デジタルリマスター 2022年7月28日

夏にぴったり、かき氷シロップ染めマフラー(デジタルリマスター)

夏に向けてマフラーを編んだ。

マフラーといえばいわずもがな防寒具であるが、今回私が作ったのはかつてなく夏仕様なのである! ばーん!

2006年6月に掲載された記事を、AIにより画像を拡大して加筆修正のうえ再掲載しました。

1979年東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてデイリーポータルZの編集部員に。趣味はEDMとFX。(動画インタビュー)

前の記事:100均お菓子がそっけない(デジタルリマスター)

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

mafu_photos_v2_x2.jpg
これが夏にぴったりのマフラーです!

どこが夏?

と、まずは今回こしらえた夏のマフラーをごらんいただいた。

鮮やかなブルーのウール100%の毛糸で作ったマフラー。「まあ、色的に夏っぽいけど、まさかそれだけ?!」と思った方もいらっしゃるかと思いますが、ちょっと辛抱してもう少しおつきあいください。

キモは、毛糸を手染めしたところにあります。

ざざっと、その作業を見て参りましょう。

01_photos_v2_x2.jpg

買ってきたのは極太のオフホワイト毛糸。染料を定着させるにはウールなどの自然の素材でないとうまくいかないらしい。

1)ほぐして軽く糸でしばる。

02_photos_v2_x2.jpg
なんか、そうめんぽいですが、それはあんまり関係ありません。

2)染色料をなべに入れて

03_photos_v2_x2.jpg

3)水で5倍ぐらいに薄め、全量の20%ぐらい適当にお酢を入れる 

お酢パワーで染料が定着しやすくなるらしいです。

4)毛糸はぬるまゆで湿らせておく。

05_photos_v2_x2.jpg
やっぱりこれそうめんだ

5)お湯程度に温かくした染料の鍋に入れる。

06_photos_v2_x2.jpg
熱すぎると毛糸がぶよぶよするので注意

6)沸騰しないように気をつけつつ、30分ほど煮る。

07_photos_v2_x2.jpg
手染めの風合いが出るのでわりとかき混ぜなくても大丈夫。ヒマなので夏にぴったりのデザートを食べながら待つ。

7)30分後煮作業終了。

08_photos_v2_x2.jpg
お湯をすくってみると、色が消えている! 毛糸に全部移ったと思われる。
いったん広告です

8)ぬるまゆで4~5回すすぐ。

09_photos_v2_x2.jpg
染まってもなお、麺の風情がきえない。この麺のイメージのせいだろうか。

10)洗濯機で軽く脱水。

10_photos_v2_x2.jpg
 まだ麺っぽい。

11)陰干し。

11_photos_v2_x2.jpg
私は早く編みたかったのでドライヤーで乾かしました。かなり荒業。

12)染め、完了。

12_photos_v2_x2.jpg
右が染め前。しっかりいいお色に。

というわけで、ラムネの匂いにかこまれながら毛糸を染め上げた。

染まりあがった毛糸はベタベタするかと心配だったけど、すすぐ前からそれほどべたつきはなかった。

……と、このマフラーの夏にぴったりたるゆえん、バレましたでしょうか。そう、この毛糸、かき氷のブルーハワイのシロップで染めたのです。

18_photos_v2_x2.jpg
この「染料」が、かき氷シロップだったのだ。わーい!
13_photos_v2_x2.jpg
いちご、メロンというほかのフレーバー名にかこまれていたザ、「ブルー」

以前、ジュースやかき氷シロップなど着色料のギッチリはいったもので布や毛糸が染められると、子供向けの実験本でみたことがあったのでやってみた。

正直、ここまで鮮やかに? と驚くほど色鮮やかに染め上がった。そりゃかき氷食べた後に舌も真っ青になるわけだ。

梅雨に編み物

そうして、夏にぴったりのマフラーづくり、このブルーハワイ毛糸を使ってあとは黙々と編みの作業である。

14_photos_v2_x2.jpg
じめじめし、明らかに夏に向かう気候、そして手の中には編み物。(→は梅雨でどうにも乾かない洗濯物)

「ナンデナ ツニ ムケテ オマエ ハ まふらーヲ アンデ イルンダイ?」

蒸し暑く、完全に半そでのこのごろ。手が編み棒を操りながらも、頭は混乱だった。

何度も「なぜ、今私は編み物を?!」 という疑問にさいなまれ、でも手の中にある毛糸は、かき氷の色なのである。ああ、夏にぴったり。

静かな混乱と戦いながら編み続けた。

15_photos_v2_x2.jpg
なお手芸店では秋冬毛糸が大バーゲンしておりました。そりゃそうだ

本気の夏になってしまってから編み続けるのは絶対につらい、今のうちに編み上げねば。その一心で約2晩(不器用人月計算)かけて編み上げたわけである。

mafu02_photos_v2_x2.jpg
……あったかいなあ

夏、マフラーは暑苦しい。夏にぴったりのマフラーには違いなく手染めの軽い色むらも妙にいい風合いだが実用面においては課題が残った。

そして撮影のあと、マフラーはひっそりタンスの「冬物衣料コーナー」にしまわれたのだった。

やや冬に似合わない色ではあるが、寒くなったら巻こうと思う。そうして、寒いシーズンにかき氷のことを連想してヒヤッと体を奮わせるのだろう。

17_photos_v2_x2.jpg
手芸店でみつけた編み物の本。食べ歩き情報プラス、編み方教則がついている。 強引な文化の融合にときめきまくり
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ