特集 2020年1月17日

集合写真の欠席者になれる鏡

集合写真に欠席した人は、後日写真を撮って右上の枠に収める。そんなお馴染みな決まりがある。

みなさんは、枠の中に収められたことはあるだろうか。ちょっと切ないあの枠。あれを日常的に体験できる装置を作りたいと思った。

2013年から、YouTubeチャンネル『無駄づくり』を開始し、無駄なものを作り続ける。
ガールズバーの面接に行ったら「帰れ」と言われた(動画インタビュー

前の記事:ザムザに"変身"できるARカメラを作って、盛りたい

> 個人サイト 無駄づくり

欠席者になりたい

私は集合写真に欠席したことがない。朝が苦手なので学校には欠席がちな学生だったけれど、集合を撮るときだけは欠かさず出席した。枠に収められるのが恥ずかしくもあった。

しかし、大人になった今、欠席者になって、あの枠に収まってみたいと思うようになった。なんか、面白いじゃないですか。

01.jpg

こういう感じのやつ

ただ、枠に収められるのは入学や卒業といったオフィシャルな行事のみだ。これから先、そのような機会はなさそうである。

なので、私は日常的に欠席者になれる装置を作りたいと思った。

欠席者になれる装置を作る

重要なのは、どうやって欠席者になるか。まずはじめに、「顔出しパネルにする」方法を思いついた。

しかし、私は生活の中に欠席者を溶け込ませたい。顔出しパネルは生活の中にない。ぐるぐる考えていると、「鏡」という答えが出た。

「欠席者になれる鏡」だ。欠席者のあの枠の部分が鏡になっているのである。

これを作ることで、毎朝の身だしなみを整える時間で簡単に欠席者になることができる。そして、毎日のように欠席者になれるのだ。やったー! ほら、みんなも声に出して喜びましょう。毎日、欠席者になれるぞー! やったー!

02.jpg
アクリル板

ということで、アクリル板と吹きかけたところがミラーになるスプレーを買ってきた。

03.jpg
スプレーを一回吹きかけた

アクリル板にミラースプレーを吹きかける。マスキングを徐々に狭めることで輪郭がぼけた鏡を作ることができるのだ。

したり顔で手法を説明したけれど、このサイトの編集長である林さんがこの記事で使っていた手法を完全にパクった。パクらせていただきました。

 

04.jpg
あれ……

パクったつもりが、技術が足りなくてなぜか輪郭がぼけずに完全なミラーになってしまった。

昨年やっていたドラマ、グランメゾン東京で天才シェフ尾花夏樹(木村拓哉)のレシピがライバル店にリークされたとき、尾花は「真似できるものならしてみろ」と言っていた。私はそのセリフを聞き流してしまっていたが、今さら響いている。そう、やり方を真似したところで技術が必要なのである……。

 

05.jpg
もう一度挑戦する。

しかし、私は2日かけて頑張った。今度はちゃんと輪郭をぼやかすことができた。

10.jpg

そして、肝心なのは写真である。フリー素材サイトを探しまくり、素敵な写真をゲットした。それを大判プリントする。

 

07.jpg
あとは、壁にポスターを貼り付け

 

08.jpg
作った鏡も貼り付ける。

これで完成だ。

いったん広告です

欠席者になれる鏡ができた!

 

09.jpg
「生活の中に欠席者を」がコンセプトです

 

欠席者になれる鏡ができた。

デカい。デカすぎるぜ。アトリエの壁がちょうど空いていたからよかったものの、自室にこれを貼るのは無理でした。

 

19.JPG
しかし、こう見るとなんか圧がある。

 

20.jpg
早速使ってみたが、どうだろう。

なんだか気が引き締まってしまい、自然と前で手を組んでいた。

21.jpg
自分の顔だけ大きくて恥ずかしいのも欠席者ならでは

 

12.jpg

ただ鏡を見ているだけなのに、入社式に欠席をする新入社員の気持ちになってきたような気もする。

 

13.jpg

自分で使っている分には「欠席者だ!」という気持ちになるのだが、写真を客観的に見てみると、欠席者というよりかは巨大生物だ。

巨大生物が窓から人間の生活を羨ましそうにのぞいているように見えてしまう。なんとかならないものか。

 

いったん広告です

ポータブルバージョンも作ってみた

 

16.jpg
100円ショップで買ってきたこの3面鏡

先ほど作ったものは「デカい」という難点があった。持ち運びができる小さいも鏡を作ることで、より気軽に欠席者になれるのではないか。そして、もっと小さくすることで巨大生物感がなくなるはずだと考えた。

そう思って、100円ショップで持ち運びができる3面鏡を購入した。

18.jpg
プリントする

先ほどの写真を鏡のサイズに合わせて編集し、プリントした。

17.jpg
カッターで切る

 

15.jpg
30分でできた

鏡の面積が極端に小さくなったが、これでいつでもどこでも欠席者になることができるようになった。やったね。ほら、みんなも声に出して叫ぼう。いつでもどこでも欠席者になれる! やったぜ!

スクリーンショット 2020-01-15 19.10.36.jpg
果たして、ちゃんと欠席者になるのか……

 

14.jpg
これは……

今度は、トリミングを間違った欠席者のいる集合写真になってしまった。

さっきはかっこつけて「もっと小さくすることで巨大生物感がなくなるはずだと考えた」とか書いちゃったけど、全く考えずに作っているのがバレる結果である。

 


欠席していこう

スクリーンショット 2020-01-15 19.11.21.jpg
時空の狭間から人間を見るモンスター

今までは愚直にいろいろなことに出席してきた。しかし、欠席した者にしか知り得ない体験もきっとあるはずなのだ。これからはどんどん欠席していこう。そして、欠席したいのにできなかったときは、この鏡で欠席気分を味わっていきたい。

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ