特集 2021年9月1日

鶴橋で「水キムチ」を買い集めてみたら想像以上に全部違った

去年の夏から急激に「水キムチ」が好きになった。「水キムチ」とは、韓国語では「ムルキムチ」(「ムル」が「水」を意味する)と呼ばれるもので、唐辛子をふんだんにつかった赤くて辛い「キムチ」とは違い、米のとぎ汁や水で漬けているからあっさりしていて辛さはない。

大阪・鶴橋は関西でも有数の規模を誇るコリアンタウンで、キムチの専門店がたくさんある。その中から水キムチを売っているお店を探し、6つのお店で買い集めてみた。

一つ一つじっくり味わってみた結果、「水キムチ」の美味しさと、その自由度に驚かされることになった。

大阪在住のフリーライター。酒場めぐりと平日昼間の散歩が趣味。1,000円以内で楽しめることはだいたい大好きです。テクノラップバンド「チミドロ」のリーダーとしても活動しています。(動画インタビュー)

前の記事:小学生の頃に熱中していたゲームで遊んだらあの頃の気持ちになれるか


水キムチのことを知りたいなら鶴橋を目指すべきだろう

私は去年まで「水キムチ」を食べたことがなかった。「水」と「キムチ」という二つの言葉がどのように結びつくのかまったく想像もできず、なんとなくあっさりした漬け物なのかなとは思ったが、果たしてどんな味がするものかわからなかった。「鯖の水煮」、「水炊き鍋」など「水」がつく食べ物を思い浮かべてみたが、どれとも違いそうだ。

たまに買い物にいく近所の市場にキムチの専門店があって、ある時、そこをじっくりのぞいていたら「水キムチ」が売られているのを見つけた。たっぷりの汁とともにビニール袋に入ったそれを買って帰り、食べてみて驚いた。

01.JPG
近所の市場で買った「水キムチ」
02.JPG
中身はこんな風。大根と白菜のシャキシャキした歯ごたえがいい

白菜の浅漬けなんかに近いものを感じはするが、発酵した食品ならではの酸味が濃く、たっぷり入ったスープに旨みがある。「水キムチ」の主役はこのスープだと言われることも多いようで、乳酸菌が豊富に溶け込んでいるから飲めば飲むほどお腹にいいとも聞く。

さっぱりした味わいと発酵食品の風味が濃いスープが一発で気に入った私は、以来、「水キムチ」を見つければ買うようにしているのだが、普通のキムチと違ってまだまだ日本の食卓には広く普及していない状況で、今のところスーパーで普通に見かけるようなものではなく、買おうと思えばキムチの専門店を探す必要がある。

私は大阪に住んでいるのだが、大阪には鶴橋という町がある。古くから韓国文化が根付くエリアで、焼肉店が多く集まっていて「焼肉の聖地」とも呼ばれる。韓国食材を扱う店も多く、韓国のカルチャーに興味がある人なら歩いているだけで楽しい場所である。

鶴橋にはキムチの専門店も多い。ということはつまり、水キムチが買える店も多いはずである。「水キムチを買えるだけ買ってこよう」と思い立った私は保冷バッグを片手に鶴橋を目指すことにした。

水キムチを求めて鶴橋の商店街を歩く

JR鶴橋駅周辺は商店が立ち並ぶ細い路地が入り組み、慣れない状態で歩いていると「あれ?今どこにいるんだっけ」と迷子気分になるような場所である。

03.JPG
JR鶴橋駅にやってきました
04.JPG
駅のすぐそばにある商店街の入り口
05.JPG
細い道沿いに様々な商店が並ぶ

まずは適当に歩き回り、町の雰囲気を体全体で味わう。エリアごとに立ち並ぶ店の雰囲気が少しずつ違っている。

06.JPG
焼肉屋が集中する道。絶えずいい匂いがする
07.JPG
キムチの専門店が並ぶエリアもある

キムチの専門店があれば店頭の商品をのぞくようにして歩いていったが、まずわかったのが、どのキムチ専門店でも水キムチを扱っているわけではないということである。

数週間から数ヶ月かけて熟成させていくという「キムチ」と、発酵期間が短く、漬け方も異なる「水キムチ」とは製造過程が異なるため、鶴橋といえども売っている店は限られているようだった。

何軒か探した後、ようやく店頭に水キムチが発見できたのが「岡村商店」だった。

08.JPG
キムチをはじめ、色々な韓国惣菜を販売している「岡村商店」

「水キムチを探していたんです」と言う私に、お店の方が水キムチを持ち上げて写真を撮らせてくれた。

09.JPG
こちらが岡村商店の水キムチ。500円だ

一つ購入すると新聞紙に包んでビニール袋に入れてくれた。「大根と白菜が入っています。美味しいですよ」とお店の方。「水キムチは夏のものですよ。家によって味が違います」との教えていただいた。

「岡村商店」の近くの路地を折れると、惣菜店ばかりが並ぶ道に出た。

10.JPG
あちこちから美味しそうな匂いがする

その中の一店、「金井韓物店」の店頭の冷蔵ケースに「水キムチ」の文字があった。

11.JPG
「水キムチ」の文字が見えるだけで心おどるようになってしまった
12.JPG
さっき買ったのと違って白濁している。一袋で500円

「うちの水キムチは無添加です。味付けは塩だけです」とお店の方が言っていた。この店で水キムチを販売しているのは夏の間だけで、周辺のどこの店もだいたい夏季限定で売っているが、中には一年中売っているところもあるとのことだった。

いったん広告です

まだまだ水キムチを買い集めていくぞ

先ほどの「金井韓物店」のはす向かいにある「神戸商会」にも水キムチがあったので買う。

13.JPG
多種多様なキムチが並ぶ店頭に水キムチもあった。540円

ビニール袋が厚めだったのでこの時点では中身が詳しくわからないが、緑っぽい、青菜のようなものが入っているように見えた。どの店の水キムチも個性的だな。まあキムチだって、というかそもそも漬け物はそれを売る店や家庭ごとに味わいも異なるのだから、そりゃそうか。

続けざまにその近くのお店でも水キムチを購入する。これで4袋目だ。

14.JPG
ここは最初に購入した「岡村商店」の別店舗だったと後で気づいた。500円

「豊田商店」の前を通るとお店の方が「何かお探しですか?」と声をかけてくれた。「水キムチを探しています」と答えると、店頭には無いようだったが、近くの本店から持ってきてくれるという。

15.JPG
惣菜から乾物まで揃う「豊田商店」の店頭
16.JPG
持ってきていただいた「水キムチ」。500円

「夏はやっぱり水キムチがいいですよ。冷麺に入れても美味しいですよ」とお店の方が言っていた。なるほど、市販の冷麺に水キムチを乗せたら絶対美味しいだろうな。

さて、私は買った水キムチをさっきから次々と保冷バッグに突っ込んでいるのだが、スープがたぷたぷに入っているために一つ一つがずっしりと重く、持ち手が腕に食い込んで激痛が走っている。もう一個だけ買って終わりにしよう。

17.JPG
プラスチック製の持ち手が食い込んで痛い

これが最後だと思ってやってきたのが「金剛食品」だ。

18.JPG
ここのキムチのバリエーションの豊富さがすごかった

キムチ類は単品でも購入できるが、3パック1000円で購入するのがお得だとのこと。水キムチは2種類あるというのでその両方と、オーソドックスなキムチも買わせてもらった。

19.JPG
色々あるキムチの中、水キムチは2種類あるという
20.JPG
左は日本の人向け、右は韓国の人向けの味付けだとか

よし、買い物はここまでとして、とにかく腕が千切れないうちに帰宅しよう。

買ったものをじっくりと一つ一つ見てみる

汗だくになって家に戻り、「この保冷バッグ、どれぐらい重いんだろう」と思ってそのまま体重計に乗せてみた。

21.JPG
5.4㎏あった
22.JPG
今日の自分ががんばれる限りの分は買ってきた

さて、ここから買った順番に中身を取り出し、食べながらそれぞれの違いを確認してみる。

まずは「岡村商店」の水キムチである。

23.JPG
ビニール袋の上からの見た目はこんな感じ
24.JPG
計りに乗せてみると900グラム以上あるようだった

中身の一部を器に取り出してみる。具は大根と白菜が中心でにんじんが少々入って彩を添えてくれている。

25.JPG
見た目からもこれがさっぱりした食べ物だと伝わるでしょう
26.JPG
スープはほぼ透明である

食べてみると、あっさりさっぱり。クセがなく、これはもうほぼ日本の浅漬けに近いのでは、と思った。和定食の中に忍ばせても違和感のなさそうな、誰にでも好かれそうな味わいだ。私がこれまでに食べたことのある水キムチとはまた違った印象だった。

さて二つ目は「金井韓物店」で買った水キムチだ。

27.JPG
袋の上からでもさっきのと色が違うことがわかる

早速スープの色合いが違う。こっちはかなり白濁していて、匂いからも発酵感が強い。これも一袋900グラム超えの重量だった。

28.JPG
最初の二つだけでもう全然違うな!

白菜、大根、青菜、パプリカなどが入っていて、生姜の風味も効いている。ニンニクの風味もかすかにあって私好みだ。酸味も強く、浅漬けとはすっかり違っていて、これが和定食に忍ばせてあったらびっくりすると思う。

29.JPG
スープは白く濁っている
30.JPG
水キムチの世界の広がりにとまどう自分
いったん広告です

水キムチってそれぞれ全然違うんですね

3つ目は「神戸商会」の水キムチである。

31.JPG
これも白濁系な感じだな

前の二つよりも若干小さめのビニール袋に入っており、一袋の重さは530グラムほどであった。

器に盛ってみると、ひとつ前の「金井韓物店」のものより、若干スープが黄味がかっているように見えた。

32.JPG
具が色々入っているタイプだ

大根、青菜、にんじん、細切りの生姜も入っている。唐辛子のかけらも浮かんでいて、なるほど、唐辛子効果によって少しスープの色味が黄色っぽくなっているのかも。

33.JPG
スープの色味はこんな感じでした

味わってみると、唐辛子が浮かんでいることからわかる通り、今までの二つにはない辛味がパーッと口の中に広がった。とはいえ、あくまで控えめな辛味だ。これはこれで後を引いていいなー。

34.JPG
今度は辛みが加わってやんの!どれも違うなー

4つ目に購入したのは、1つ目と同じ「岡村商店」のものだったとわかった。店名を確かめず買ってしまった私がうっかりしていた。

35.JPG
また会えた「岡村商店」の水キムチ

念のため中身も味わってみたが、最初に食べたのと同じ、浅漬けに近い淡麗な味わいだった。今の私なら知らずに食べても「あ、これって岡村商店さんのだよね」と判別できるんじゃないかと、ちょっと調子に乗ってしまった。

大根オンリーの水キムチもあった

次は5つ目の「豊田商店」の水キムチだ。これには驚いた。真っ白いのだ。

36.JPG
真っ白。重さは一袋800グラムほどだった

中身を器にあけてみてわかった。具材が大根のみなのだ。白い大根とスープの中に唐辛子の欠片が浮いている。

37.JPG
美しい白さだ
38.JPG
太さを残してカットされた大根
39.JPG
スープも真っ白い感じです

かなり太くカットされた大根だが中までスープの味が染み込んでいて、そうでありながら歯ごたえはシャキシャキ。後からほのかな辛味が広がって、これはこれで美味しいな。

さて最後、「日本の人向けの味付け」、「韓国の人向けの味付け」と2種類のタイプが用意されていた「金剛食品」の水キムチである。

40.JPG
どちらも見た目からして違いますね

他の店とは違ってビニール袋ではなくプラパックに入っていてスープが少ないからか重量は控えめ、二つとも400グラムほどであった。器に盛りつけ直してみる。

まずは「日本の人向け」と言われた方。あっさり感の強い見た目である。

41.JPG
リンゴも入っている

大根、白菜、きゅうり、にんじん、と具材はまさに浅漬けという感じだが、そこにリンゴが入っているのが面白い。

42.JPG
スープはほぼ透明だ。
43.JPG
大きめに切ったリンゴが入っていた

味わいは一番はじめに食べた「岡村商店」に近いものを感じた。浅漬け系のタイプである。

最後は「韓国の人向け」と説明された方だ。

44.JPG
今までの水キムチのどれとも違う
45.JPG
スープは黄味がかっている

食べてみると、辛味があり、ニンニクの風味も効いていて、今まで食べてきたものよりパンチがある。この野菜は大根菜のようで、しっかりした歯ごたえがある。そうか、これもまた水キムチなのか……。


こうして食べ比べてみて浮かび上がったのは、「水キムチは店ごとに違う」というシンプルな事実である。また、その違いを楽しみながら鶴橋でお気に入りの水キムチを探すことがすごく楽しいということである。水キムチの旬であるという夏が去ってしまう前に、もっと色々食べてみなくてはならない。


赤くて辛い方のキムチだって作る人によって味が全然違うけど、水キムチの味もまた、作る人によってまったく違った。

自分の中の水キムチ像が揺らぎ、さらに興味が湧いてくる機会となった。「鶴橋 水キムチ」で軽く検索しただけでも、私が今回見つけられなかったお店がまだまだたくさんあるようなので、近いうちにまた鶴橋に行かねばと思っている。

そしてその際は、持ち手が腕に食い込まない保冷バッグを持っていこうと思う。それが大事だ。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ