ちょっと聞いてよ 2023年11月26日

ただ目の描いてあるエコバッグを買っただけでひとりじゃなくなったはなし

新しいエコバッグを買った。

新しいのが欲しいなと思うもなかなか良いものにめぐり合えず、やっと見つけた「これぞ」のエコバッグだった。

目が描いてある。かわいい。

で、いざ使いはじめたら、かわいい以上の心強さがあったのだ。

東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてデイリーポータルZの編集部員に。趣味はEDMとFX。(動画インタビュー)

前の記事:トリュフオイルをさがす時間をありがとう ~紀ノ国屋 トリュフオイル仕立 海苔佃煮おにぎり

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

少し前にこちらの投稿がバズりまして、改めて今回は良さをまとめておこうとおもいます!

いったん広告です

エコバッグは店で買う物ではないと思っていた

と、目のエコバッグの前に、エコバッグというものそのものについていったん語らせてもらってもいいでしょうか。

そもそも私はエコバッグというものは新品をちゃんと買って得るものではないと思っていた。

生きてるだけで増えないですか? エコバッグって。

ノベルティとしてもらったり、紙袋代わりにしれっとやってきたり、ありがたくも友達がくれたりする。

IMG_E5233.JPG
当サイトのライター、ほりべのぞみさんデザインの品。これは現在の一軍バッグ
IMG_E5234.JPG
牛さんが助けを求めるすごいイラストのバッグは、ほりべさんのお友達で日本語を学習している外国の方がデザインしたもの。これも今とっても大事にしてるやつ

私は地域の集まりや教会、学校等々が実施するバザーが大好きで、バザーに行けば必ず「おっ!」と思うエコバッグが100円とか50円という安さで売られておりそこで仕入れることも多い。

ただ最近そうやって首尾よく手にしたエコバッグが一斉にへたりはじめた。

IMG_8352.JPG
バザーで買ったやつ。厚手で大きくて使い勝手が良かったんだけど、使い倒してぼろぼろに
IMG_8341.JPG
ドイツ大使館のイベントでもらったかっこいいエコバッグ。これも大好きだったけど使いに使ってくしゃくしゃだ
IMG_8340.JPG
これもバザーで買ったやつ。生地が擦り切れてしまった

結構そういう人はいると思うのだけど、私は「エコバッグがメインバッグ」の人間だ。

皮製やなんかのちゃんとしたかばんは重たいから、仕事以外のおでかけは基本エコバッグでどこへでも飛び出していく。

そんなわけで、使いに使われてじわじわと手持ちのエコバッグが全体的に痛みはじめ、最近いよいよ、洗ってもどうにもならないものは泣く泣く処分することにした。

すると、あれ? 出かけるのに持っていけるエコバッグが、ずいぶん少なくなってしまったのだった。

コンランショップ(!)で出会いました

それでこのところずっと、出かけるついでにエコバッグを探していた。

街に出ればアパレルのお店や雑貨店で探す。エコバッグというのは本当にどこにでも売られていて感心した。

のだけど、あんがい好みのものは見つからない。ぶ厚すぎたり、小さすぎたり大きすぎたり、ハンドルの長さが合わなかったりして。そんなある日、ふっと目の前にあらわれたのがこの青いエコバッグだったのだ。

IMG_8379.JPG
これは……いいぞ……!!!

サイズとか素材とか持ち手の形とか、これまで考えていた条件を全部ぶっとばし、デザインがかわいすぎる! という強い理由で購入をすぐ決めた。

出会ったのはなんと高級家具店であるコンランショップである。場所は新宿伊勢丹。物見遊山的にやってきただけの私の眼前に目玉のエコバッグはぶらさがっていた。

お値段3300円。(高っ!)瞬間、心が叫んだが、それに余りある欲しさがあった。

エコバッグといえば生成りの薄手の木綿が基本であり、私が探していたのもそうだったけど、真っ青なエコバッグはこれまで持ったことがなかったし、なにしろ目が大きくていい。

黙って笑顔で買って、かつてなく高級なエコバッグが我が家にやってきたのだった。

すごく一緒にいる

で、このエコバッグなのだけど、使ってみたらかわいいだけじゃなかった。ものすごく一緒にいてくれるのだ。

ひらたく伸ばして置いただけだと、「目のエコバッグだなあ」と、買ったときと変わらない感想なのだけど、ひとたびものを入れておいておくと、あきらかな存在が発生する。

いる。

IMG_8380.JPG
いる

移動中に鏡に映る自分を見ると、エコバッグが帯同しているのに気づく。

電車で膝に乗せれば共にに移動している存在がある。

IMG_8476.JPG
この一緒にお出かけ感たるや

劇場でも一緒にお芝居を観た。おもしろかったね。

IMG_8483.JPG
ずっと神妙に舞台を見つめていた

持っていると、なんだかずっと心強い。

エコバッグ入れにも存在の可能性を感じる

ちなみにこのエコバッグ、ケースがついてきて、そっちも目が描いてある。

IMG_E5236.JPG
このようにコンパクトになります。そして……
IMG_E5237.JPG
子は親を内包している

そう、親子なのだ。

同属の関係性を見せられることにより、生存がいよいよ確認されて胸があつい。

IMG_E5238.JPG
私の膝にいるときは好奇心の目のように見えたあの目が、いまやあたたかく見守る目だ

こんなん、一緒にがんばって生きていこうね、という気にしかなり得ない。

もとより、人はひとりではない。私たちは、たとえたった今ひとりぼっちでも、結局はひとのあいだで生きている。

目のエコバッグは、あらかじめひとが孤独でないさまを我々に語りかけているのだ。

……。

というのは、気持ち猛々しく話をむちゃに壮大にしすぎましたが、なにしろ、そばにいる心強さというものそのものを感じるバッグなのでした。

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ