特集 2021年3月5日

これがウィズコロナのロボット相撲だ!ソーシャルディスタンス・ヘボコン レポート

昨年から今年にかけて、新型コロナウィルスの影響で多くのイベントが中止になった。

デイリーポータルZが主催しているイベント「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」も同じ状況で、昨年の本大会はオンラインになり、いくつか中止になった大会もあった。

毎年、長野県の佐久市こども未来館で開催している「ヘボコン in 佐久」も今年は中止かなー、と思っていた矢先だ。館長のなおやマンさんより連絡があった。

「コロナ禍だからこそできるイベントをやりましょう。ソーシャルディスタンスヘボコンとかどうですか!」

そうきたか。その気概、買わざるを得ない。

>>ヘボコンの最新情報はこちらから!ヘボコンFacebookグループ

インターネットユーザー。電子工作でオリジナルの処刑器具を作ったり、辺境の国の変わった音楽を集めたりしています。「技術力の低い人限定ロボコン(通称:ヘボコン)」主催者。1980年岐阜県生まれ。(動画インタビュー)

前の記事:写真たてのデフォルト写真しらべ(デジタルリマスター版)

> 個人サイト nomoonwalk

そもそもヘボコンとは何ぞや?という方はこちらをご覧ください。ロボットを作る技術も才能もない人たちが、持ち寄った自称:ロボットで無理やりロボット相撲をするイベントです。 

ロボットもソーシャルディスタンスの時代

とはいえロボット相撲だ。ぶつかり合ってなんぼの競技である。
ロボット間の距離を保ちつつ、押し相撲を行うなんてことは可能なのだろうか。

これについては検討に検討を重ねた(約15分ほど)末……

bou.jpg


最も原始的なソリューションで解決することにした。ロボット間を棒でつなぎ、棒ごしに押し合うのである。綱引きの逆バージョンだ。

oshi.jpg
実際の試合の様子

これでソーシャルディスタンスを保ち、大切なロボットのウィルス感染を予防することができる。(情報セキュリティの話に聞こえるかもしれませんが感染症対策の話をしています)

ロボットバトルにソーシャルディスタンスの要素を取り入れた、おそらく世界初の大会だったに違いない。

さらに感染予防策としてこんなルールを用意した。

kenon.jpg
試合前にロボットの検温を行う
shod.jpg
消毒液により相手のロボットを消毒(という名目での妨害)することができる

完璧な対策である。かくして「ソーシャルディスタンスヘボコン in 佐久」は開催されたのだ。

ちなみに開催日は昨年12月、緊急事態宣言発令前の話である。あと1か月遅かったらこれも中止になっていたかもしれない。危ない危ない…。

ルールを読まない参加者たち

そういうわけで今回は変則ルールで開催された。そのルールはもちろん出場者募集の時点で通知されており、当日急にアナウンスしたわけではない。

chira.jpg
参加者募集チラシより。矢印のところ

しかし、やってきたロボットといえば、こうである。

kuaw.jpg
クワガタタイプ。正面のクワで相手を挟みこむ作戦だが、ソーシャルディスタンスのせいで届かない。(クワガタフォーク(チェーンソー))
suku.jpg
相手の機体の下に潜り込み、すくいあげるタイプ。これも届かないな。(タイプスクレイパー(JK))
shi.jpg
こちらは相手の攻撃を受け止めるシールドがついたタイプ(右が正面)。これも相手が直接攻撃してこないので意味ない。(YYH(YYH))

全体にルールを読んでないのである。イベント名の時点で「ソーシャルディスタンス」を冠しているのに!なんだと思ったんだ!

このように、ヘボコンの出場者は、人間力とか集中力とか、いろんなものが低い。ヘボコンの正式名称は「技術力の低い人限定ロボコン」だが、実際には低いのは技術力だけではない。人間の持ちうるさまざまなな頼りなさを集めた見本市みたいなイベントなのだ。

いったん広告です

検温による敗北

冗談でアナウンスしていたルール「ロボットの検温をする」だったが、ふたを開けてみると意外な展開を見せた。

まず、体温計ではロボットの温度を測れないのだ。

aha.jpg
あ、測れねえ!の瞬間

この手の体温計はおおむね計測可能範囲が32度以上らしく、ロボットは平熱=室温なので測れないのだった。

仕方がないので測定不能を表す「Low」表示が出たら平熱とみなすことにした。今後ロボットの入場を受け付けようと思っている施設職員の方は、留意しておいてほしい教訓である。

また、中にはこんなロボットも登場。

lv.jpg
測ってみると……47度を超えるアツアツ!!(メカ浅間山2号(伊賀屋))

 

47.jpg
サーモグラフィーの画面で見ても赤を通りこしてこの白さ!

「体温測定しますよ」とアナウンスすれば、しっかりアツアツにして持ってきてくれる出場者。冗談のコール&レスポンスとしては素晴らしかったが、なにぶん出番が一回戦の第一試合だったため、オーディエンスを大いに戸惑わせることになった。

よみがえる企業スキャンダル

全ロボット中もっとも目立っていたのは、こちらの機体だ。

DSC07848.jpg
ベールをかぶったこのロボ

とにかくでかい。ヘボコンはXY方向には各50cmのサイズ制限があるが、高さ方向には制限がない。そのためたまにこういった高身長のロボが登場する。ただ、今回はでかいだけではなかった。

ベールをはいで現れた、その正体は……

DSC07884.jpg
茅場町タワー旧山一證券本社ビル!!

一応説明しておくと、かつては日本四大証券会社の一つであったが、不正会計事件を経て1997年に自主廃業した、あの山一證券である。

なぜいま、2020年にこのチョイスだったのか。

これが対戦したのが新型コロナにちなんだこのロボ。

DSC07876.jpg
ウィルス戦車(コロナ)

カラフルなコロナウィルスが満載なのがお分かりいただけるだろうか。ヘボコンにおいて生物をロボットにしてはいけない規制はあるが、発射武器としての生物兵器は禁止されていない。ルールの盲点だった。

しかも、このコロナウィルスがビカビカ光る。

現在進行形の時事ネタと、25年前の時事ネタ。この戦いは筆者とともに司会をつとめた編集部の古賀により『時空を超えたニュース7』と評された。

7.jpg
コロナ vs 山一證券。このあとコロナが普通に馬力勝ちした

コロナと日本

さてここで、本大会を語るには欠かせない、一台のロボットを紹介しよう。

DSC07879.jpg
その名も、救世主(日本)

日の丸に手を載せ、本人はペスト医師のかっこうで登場というこのロボット。一見不気味すぎる見た目だが、これこそが我々、日本国民に差しのべられた救済だったのである。

mask.jpg
アベノマスク!!

第1回戦、救世主は昨年政府により全国民に配布されたマスク、通称「アベノマスク」を携えて登場。
試合ではアベノマスクを敵機にぐいぐい押し付ける形で相手を押し出して、勝利。

そして2回戦で再登場。またアベノマスクが登場するかと思いきや…

10.jpg
こんどは10万円!!

そう、特別給付金だ。このロボット、日本政府のコロナ対策を体現しているのである!

ちなみに2回戦の対戦相手は100均の材料でできた庶民派ロボ。そこへ10万円をねじ込むことで、政府から庶民に救済が与えられた。

そして3回戦。

tii.jpg
プレミアム付き商品券

昨年の夏から秋ごろにかけて多くの自治体で発行されたプレミアム商品券である。

これまでヘボコンに登場した多くのロボットは、必殺技を携えてやってきた。しかし今回初めて、経済政策を携えたロボットが登場したのである。
そして圧倒的なキャタピラの馬力で敵を押し倒していくのである。何が起きているんだこれは。

そして舞台はいよいよ決勝戦に。いまだやまぬ感染症の脅威に、日本政府が持ち出した切り札とは…!?

wak.jpg
ワクチン!ワクチンです!!!

ここへきてついに、一時しのぎの経済対策ではなく、抜本的な感染症の殲滅……ワクチン接種がもたらされたのだ。

決勝戦にしてこのドラマチックな展開に、会場は沸いた。沸いた、が、政府の手がワクチンを授けようとしているその相手は……

kw.jpg
ク、クワガタ……!

先の「ルールを聞いていない」のところでも紹介した、クワガタのロボである。

この後、救世主の勝利とともにクワガタにワクチンが授けられ、無事新型コロナとの戦いは終結を迎えたのである。

コロナ対策の名を冠した大会に集まった我々。そこでたどり着いたのは、新型コロナにクワガタが勝利した世界線であった。人間ではなく……。

こうして、感染症により滅ぼされた人類に変わって、クワガタによる新たな文明が築かれることになったのである……。
 

いったん広告です

名試合3戦

というのが本大会のおもな見どころであったが、なんといってもロボットバトル大会なのである。試合の様子も見ていただかなくてはなるまい。
今回特に印象的だった3戦をご紹介しよう

 YYH(YYH)vs かもつくん(チームラボ)

DSC07860.JPG
YYHは、先の「ルールを聞いていない」のところでご紹介した、シールド搭載のロボ

このロボ、ソーシャルディスタンス棒のことを知らずに直接攻撃に備えてきたわけだが、実は実践においては、それが意外にも功を奏したのだ。

対戦相手はこれである。

DSC07856.JPG
2回戦で救世主に倒された、かもつくん。なおチームラボというチーム名だが、あのチームラボとは無関係である

 

1-1.gif
ディスタンス棒は根元が関節になっているためグニャグニャ曲がるのだが、シールドのふちに棒をひっかけることでその角度を固定した!
1-2.gif
そのまま棒を振って相手の機体を土俵際すれすれまで追い込む!
1-3.gif
……も、最後は逆転負け

シールドをうまく使って棒をコントロールしたのだ。

もし、ちゃんとルールを読んでいたら、こんなシールドは搭載しておらず、相手を追い込むことすらできなかったかもしれない。

ヘボから生まれた奇跡の戦略であった。(結局負けたけど)


他力本願ブラザーズ(信州ヘボラボ2)
vs
クワガタフォーク(チェーンソー)

ヘボコン名物、作戦が功を奏さなかった試合である。

功を奏さなかったのはこのロボット。

DSC07871.JPG
足回りにプルバックの車(チョロQ的なやつ)を使用している

このロボット、試合の時はゼンマイを巻いて発射するのではなく、ただフィールドに置かれる。

え、じゃあどうやって走るの?というと、相手に押されることでバックするのでゼンマイが巻かれるという作戦だ。相手の力を自分の推進力に変えて、一気に巻き返すのだ。

DSC07858.JPG
対戦相手は、本記事3度目の登場、クワガタフォーク。幸か不幸か、押す力はかなり強い

さあ、うまくいくのか!?いくのか!?(いかなそー)

 

2.gif
1.5秒で押し出された

完全に予想通りの展開であった。

本人は、「冬の信州なのにノーマルタイヤできちゃったのが敗因」と語る。たしかにグリップ力のあるタイヤで挑めばちょっとはゼンマイが巻けた可能性はある。勝てた可能性はなさそうですが……。

 

ミスタースクレイパー(スクレイパーシスターズ)
vs
即席ロボ(即席ロボ)

最後に、ソーシャルディスタンスヘボコンの根源を覆す、「密」の発生した危険な試合についても。

こちらのエアクッションを使った長身のロボと、すくいあげタイプのロボの対決。

ins.jpg
即席ロボのエアクッション部分は左右に回せる。ルールを決めた時点で「回転機能のあるロボは棒ごと相手を振り回せて強いのでは」と考えていたが、その通りのマシンが出てきた
DSC07890.JPG
一方、ミスタースクレイパーはソーシャルディスタンス完全非対応、すくいあげタイプ

 

3-1.gif
すごい量の消毒液を噴霧し妨害するミスタースクレイパー
3-2.gif
そのアルコールで滑ったか、ディスタンス棒のついた頭部が取れてしまう即席ロボ

 

3-3.gif
直接の押し合いとなり密が発生!体当たりの押し相撲で即席ロボが勝利

全身にアルコールを浴びながら突進し、密着そして濃厚接触を経て敵をなぎ倒す。ロボットバトル的にも感染症的にも、すごいパワープレーを見た気がした。

最後に、各賞に輝いたロボットを紹介してレポートを締めくくりたい。

準優勝 クワガタフォーク(チェーンソー)

DSC07858.JPG
見た目のわりに強いなーと思っていたら、重量制限ギリギリまでおもりが詰まっている超重量級ロボだったと大会終了後に判明

優勝 救世主(日本)

DSC07879.jpg
かと思いきやこちらもギリギリまでおもり搭載。ヘボコンの必勝法がわかってしまった気がする……

審査員賞:DPZ賞
他力本願ブラザーズ(信州ヘボラボ2)

DSC07871.JPG
まったく功を奏さなかった作戦をたたえ、贈呈。贈呈してから気づいたけど実は二年連続だった

審査員賞:なおやマン賞(館長賞)1
メカ浅間山2号(伊賀屋)

lv.jpg
ロボットを検温するという冗談にバッチリ乗っかってきた抜け目のなさもさることながら、47度と思った以上の高温を叩き出した点も評価され受賞

審査員賞:なおやマン賞(館長賞)2
みかんくん(チームみかん)

DSC07867.jpg
どでかい主砲を積んでいる…かと思いきや万華鏡で、しかも回る。相手のロボにきれいな模様を見せてくれる心優しさと、みかんの可愛さで受賞

最ヘボ賞
茅場町タワー旧山一證券本社ビル&ギャバンの車

DSC07884.jpg
作者は山一證券をリアルタイムで体験していない十代男子。なぜこれを作ったのか聞いたところ、「さいきん山一證券の本を読んだから」とのこと。「読んだ」から「ロボットを作る」までの距離よ

 

gab.jpg
記事序盤では紹介しそびれたが、サブ機としてこの「ギャバンの車」も登場。圧倒的にプリミティブな造形に心打たれた

NHKにでた

ビカビカに光るウィルスがばらまかれたり、クワガタに文明が託されたり、もう全編ブラックジョークみたいなイベントになってしまったが、前述のとおりこの日はNHKが取材に来ていたのだ。

その記事と動画がこちら。

空き箱などで作ったロボット「ヘボコン」相撲大会 長野 佐久

完全に地域のほのぼのイベントとして紹介されていて、公共放送の圧倒的な毒抜き力を思い知った次第である。

 

>>ヘボコンの最新情報はこちらから!ヘボコンFacebookグループ

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ