ちょっと聞いてよ 2022年8月17日

【韓国ヤクルト】シッケとスジョンガを飲んでみた

韓国の伝統飲料、「シッケ」と「スジョンガ」。明らかにヤクルトではなさそうなそれらの味はいかほどか。

日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの花屋。花を売った金で酒を買っている。

前の記事:一番いいものを送れるのは誰だ!?レターパックで〇〇送れ選手権

> 個人サイト はてなブログ

ある日、輸入食材店を眺めていたら「韓国ヤクルト」とPOPに書かれた飲み物を見つけた。

IMG_0812.jpg
その名もシッケ(左)とスジョンガ(右)。

238mlという絶妙なサイズで、1缶88円。安い。

その場で「シッケ とは」というやや知能の低いワードで検索してみたところ(湿気取りについてのサジェストをされた)、どうやら「シッケ」と「スジョンガ」の別名が「韓国ヤクルト」なのではなく、韓国ヤクルト株式会社が手がけた、韓国の伝統飲料の缶入りバージョンなのだそうだ。ヤクルトが海外進出していたことすら初耳である。

ヤクルトが手がけるからには、乳酸菌飲料なのだろうか?と思い、成分表を見て驚いた。

IMG_0815.jpg
製品名:甘米汁

まずこの製品名の時点で、我々が知るヤクルトとは遠く離れた位置にいる何かだということは分かる。

原材料は麦芽エキス、砂糖、米、麦芽糖、生姜エキス、シトラスエキスパウダー、さらにおまけの甘味料(ステビア)。

IMG_0817.jpg
スジョンガはもっとすごい。原材料はシナモン干し柿混合抽出液、砂糖、生姜抽出液、黒砂糖、甘味料(ステビア)。

シナモン干し柿混合抽出液…?スジョンガは乳酸菌飲料どころか、シッケの仲間ですらないのか?

シッケもスジョンガも全く未知の飲み物だが、海外のローカルドリンクには興味がある。さっそく1本ずつ買って、冷やして飲んでみることにした。

 

IMG_0813.jpg
まずは、シッケからいただきます。
IMG_0820.jpg
「ヤクルト」の先入観があるため、この色すら新鮮で面白い。

匂いはかなり独特だ。オートミールにシュガーシロップをかけて水で薄めたような…これから酒でも仕込むのか?といった印象の香り。

IMG_0824.jpg
味わってみる。甘い!!!

想像の5倍くらい甘かった。確実にヤクルトではないが、これに近い飲み物を飲んだことがある。沖縄の「ミキ」だ。

DSC06000.jpg
これが「ミキ」(鶴見リトル沖縄さんぽ より)

ミキも「飲む極上ライス」の名前の通り、甘いお粥のような味だが、このシッケはミキよりも相当甘く感じる。ゴクゴク飲めるタイプの飲み物ではない。

IMG_0825.jpg
よく見たら「Feel the Sweet」と書いてあった。しっかり感じてます、Sweet。

調べたところ、シッケはもともと炊いた米に麦芽水、砂糖などを入れた飲み物だそうだ。麦芽水が入るということは酵素で澱粉が分解されるだろうし、砂糖を追加しているのはアルコール発酵のためであるような気がする。つまり「これから酒でも仕込むような味」というのはあながち間違っていない。

 

IMG_0816.jpg
続いてスジョンガ。シナモンと干し柿の成分が入っているとのことで、こちらの方が気になるが……
IMG_0827.jpg
赤い!そして強烈なシナモンの香り。

海外のお菓子によくある、一切の妥協を許さないあのシナモンの香りだ。干し柿の香りは…ちょっとシナモンの存在が大きすぎて見つけられない。

IMG_0828.jpg
こちらもかなり甘い。が、シナモンが強いので、シッケよりも全体のバランスはいい気がする。遠くに生姜の風味も感じられる。

スジョンガとは、もともと韓国ではお正月に飲む伝統茶で、シナモンと生姜を煮出して、干し柿を入れていただくものだそうだ。薬効もありそうで興味深い。

 

缶入りのシッケとスジョンガは、甘い飲み物があまり得意でない筆者にはちょっと甘すぎたが、本場で手作りの味を飲んでみたくはなった。

少なくとも日本にある飲み物とは(ミキを除いて)完全に別物だ。見かけたら、一度試してみてはいかがだろうか。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ