広告企画 2019年7月18日

山形市で一番人気なのは大学の学食とそこから見る美しい夕焼けだった~地元の人頼りの旅 in 山形市~

(自分で見つけた)お薦めスポット5:霞城公園手前の興奮スポット

お次は山形駅からも近い霞城(かじょう)公園へ。山形城跡を整備した広い公園で、中には体育館や博物館などがあり、地元の人の憩いの場ときいてやってきた。

021.jpg
東大手門。なんとなく犬が気になりひと休み。

 門の周りをよく見ると、お堀沿いにちょうど線路が走っているのに気づく。実はここ、お城と電車が一緒に見られるちょっとしたスポットだったのだ。

特に桜の時期は絶景で、その期間は電車がわざわざ減速して走るのだそうだ(犬の飼い主さん談)。へえ~!

022.jpg
春に来たい!

するとそこで突然、犬が線路に向かって身を乗り出した!わ~危ないよ!

13年間毎日電車を見届ける「鉄ちゃん犬」

023.jpg
興奮した犬(シュウちゃん)。電車が、くる!!

ちょうど18時頃。電車が立て続けに4本も行き来する時間帯があり、シュウちゃんはその電車が走る姿を見届けるのが日課なのだという。

ただ散歩の休憩してるのかと思ったら、この時を待っていたのか!

024.jpg
電車を見送るシュウちゃん

 

025.jpg
反対側に移動して、後ろ姿も見送る
026.jpg
飼い主さんも一緒に走る。大変!
027.jpg
新幹線。この満足そうな顔よ!
028.jpg
そしてラスト、一番好きだという仙山線。たまらず吠えてしまうほど興奮していた。

シュウちゃんは雨の日も雪の日も、そして桜の咲く日も、13年間毎日同じ時間に電車を見送っている。飼い主さんは大変だろうけど、この喜ぶ姿を見るために頑張っているそうだ。

029.jpg
毎日通ってるから手を振ってくれる運転手さんもいるらしい(乗り出して危ないよとサインを出している説もある)

ちなみに最後の電車が去ったあとはあっさり帰ろうとしていたのが面白かった。

030.jpg
飼い主さんはご近所で、この公園が自分の庭みたいなものらしい。羨ましい!

 公園は全体的にお城があった当時に復元する工事が進められており、園内の施設がどんどん移設される予定だそうだ。次に訪れた時は全く違った光景になっている事だろう。

そんな中でもシュウちゃんは変わらず通うのかと思うと何とも微笑ましい。

お薦めスポット6:車が無くても行けるぞ「山寺・立石寺(りっしゃくじ)」

さて翌朝。飼い主さん他、たくさんの人にお勧めされた山寺に向かった。

031.jpg
三角形の山に反応してしまう私

 

032.jpg
朝の8時半。

その名の通り山の中にお寺があるのだけど、山形駅から電車で20分弱で登山口のある駅にたどり着く。

松尾芭蕉が「閑けさや岩にしみ入る蝉の声」と詠んだことでも知られる有名スポットだ。

033.jpg
全景。これは大変そうだ!

 約1000段の石段があることから途中で断念したという人もいて、ビビりながら登った。ただ、道中にはたくさんのお堂や塔、修行に使った険しい岩場など見どころがあるので飽きることはない。

休みやすみ登って上まで1時間というところだろうか。

034.jpg
登るごとに煩悩が消滅すると言われている。
035.jpg
とても絵になる納経堂。
036.jpg
そして岩場にせり出すように建つ五大堂。

イチオシはなんと言っても五大堂からの眺め。涼しい風を感じながら見るそのパノラマビューは一時間かけて登った疲れを吹き飛ばすほどの絶景だった。登ってきた人みんなが笑顔になり静かにその景色を楽しむ。

037.jpg
山々が重なり美しい。秋もすごく良いだろうな~

 

038.jpg
この辺りの岩場にはなぜか1円玉が挟まっている
039.jpg
東北らしく、ポストに投函できるこけしがあった。中に手紙を入れられて、隣のポストから投函できる。

山の中に唯一あったお土産屋さんでもお薦めを聞くと、今の時期ならアレとアレよ!と熱く推してくれた。山寺から車ならすぐ近くの所とのこと。車かあ…!

040.jpg
結局車(タクシー)のお世話に。山寺名物の「力こんにゃく」と共に。

お薦めスポット7:山形の県花、紅花(べにばな)

 向かったのは山形名物のひとつ、紅花畑だった。高瀬地区という映画「おもひでぽろぽろ」の舞台にもなった所だそうだ。

紅花は江戸時代に着物の染料や口紅として京都で人気があり、かつては山形で広く栽培され、そこで財をなした人も多かったのだそう。ただ、今では観光用にいくつかの場所で見られる程度らしい。

041.jpg
あちゃ~まだ早かった! 一面に咲くのは7月中旬。

 

042.jpg
トゲが多いんだな。摘む場合は朝露がついて柔らかい朝に行うそう。

ふと、タクシーの運転手さんが「行く末は誰が肌ふれむ紅の花」と松尾芭蕉の句をそらんじてくれた。芭蕉も7月下旬に山寺を訪れた際に満開の紅花を見ているのだそうだ。

043.jpg
紅花農家さん「親戚が近くで果樹園やってるからそこ行けば」

 お薦めスポット8:さくらんぼは近所の農家さんで!

もう一つ、せっかくここに来たならと紹介されてたのはさくらんぼだった。山形駅についたときからあちこちで目にしてはいたけど、お土産屋さんやスーパーでは1パック数千~1万円とかするような高級なものばかり。薦められてもなかなか手が出なかったのだ。

が、この辺であれば農家さんで直接安く手に入るぞ。

044.jpg
武田果樹園さん。選り分け作業をしている所。

 

045.jpg
挨拶もそこそこに「ほら食べらっせ」と佐藤錦をくれた。いやほう!

濃厚な甘さが弾け飛ぶさくらんぼ。ずっと我慢していたこともあって超おいしい。しかもなんとLサイズ1パック400円で買うことができた。千円くらいで時間制限無しのもぎとり&食べ放題もあるらしいし、さくらんぼパラダイスである。

 

お次は3000万もする鍋を見に。
prof02.jpg
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ