特集 2024年5月16日

高知のチキンナンバンを確認しに行く

オーロラソースでおぼれたい夜もある。

世の中にあるおいしいものの一つとしてチキン南蛮があるだろう。宮崎県が有名で揚げた鶏肉を甘酢にくぐらせ、そこにタルタルソースをかける食べ物だ。

それが高知にあるのだが、なにやら普通のチキン南蛮と違うらしい。行くしかない。

1988年神奈川県生まれ。普通の会社員です。運だけで何とか生きてきました。好きな言葉は「半熟卵はトッピングしますか?」です。もちろんトッピングします。(動画インタビュー)

前の記事:高知で町全体をバイキング会場とする


生きるとは何か

生きるとは何か。チキンナンバンを食べることだ。一般的には「チキン南蛮」と書くが、高知では「チキンナンバン」と書くそうだ。変換ミスじゃない。

なんでだ。それはこの記事を読んでもわからないのですが、おいしいということだけはお伝えしたい。

001.jpg
鳥心と書いてとりしん。
002.jpg
鳥がおいしいお店。

めちゃくちゃ並んでいる。めちゃくちゃ並んでいて「並んでいるなー」と思った。行列ができすぎている。それぐらい人気店。

先日、かなり並ぶラーメン店に行ったら、自分の2個前で売り切れてしまって泣いたことを思い出した。ここで泣くとは比喩ではなく、本当に涙を流してます。この日のために前日、なにも食べなかったから。

そんなことを考えていたら、なんとすぐに呼ばれた。カウンター席ならすぐに案内できるとのこと。カウンター席でいいです!

003.jpg
ライス大や中、普通盛り、極小がある。極小って、小動物がどんぐりを食べるときの量か?

チキンナンバン定食を食べるとして、ごはんの量はどうしようか。大にしようと思ったが、小にした。今後のことを考えているから。

004.jpg
これがチキンナンバン。
005.jpg
ちゃんと見て。

キャッチャーミットが来たのかと思ったらチキンナンバンだった。あまりにも大きすぎる。そして、たっぷりとかかかったソースがおいしそう。なんだこれ、おいしそうだぞ。

006.jpg
大きすぎて箸では食べられないので、フォークとナイフで切りながら食べる。
007.jpg
切って食べる。横に見える黄色いのはスープです。

食べてみる。これはあれだ、オーロラソースだ。オーロラソースは、ケチャップとマヨネーズを混ぜたソースのこと。まさかあの二人がタッグを組むなんて思わなかったよな。

008.jpg
タルタルソースとはまた違った良さがあるな…。

肉は鶏ももを使っており、パリッと揚がった大きな鶏ももを甘酢にくぐらせて、そこにたっぷりとオーロラソースがかかっている。

しかもただのオーロラソースでなく、オリジナルのオーロラソースがこの揚げたもも肉に合う。タルタルソースがいちばんだと思っていた自分をなぐりたい。本当はなぐりたくない。温泉に行きたい。

もちろん、このチキンナンバンはごはんとめちゃくちゃ合う。ごはんの量、大にすればよかったと後悔するほどだ。「うまいなー」と思いながら、あっという間に完食してしまった。

009 (2).jpg
とてもいいものを食べている。

このあとお店を出たら、先ほどよりも行列ができていた。すぐに入れて本当にラッキーだった。

⏩ お弁当で食べるチキンナンバン

▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ