特集 2020年6月10日

ライトノベルの表紙をおじさん向けにしてみよう

こんな表紙だったら、萌え絵が恥ずかしいおじさんでも大丈夫!?

ちょっと前に、「最近、ライトノベルではない一般小説の表紙までマンガ絵になっている」と苦言を呈している記事が話題になっていました。

おじさん的に違和感があるのは確かですが、おかたい表紙だと若い子たちが興味を持ってくれないでしょうし、仕方ないんじゃないですかねぇ。

でも逆に、おじさんが手に取りづらい、マンガ&萌え全開なイラストをあしらったライトノベルの表紙も、一般小説っぽい表紙に変えれば購買層を広げることができるんじゃ……?

ということで、おじさん向けライトノベルの表紙を考えてみました。

1975年群馬生まれ。ライター&イラストレーター。
犯罪者からアイドルちゃんまで興味の幅は広範囲。仕事のジャンルも幅が広過ぎて、他人に何の仕事をしている人なのか説明するのが非常に苦痛です。変なスポット、変なおっちゃんなど、どーしてこんなことに……というようなものに関する記事をよく書きます。(動画インタビュー)

前の記事:名作アニメ風の絵柄なら、何を描いてもハートフルになる(はず!?)

> 個人サイト Web人生

2005_ラノベの表紙をイラスト_001_01.jpg

2005_ラノベの表紙をイラスト_001_01.jpg

2005_ラノベの表紙をイラスト_001_01.jpg

2005_ラノベの表紙をイラスト_001_01.jpg

2005_ラノベの表紙をイラスト_001_01.jpg

001.jpg
まずはこちらの、『バカとテストと召喚獣』から。
バカテス3.jpg
純文学感がある『バカとテストと召喚獣』
002.jpg
元ネタは新潮文庫の三島由紀夫シリーズですな

だいたい意図は分かってもらえたと思いますが、要はこういう企画です。

003.jpg
つづいて、『涼宮ハルヒの憂鬱』を……(ラインナップが全体的に古いのは、ボクが新しいラノベを知らないから!)
004.jpg
これ系の絵柄にしてみましょう
2005_ラノベの表紙をイラスト_002.jpg
昔の『三姉妹探偵』っぽい『涼宮ハルヒの憂鬱』……

 ありそうだけど……これじゃ売れないし、アニメ化もしかなったことでしょう。

005.jpg
もうひとつ、赤川次郎というとこの絵柄のイメージもあるんですよね。……首、長いなー
2005_ラノベの表紙をイラスト_003.jpg
昔の『三毛猫ホームズ』っぽい『涼宮ハルヒの憂鬱』

萌え要素ゼロですが、この絵柄いいっすね。 

006.jpg
お次は、『はたらく魔王さま!』を……
007.jpg
おじさんはみんな大好き、椎名誠の本っぽくしてみましょう
013.jpg
スーパーエッセイ感のある『はたらく魔王さま!』

……ラフな絵柄と、ただ単に雑なのはまったく違うという教訓を教えてくれますね。

008.jpg
引き続き、『中二病でも恋がしたい!』を……
009.jpg
重松清の青春小説風に。ものすごーく広い意味では同ジャンルと言ってもいいんじゃないですかね!?
2005_ラノベの表紙をイラスト_004.jpg
重松清の青春小説っぽい『中二病でも恋がしたい』

うん、いい感じの田舎を舞台にした、牧歌的な青春恋愛小説感が出たんじゃないでしょうか。 

010.jpg
最後は、アニメも好評だった『エロマンガ先生』を……
011.jpg
最近の岩波文庫風に
エロマンガ2.jpg
最近の岩波文庫風『エロマンガ先生』

わーい、賢そう!?

ついでにもう一個!

フランス4.jpg
フランス書院文庫っぽい『エロマンガ先生』

 以前も作ったことがありますが、フランス書院のフォーマットはパワー強すぎ。タイトルも相まって、まったく別ジャンルの小説のように見えてきます。

……ある意味、おじさんが大好きな表紙だけど。


おじさん向け表紙、アリなのでは……

ライトノベルって、実際読んでみると面白いものも多いんですが、おっさん的には表紙のイラストがどれも同じに見えちゃって、何が何だか……状態になってしまいがち。

おじさんにも識別しやすいバージョンを出版してくれれば、興味を持つおじさんも少なくないと思うんですけど……。

若者向け表紙と、おじさん向け表紙のW表紙とかどうでしょうか!?

012.jpg
実写版表紙とマンガ絵表紙のW表紙で出版されているラノベもあるので、おじさん向けとのW表紙バージョンも是非……!

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ