまあ、ミントが鮮烈すぎる。レイチェルはこれを普段から食べてるから慣れてるのかもしれないが、もうちょい弱いほうが好みだ。レイチェル家の日常に想いを馳せる。

その他の葉っぱたち

ミントについては分かった。ほかの葉っぱたちも試してみる。

左からバジル、シソ
左から、パクチー、ルッコラ、パセリ。
この3つはチョコがけ前の姿を

結論としては、おいしいと思ったのは「タイム」だけだった。

タイム:おすすめ度 ★★★☆☆

タイムがあることによってチョコが大人な香りになる。オシャレな感じで、これはアリ。

チョコとタイムを一緒に食べることでおいしくなる。その他の葉っぱは、むしろ別々のほうがおいしいと感じた。

それぞれ一言ずつ感想を紹介したい。

basil-75.jpg
バジル。おすすめ度 ★★☆☆☆
面白い。はじめて食べる味。でもおいしいとは違う。
siso-75.jpg
シソ。おすすめ度 ★☆☆☆☆
あまりにもシソ。合わない。でもチョコがあついところだとうまい。チョコの量が重要。
pakuchi-75.jpg
パクチー。おすすめ度 ★★☆☆☆
うまい。ただしパクチーであることがわからない。相乗効果でうまいわけではない。
rucola-75.jpg
ルッコラ。おすすめ度 ★☆☆☆☆
ルッコラはおいしいのに、チョコと一緒だと薬っぽくてまずい。ルッコラないほうがチョコとしてうまい。
parsely-75.jpg
パセリ。おすすめ度 ★☆☆☆☆
力なく笑う感じ。どうしようもなくパセリ。パセリの青くささ全面にくる。チョコがじゃま。
chervil-75.jpg
チャービル。おすすめ度 ★★☆☆☆
水菜みたいにクセがないので食べやすいが、チョコと合わせなくていい。
dill-75.jpg
ディル。おすすめ度 ★★☆☆☆
チョコの香りが強くて、ディルは食感くらいしか感じない。チョコをうすーくするとディルがやってくる。バランスが重要。

試してみて分かったのだが、チョコと葉っぱのバランス、そしてそれぞれの量そのものがむちゃくちゃ大事だ。

ミントの感想で「ミントがきつすぎる」と書いたが、それは番組の真似をして大きい葉っぱをまるごと食べたからで、小さい葉っぱで改めてやってみたら、アリかもと思った。

タイムにしても、少しづつかじったからおいしかったのであって、丸ごと食べたら少しきつかった。簡単な見た目をしていたので忘れていたが、これはやっぱりお菓子なのだ。であれば材料の分量が大事なのは当たり前だった。基本は大事だった。

 

まとめ

チョコミントってこういうものだったのか、という驚きが動機だったが、なんでもやってみると気づくことがある。

「チョコミント」以外にチョコと葉っぱとの組み合わせを聞かないのには理由があったということだ。葉っぱのなかではダントツにミントが合う。余計なことをせずに、チョコだけ、葉っぱだけのほうがおいしい。

そして、溶けてツヤツヤになったチョコがきれいだ。チョコを溶かすみたいな、見たことはあってもやったことがないことは他にもたくさんある。たまにふだんと違うことをやるのも楽しいものだなと、本題と違うけど思った。

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ