特集 2019年1月21日

サッポロ一番塩らーめんで作る、捕まえて食べる季節のラーメン

サッポロ一番、海苔ラーメン、茸ラーメン、鰹ラーメン、蟹ラーメン、墨ラーメン。

その辺の海や山へフラフラと出向き、場所や季節に応じた食材採集を趣味にしている。ターゲットは自分で獲らないと食べられないもの、買おうとすれば結構高いもの、逆に買うと悲しい程に安いものなど様々だが、どれも自らの手で採取して食べるという流れがとても楽しい。

2018年のデータ整理をしつつ獲ったものを見返していたところ、サッポロ一番塩らーめんに入れて食ベることが多かったので、野趣あふれるインスタントラーメンを振り返ってみたいと思う。

趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。

前の記事:多摩川で七草摘み、東急沿線なら十九草を摘めるはず~東急沿線さんぽ

> 個人サイト 私的標本 趣味の製麺

新春は海苔を摘みました

2月初めの大潮の日、漁業権の設定がないとある海へ、潮が一番引くタイミングで海苔摘みにやってきた。

2007年という遥か昔、当サイトで記事にした楽しい磯遊びである(こちら)。摘むと言ったらお茶よりも海苔だ。

002.jpg
海辺でしか会うことのない、mixiを通じて出会った友人達と久しぶりの再会。

ここは前に海苔を摘んだ場所とは違うところなのだが、なんだか海苔がセロファンみたいにモサモサしていた。

003.jpg
この黒っぽいのが野生の海苔。なんだかモサモサしているな。
004.jpg
タイミングがちょっと遅かったのか、モサモサと生えている。
005.jpg
2007年に摘んだ海苔。ほら、違うでしょう。

日当たりの関係で育ちがいいのか、海苔の種類がちょっと違うのか、あるいはタイミングが遅かっただけなのか。海苔がトリミング前のプードルみたいな長さである。

まあ、いいか。

006.jpg
こういうチマチマした作業が好きだ。海苔の生えたテトラポットはアイスバーンよりも滑るけど。

海苔を入れたインスタントラーメンで温まりたい

冬の磯遊びは、どんなに厚着をしてもまあまあ辛い。この日は日差しがあって風が無かったので、寒さ自体はそうでもなかったのだが、同じ体勢で海苔を摘むため、気が付けば体の筋が固まっていた。

そんなときに嬉しいのが温かいラーメンだよねということで、カセットコンロや鍋を持参してきた。摘んだばかりの海苔を入れて、海苔ラーメンを作ってやろうという魂胆である。

007.jpg
ババーン。

用意したインスタントラーメンは、サッポロ一番塩らーめんである。たまたまこれが家にあったからというのが一番の理由だが、生海苔の香りと味を生かすラーメンといえば、やはりこれが正解だろう。

もちろんそれだけで作っても美味しいが、なにか具を足すことでより輝きを増すのが塩らーめん。どんな具でも美味しくなる、来るものを拒まない懐の広さを見習いたい。

008.jpg
干からびたヒトデが転がる海辺には、海苔入りの塩らーめんがよく似あう。

麺にもうすぐ火が通るかなというタイミングで、よく洗って水分を絞った海苔をたっぷりと投入。

再沸騰したところで火を止めて、粉末スープと切り胡麻を入れたらできあがりだ。

009.jpg
海辺でこういうことがしたかったのである。

同行者たちにお椀でおすそ分けして、残った分を鍋から直接いただく。いつも食べてる塩らーめんが、海苔の風味で潮らーめんになっているな。

育ちすぎた海苔の歯ごたえはちょっとザックザクだけど、これはこれでラーメンに入れる分にはうまい。

010.jpg
サッポロ一番海苔潮らーめん。

獲ったものとインスタントラーメン、これはいい組み合わせだ。

作るのはとても簡単だし、素材の味が生きてくる。食べるという行為によって、遊びのエンディングとしてふさわしい充実感に満たされる。

海苔摘みの詳しい話はブログでどうぞ

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓