デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

特集


はっけんの水曜日
鶴見リトル沖縄さんぽ



タマちゃんはいません。

うすあまいミキ。

カモメはヨコハマのシンボルでもある。

鶴見川をながめながら

鶴見駅に帰る途中、鶴見川で休んだ。

自動販売機で買ったミキを取り出す。
ミキは、甘酒の発酵する前の状態を飲む飲み物で、甘いお餅のような味だ。名古屋のウイロウにも似ている。
沖縄で飲んだ時、とても美味しかったので、思い出して買ってみたのだ。

プシュ。プルを押して開ける。
ごく。
……あれ?
思ったほど、美味しくなかった。
いや、好きな味ではあるのだけれど、「おいしーっ」という感じはしなかった。

「これはきっと、沖縄で飲むとすごく美味しいんだろうなあ。オリオンビールも、沖縄で飲んだほうが、美味しかったもんなあ……」
そう考えながらぼーっとしていたら、ひとりの男が、カモメにえさをやり始めた。

さすが横浜、海が近いせいか、川っぺりにカモメがスイスイ泳いでいる。
男がポップコーンを投げると、あっというまに、たくさんのカモメが集まった。エサを投げるたびに、キョキョキョ、グエグエグエ、と嬉しそうに騒いでいた。

「横浜はいい町だなあ。でも沖縄出身の人は、沖縄に帰りたいって思うのかなあ」
埼玉の何にもない町出身の私は、とくべつな故郷を持った人たちの気持ちを想像してみたけれど、サッパリ分からなかった。



いろいろ買ってしまいました。

そんなわけで、今回は昼に散歩してしまいましたが、鶴見沖縄ストリートの魅力は、本来は夜にあるんじゃないかと思う。
点在する沖縄料理店からは、沖縄民謡が聞こえてくるそうだ。ああ泡盛飲みたかった………今度は、夜に行ってみたいと思います。

参考:鶴見区沖縄関連リンク

横浜鶴見沖縄ストリート(「かりゆしどっとねっと」内)

鶴見の沖縄・南米料理(「おうさる.com」内)

リトル沖縄で呑む(「あそばナイト」内)

横浜市鶴見区役所


< もどる ▽この特集のトップへ


▲トップに戻る 特集記事いちらんへ
 
 



個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.