ちょっと聞いてよ 2022年9月5日

メイカーフェアで来場者を賢くした

あたまがよくなるほうほうがわかったぞ!

メガネに星型の白い紙を貼り付けるとメガネが光って見える。

キラーン!「そうか、わかったぞ!」というマンガ的表現だ。

以前にも記事に書いたが(こちら)、気に入っているのでたくさん作ってメイカーフェア東京で配った。

デイリーポータルZのブースに来た人がもれなく賢くなった。
 

1971年東京生まれ。デイリーポータルZウェブマスター。主にインターネットと世田谷区で活動。
編著書は「死ぬかと思った」(アスペクト)など。イカの沖漬けが世界一うまい食べものだと思ってる。(動画インタビュー)

前の記事:浜松町の純粋な歩行者デッキ

> 個人サイト webやぎの目

まずは賢くなった人たちをどうぞ。

メガネを輝かせて「わかったぞ!」「ひらめいた!」になっている。IQ爆上がりだ。

メガネに紙を貼って、「うわあ~頭よさそう~」と言ってる愛らしさよ。

人を賢くしているものの実体はこれ。

キラーンとした形の厚紙

切り抜き印刷してくれる会社に依頼。プラ板をカッティングプロッターで切ろうとしたがうまくいかなかったので発注した。専門の会社は最高だ。 

失敗のようす。

カッティングプロッターに斜めに吸い込まれていく。撮りながら「あーあーあー」と言っている。 

裏に両面テープを貼って説明の紙とともに小袋に入れる。しかしよく見ると…
思い切り間違っていた。「ひらめいた」が「ひらいた」になっている。

冒頭の写真の通り、結果としてひらいた表情となっていたが、そんな比喩を書いたつもりではない。

前日に300枚「め」を書き入れた

「でもほら、おれ、こういう作業、嫌いじゃないから」と妻に言ったのは認知的不協和を避けるお手本のような行動だった。

このような賢さゼロの工程で賢くなった写真その2。 

 メガネのほか、髪に貼るとツヤツヤに見える。家で剥がすときに髪が数本抜けたかもしれない。

会場にいたメガネの人の大半がキラーンとさせて賢くなっていた。

あのまま地元に帰ってファミマに寄って、店員に「賢いやつ来た!」と思われていて欲しい。 

なかなかクールジャパンだと思う。

賢くなるメガネはスマートグラスという名前にした

うまいこと言ったつもりだったが、3人ぐらいが気づいてくれた。 

いったん広告です

型紙です

厚い紙に印刷するか、印刷した紙を厚紙に貼って切ってください。

でも、型紙とか関係なく適当にハサミで切って作ってもだいたい一緒です。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ