はげます会限定記事(途中から有料) 2021年10月5日

最高の「海へと続く道」を探して

こういう風景を探しています。

細い道を歩いていくと遠くの方に海が見えてくる。

そんな最高なシチュエーションを探しに行きました。

 

 

※この記事は「デイリーポータルZをはげます会」会員(有料)先行公開記事です。冒頭の一部を公開いたします。

行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。愛知県出身。むかない安藤。(動画インタビュー)

前の記事:水の音で癒されて!東京で滝を見る旅~地元の人頼りの旅番外編「滝」~

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

「海へと続く道」を探して

細い道を歩いていると遠くに海が見えてくる。

それって最高のシチュエーションではないだろうか。僕は海のない町で育ったのでそういう景色にとにかく憧れがあった。

001.jpg
こういう道の脇がすぐ海、みたいなのはもういいのだ。
002.jpg
こういうリゾートも魅力的だけど今見たいのはこれじゃない。
003.jpg
生活と海とが近い場合は
004.jpg
こうなる。便利かもしれないが、いささか性急すぎやしないか。

海へ行く、というのはとくべつなことなのだ。

女の子と一緒かもしれないし、一人で泣きながら歩いてかもしれない。子どもの手を引いているかもしれないし釣り竿を持っているかもしれない。

細くて長い一本道をてくてく歩いていると、遠くの方に海が見えてくる。海はできれば真っ青で穏やかだといいなと思う。

そういう「海へと続く道」をずっと探している。

僕が考える模範的な「海へと続く道」を例にあげて説明しよう。神奈川県にある一色海岸へと向かう道である。

この道は車やバイクでは入ってこられない。

005.jpg
これですよ。
006.jpg
まずもって足元が細か~い海砂なのが気分を上げてくれるだろう。靴ぬげ。
007.jpg
そして取り囲む草花。蜜すえ。

細かい砂は歩きにくいが、この先に海があることを示唆している。

この辺りは住宅街なので静かだ。耳をすませば遠くに海の音が聞こえる。

しばらく歩くと、案の定、海が見えてくる。この道の場合、最後、海へのアプローチが階段になっているのもまたいい。

008.jpg
はい最高です。

海に行く理由は海水浴でも花火大会を見にでも密漁でもなんでもいい。

いや密漁はいけない、勝手にハマグリとか捕っちゃだめだ。僕は釣りをしないので詳しくないのだけれど、釣りはよくてハマグリはダメ、というのはどういう理屈なんだろう。いやどうでもいいわそんな話は。

野球を見に行くときはユニフォーム着ていくだろう、ディズニーランドに行くときは耳のカチューシャ付けて京葉線まで歩く。つまりそこに至るまでの過程を楽しみたいのだ。海へ行く、という行為は「海へと続く道」からすでに始まっている。

いったん広告です

いい「海へと続く道」ご紹介

とはいえいざ探してみると、深みと品位を兼ね備えたちょうどいい「海へと続く道」というのはなかなか見つからないものである。

観光地の海水浴場なんかだとビーチぎりぎりまで駐車場が整備されていて、1000円払って車停めたらすぐ海ですよ~どうぞ~!みたいな利便性重視の場所が多いわけだが、そんなのはもういい。

僕がこれまで撮りだめてきた良い作品をいくつか紹介したい。この気持ちをわかってほしくてたまらないからである。

登り坂パターン

まずは坂道をのぼっていくと海が見えてくるパターン。

このパターンはレアなので見つけたらその足で近くの不動産屋さんに行って空いてる物件を探して引っ越してしまっていいと思う。

009.jpg
長い上り坂を歩いていくと
010.jpg
徐々に海が見えてくる。鳥肌たつぞ。

そうでしょういいでしょう。どんどん行きますよ。

平面パターン

次は坂ではなく平面パターン。

この場合最初から遠くに海が見えちゃってるから登り坂パターンに比べると期待感の高まりは少ないかもしれない。

011.jpg
この「裏道感」はなかなか渋いが、もう少し道幅は狭くてもいいかなと思う。
012.jpg
このくらい整備されていると、どこかに落とし穴でもあるんじゃないかと逆に疑いたくなる。

下り坂パターン

次は下り坂の先に海が見えるパターン。

これはわりと数が多いので出会う確率も高いのだが、その分理想に近いものにはなかなか出会えた試しがない。

013.jpg
急な下り坂を海へと一直線。いい。彼女と二人乗り自転車で下りたい坂である。
014.jpg
いいブロック塀と道のくねり方。緑と木、ブロック、海。素材の良さを生かしている。
015.jpg
裏っぽさ、おおいかぶさる緑、ともに悪くないが、行く先に駐車場があるのがもったいない。
016.jpg
じめっとしたコンクリの壁と遠くに見える海とのコントラストがいい。夏休みに親戚の家に遊びに来たときのような気分になる。
017.jpg
僕が徳川家なら田沼意次に金を渡してこの細い階段の下を海にした。
018.jpg
ザ・シンプル。いろいろ見てくるとこのくらい雑味を取り払った道も逆にいいなと思えてくる。

海へと続く道のなにがそんなにいいのか、考えてみた。

まずは観光地化されすぎていない静かな海の近くに住んでいる気分になれること。海の家が立ち並んでサンオイルのにおいが充満しているようなビーチも楽しいけれど、もうちょっとこう趣があってほしいのだ。

それから、歩いていくと道の向こうに海が見えてくる、というストーリー性もいい。ない映画のワンシーンに入り込んじゃったみたいな感覚になる。

番外編

番外編として、トンネルパターンを紹介したい。トンネルを抜けると海が見えるパターンだ。

019.jpg
トンネルと抜けると
020.jpg
海が見える。最高。

このパターンはドラマチックではあるが、いかんせんトンネルなので危なくてじっくり眺めていられないのが残念だ。

最高の「海へと続く道」を求めて

最後に僕がこれまでに見た中で最高レベルの「海へと続く道」を紹介したい。

それがこれだ。

000.jpg
最高。

 

続きは「デイリーポータルZをはげます会」の専用ページでご覧いただけます。

すでに会員の方はこちらからログインしてください!
ご入会を検討くださる方はこちらからどうぞ。「デイリーポータルZをはげます会」はデイリーポータルZの存続を課金で支える会です。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ