特集 2022年6月16日

西宮名塩は近未来神殿でテンションがあがる

4年前、車窓から見えた山中の近未来都市、それは兵庫県・西宮市名塩のニュータウンでした。

 

なっがい斜行エレベーター、神殿のように荘厳な公園、駅から歩いて行けちゃうSA、興奮しっぱなしの名塩スポットをご覧ください!

大阪生まれの大学院生。工作や漢字が好きです。ほら貝も吹けます。先日、教授から「あなたは何を目指しているのか分からん」と言われました。

前の記事:極楽浄土バスボムを作る

> 個人サイト 唐沢ジャンボリー

遠くに見えた憧れの街

4年ほど前、私は「JR福知山線廃線敷」のハイキングコースに向かって、JR宝塚線に乗っていました。

だんだん山が深くなってきて、「自然の中をいっぱい歩くぞ~」とテンションがいや増すなか、「西宮名塩」の駅を通り過ぎた時です。

なんとなく車窓の外を眺めると、

image6.jpg
嘘みたいな近未来都市が

それからというもの、「一体あれは何だったんだろう...?」のときめきは止まず、あまりにも現実味がないので一時は「CG説」も浮上しましたが、先日ついに名塩の地に降り立つことになりました。

 

斜面に現る近未来エレベーター

あの日と同じようにJR宝塚線に乗り、1人西宮名塩駅に到着。

image2.jpg
めちゃくちゃ晴れた

 

image14.jpg
駅のすぐ近くにトンネルがあります。

西宮といえば「甲子園」や「西宮ガーデンズ」などが有名ですが、市の規模がでかく、名塩のような山に囲まれた街も含まれています。

 

image26.jpg
駅前ロータリーのすぐそばはこんなかんじ

しかし、駅を出て少し歩くと、

 

image17.jpg
山の斜面にドーン

なっがいエレベーターがあらわれます。なんかの発射台のようにも見えるいかついデザインです。

 

image29.jpg
山の上の町までつづいていく

高低差60mの地点を、145mのエレベーターが繋いでいます。木々の緑の中に近未来が埋め込まれてドキドキします。山中の秘密要塞のようです。

たどり着くその先には白いクールな住宅が並んでいます。1991年にできた「西宮名塩ニュータウン」です(愛称は「創造の丘ナシオン」)。私がかつて車窓から見たのはこの町並みでした。

 

そして、このエレベーターは高い場所の住民の方々の大事な足なのです。こんなかっこいい生活の足ってあるんですね。

住民の方以外禁止というわけでもなく、山の上に行きたい人は無料で使えます。迷惑にならないよう、住民の方が使ってなさそうな時間帯を狙って乗ってみましょう。

いったん広告です

異なる空間へのゲート

image11.jpg
エレベーターの入口。立派です。

異なる空間に入っていくゲートみたいで、気持ちが引き締まります。

image10.jpg
ゲートの先には有名な芸術家・池田満寿夫の彫刻もよこたわる

ちょくちょく抽象的な立体作品があり、自分の知らない文明が栄える都市空間のようです。

もしかしたら、「エレベーターってずっと言ってるけど、エスカレーターの間違い?うっかりさん?」と思われてる方もいると思いますが、エレベーターであってます。notうっかりさんです。

image4.jpg
降りてくるのを待つ

 

ガラスの中を、ゴンドラが上り下りしているのです。1F,2F,3Fのボタンがあり、中腹で降りることもできます。

乗ってみると、大人6人が広々と乗れそうな大きな空間です。動き出すと、普通のエレベーターの上昇とは違う、斜面をすべって上がっていく感覚がします。山のケーブルカーみたいな感じです。

image23.jpg
エレベーターの中から見た景色

一直線に底が見えるので、透視図法がえぐいです。

一番上に到着するまで2-3分でした。ということは、通勤通学ラッシュのとき最長で6分くらい待たないといけない計算です。

エレベーターの左右には階段があります。急いでる時はその階段を使うこともできますが、

image8.jpg
到達地点が見えない

下りはともかく、上りはエレベーター待ったほうが良さそうでした。

上りたい・上りたくないの感情がふっとび、「わあ〜」しか出てきませんでした。

image9.jpg
左側の階段を上ってみました。見下ろすと怖い。

この写真の階段の下あたりに人がいるのがわかるでしょうか。地元の中学生がこの階段を使っていました。驚きです。己に何かを課しているのでしょうか。

 

image7.jpg
上からの景色。

がっつり山に囲まれた駅前ロータリーやマンションが見えます。なんだか不思議です。

 

あか抜けまくりのニュータウン

エレベーターで上まで行くと、左右にはスタイリッシュな住宅が広がります。関西で数々の集合住宅を手がけた遠藤剛生氏の設計だそうです。

image25.jpg
歩道がめちゃくちゃオシャレに整備されている

もう少し上に行くと、戸建てが整然と並び、キレイで広い道路が走るエリアへでます。

image24.jpg
「東山台桜通り」。人が少なく現実味が薄い。

ツツジの植垣はビシーっとキマってるし、ゴミはひとつも落ちてません。

image18.jpg
夢・・・?

あまりにもキレイで人が少ないので、散歩中「え?夢?」としきりに疑ってしまいました。

 

神殿跡みたいな「塩瀬中央公園」

この名塩には巨大な「塩瀬中央公園」があります。

image20.jpg
地図にスケールからして違う

これまた斜面にある公園なので、高低差を利用した作りになってます。

例えば、

image22.jpg
雄大な円型広場

ギリシア演劇に適しすぎです。悲劇も喜劇もお手の物です。

そして展望台は

image12.jpg
遮るもの一切なしの風景

私の知るどの展望台より開けてます。じっくり山と向き合えます。

この展望台を下から見た時がまた印象が変わり、

image19.jpg
要塞みたい

岩場と相まって古代遺跡のようになってます。

image28.jpg
下から真正面に捉えたところ。2本の柱はさっき見えてたやつ。

本来は中心を水が流れていたようです。なんてモニュメンタルなんでしょう。

image15.jpg
涼しげな水辺もあり

何から何まで意味ありげで、もしここが1000年後に発掘されたら、満場一致で「神殿」に認定されちゃうことうけ合いです。

こんな荘厳な公園が高台の上にあるわけです。しかも何故か関西圏でもそこまで有名ではありません。ほんとうに神殿なんでしょうか。

ちびっ子も納得のローラー滑り台

塩瀬中央公園、ただ神々しいだけではありません。

image27.jpg
遊具だー!!!

キッズのみんなもキャッキャできること間違いなしのローラーすべり台があります。

しっかり子どももワクワクさせてくれるなんて、なんとも心憎いです。

image1.jpg
子供じゃないけど3回すべった

途中のカーブのスリリングさ、直線的にすべるラストスパート、しっかり声出ました。

塩瀬中央公園、ファミリーにもオススメしたいです。

 

いったん広告です

駅から歩いていける「西宮名塩SA」

JR西宮名塩駅の北にはニュータウン、南には中国自動車道が通っています。

なんと、駅から歩けんことない場所にSAがあります。車の免許を持ってない私でも、徒歩で自由にSAに行くことができるなんて...!

駅を起点に30分ほど西へ歩きます。こちらは昔ながらの町並みが残っており、ニュータウンとのギャップを感じさせます。

image13.jpg
西宮名塩サービスエリア(上り線)につきました

このときは連休の中日で、高速は渋滞、たくさんの車が訪れていました。

 

image16.jpg
感じる優越感

お手軽に特別感を得られてオススメです。興奮します。

せっかく来たのでアイスでも食べましょう。

image3.jpg
ガリっとチューを購入

熊本県天草で愛される袋入りかき氷です。熊本は中国自動車道の通り道ではないですが、そもそも駅から歩いてSAに来てるので、ご当地ものかどうか気にせず買いたいものが買えました。

 

image5.jpg
疲れが飛ぶ

名塩の道はアップダウンが多くて結構疲れましたが、SAでアイスという最高の旅の癒しでかなり回復しました。

ただ、この後30分かけてJRの駅に戻らなくてはいけませんが。


楽しくて1日中歩き回った

梅田や宝塚から少し離れているからこそ、特別なお出かけ感があって最高でした。哀愁漂うゲーセンコーナーがある駅前ビルも必見です。

 

もし行かれる方は、閑静な住宅街なので迷惑にならないようにお願いします。と言いつつ、私は日除けのために派手なロンTを頭にかぶって歩いていたので、だいぶ不審者ライクではありました。

image21.jpg
にぎにぎしい不審者

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ