はげます会限定記事(途中から有料) 2022年3月15日

食品パッケージにいるシェフ慎ましさ選手権

遠慮がちなシェフの顔について考えました

食品パッケージにシェフの顔がある。

腕組みをしてバーンと載っているイメージがあるが、そういうタイプではない、慎ましさを感じるシェフもたくさんいた。慎ましさの側面からパッケージのシェフたちを見てみたい。

※この記事は「デイリーポータルZをはげます会」の会員専用記事です。途中から有料になります。

1987年東京出身。会社員。ハンバーグやカレーやチキンライスなどが好物なので、舌が子供すぎやしないかと心配になるときがある。だがコーヒーはブラックでも飲める。動画インタビュー

前の記事:徳を積む


パッケージのシェフを、慎ましさの側面から見てみたい

食品パッケージにシェフの顔がある。

001.jpg
こういうのだ。

「前に出過ぎではないか」「いいから食べ物を見せてくれ」「でもなんか気になるよな」

頭の中でこんな独り言のセットを繰り返してきた。デイリーポータルZではこういったパッケージを「顔ジャケ」と命名し長く収集してきたコレクターの永井ミキジさんを2度取材している。

顔ジャケラーメン試食会
10年後それでもミキジさんは顔ジャケラーメンを集め続けていた

拝見すると、腕組みしてバーンと載っているイメージがあるが、中には慎ましさを感じさせるものもある。

デザインの都合だろうか。顔を載せたいんだけど他の情報も捨てがたい。シェフ本人も目立ちたい方ではない。その結果生まれた「慎ましい顔」がある。

シェフの顔パッケージを慎ましさの側面から見てみたい。

まずイメージ通りの顔つきパッケージから

001a.jpg
近所のスーパーをうろうろして14種類の顔を集めてきた。

ギラギラしているものと慎ましいものを分ける。ギラギラが5個、慎ましいものが9個あった。

なんと慎ましいシェフの方が多いのだ。全員が全員、腕組みしてバーンといるわけではなかった。目立つから多く感じていただけなのかもしれない。目立つシェフの陰にたくさんの物言わぬシェフ、サイレントマジョリティがいたのだ。

001b.jpg
まず慎ましくないものから。やはりラーメンはこうだ。

腕組みをしてこちらを睨んでいる。味に自信があるのだ。「食ってみろ」ということなんだろう。

001.jpg
そして冒頭に紹介した、特に慎ましくないこちら。茂出木シェフって三代目なんですね。
002.jpg
もうしゃべってるもんな。

どういう感情の回路か分からないが、この方の顔を見ていると「味の濃いものでも食べてみようかしら」という気持ちになってくる。パッケージとして成功していると思う。

003.jpg
カレーにもいた。こちらは若い頃の茂出木シェフだろうか。
004.jpg
シェフの名前がお店のロゴっぽくデザインされている。
005.jpg
いきなりステーキの創業者の方もバーンと載っていた。
006.jpg
ソースにもいる。

ちょっとボヤけているのは意図的なものか分からないが、こちらも食べ物がおいしそうに感じてくるから不思議だ。「人に作ってもらったご飯っておいしいよね」という食にまつわる根源的な感情を刺激されているのかもしれない。

慎ましいシェフたち

そして次から慎ましいシェフの方々である。まず慎ましいと感じたポイントだが、こちらの4点にまとめられると思った。

  • 小さい
  • 正面を向いていない
  • 正面にいない
  • 慎ましい表情

ここからはパッケージを見ていき、上の4つのポイントがいくつ入るかで競っていきたいと思います。


会員でないかたはここまでです。

慎ましいシェフたちにご興味のある方はどうかはげます会にご入会ください。 → 入会ご案内
もう入っているかたはこちらからどうぞ。 → 続きを読む

シェフにも課金にも興味ないかな~という方もここはひとつ、どうか、はげます会の名前だけはおぼえて帰ってください。→ はげます会とはいったい何なのか

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ