特集 2023年9月28日

モンゴルでヤギのミルクをしぼるとき、並んだヤギと目があう(ちょっと気まずい)

モンゴルの遊牧民は、いろんな動物の乳をしぼる。ウシの乳はもちろんのこと、ウマの乳から作った馬乳酒も生活に欠かせない。

この夏に遊牧民のゲルに遊びにいったら、ヤギもしぼっていた。日本ではなかなかお目にかかれないが、ヤギのミルクもうまいのだ。

ヤギをしぼるときは、ずらっと一直線に並べて端からしぼっていくのが独特な光景である。あと、めっちゃヤギと目が合うので、ちょっと気まずい思いをする。

ファンクバンド「踊る!ディスコ室町」のまこまこまこっちゃんです!ギターを弾いています!京都在住!

前の記事:フライドポテトを焼きそばにいれるとうまい

> 個人サイト songdelay

「ヤギをしぼるぞ!」 夏の日課は乳しぼり

夏のモンゴルで、遊牧民のおうちに遊びにいったときのこと。夕方に到着したらすぐ「ヤギをしぼるぞ!」と声をかけられた。

去年の秋に来たときは牛や馬をしぼるのを見学したが、夏はヤギの乳をしぼるのも日課に組み込まれてるらしい。

ヤギといえば、毛(暖かいカシミヤ!)とか肉を取るために飼っているとばかり思っていたけど、ミルクもしぼるんですね。

016.jpg
2022年の9月に来てリモートワークをしたときは、毎日ウシやウマの乳をしぼるのを見学した。モンゴル遊牧民は主にウマ・ウシ・ラクダ・ヒツジ・ヤギの5種類の家畜を飼って暮らしているが、そのすべての乳を利用するのだ。
いったん広告です

ヤギを集めて分けよう

「しぼるぞ!」と言われて慌ててついていくと、遠くからヤギが集められているところだった。

馬に乗った遊牧民のおじさんが、四方八方に散っていたヤギを誘導しながら帰ってきている。ギュッと一団になったヤギたちは、後ろから追いかけると一定の距離を保ってジリジリ進む。

普段はそのへんに放し飼いにされているヤギたちを(写真は遊牧民のゲルを探すときに見かけたよその家のヤギ)、
馬で追ってきて家の近くまで戻す。ちょっと羊も混じっているけど、そのまま囲いへ!
すんなり入っていくヤギたち。そういえば首都ウランバートルの道路ではクルマが車間距離をバチバチに詰めてきておそろしい思いをすることがよくあるが、こうやって動物を追うのに近い感覚で詰めてきているのかもしれない。道路では気持ちを切り替えてほしい。

ヤギたちが囲いに入ったら、群れに混じったヒツジやオスのヤギを見つけ出して、柵の外に出す。ミルクが出るヤギだけを残したいというわけだ。

てんやわんや

ヒツジはパッと見てわかるが、ヤギはメスにもツノがあったりして、素人目にはオスメスの違いがよくわからない。

遊牧民一家はどんどん捕まえていたのでなんでわかるのか聞くと、ツノに赤い印をしているのがオスらしい。

見るとたしかにツノが赤いペンキで塗られているやつがいる。これをみんなでがんばって分ける。

ヤギ、けっこう力が強い!
負けないように引っ張る
キッズもお手伝い。またがって誘導していたが、そのまま暴れるヤギに運ばれたりしていた。気をつけてー!
いったん広告です

ヤギをまっすぐならべよう

ヒツジとオスをがんばって追い出していると、おもむろに柵の中にロープが張られだした。

なんだなんだと思っていたが、ここにヤギたちを並べるらしい。

ウシやウマをしぼるときは人間が一頭ずつに近づいてしぼっていたが、ヤギは並べて一気にしぼるようだ。

ウシやウマも群れは作るが、個々がミルクを提供してくれるようでなんとなく個人事業主の集合っぽい。それに比べるとヤギの群れは会社みたいだ。家畜部ヤギ課ミルク係のみなさまである。お世話になります。

ヤギたちもなんとなく仕事を察しているかのよう

ロープを張り終えると、遊牧民一家のお父さんが一頭ずつヤギをつかんで、首をしばっていく。

むむ、ヤギさんちょっと苦しいんじゃないか……? と心配したが、よく見ていると自分から近寄ってくるヤギもけっこういる。縛られたいのか。

けっこう強くしばってるけど、ヤギは寄ってくる。

身を寄せ合うのが安心するのかもしれない……というのはヤギに聞かないとわからないけど、しばられたヤギの列が伸びるほど、寄ってくるヤギの数はどんどん増えてくる。

人間の会社にも自分から進んで縛られに来る人がいるような気がするし、やっぱりヤギは会社員的な動物なのかもしれない。

これが「社畜」ってやつか! と恐ろしい言葉を連想してみるところまでいって気づいたけど、そんな言葉を当てずともヤギは家畜なんだった。

会社員的なヤギをおもしろがっている場合ではなくて、ヤギ的な会社員がいることをおそろしがった方がよさそうですね!

自ら近づいてくるヤギたちをどんどんしばる! わいわい
いったん広告です

100頭が並んだヤギからのプレッシャー

全部のヤギを並べてみると、100頭以上いそうだ。それだけのヤギが一直線に並ぶと迫力がある。

大型犬が100頭いるところを想像するとわかりやすいかもしれない。想像上の大型犬100頭の庭はめちゃくちゃうるさそうだし、1匹足して101匹になったらアニメ映画になって色んな事件も起こりそうだが、現実のヤギは冷静だ。

それぞれ、普段からこうですがなにか? とでも言われそうな面持ちで整列している。とにかく鳴いたり暴れたりせず、しぼられる順番を静かに待っているのだ。

それがまたかっこいいというか、早くしぼれと言われているような圧すら感じる。すみません、早く済ませます!

互い違いに並んだヤギたち。静かだ
じっと仕事を待っている姿に迫力がある
なんとなく誇らしげな顔にも見えてくるぞ

⏩ いよいよ絞ります

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ