広告企画 2022年5月19日

島根では神々も愛する酒と海鮮たこ焼きをいただくべし~地元の人頼りの旅 in 出雲市~

翌日。
早起きしたものの、バイクを借りるまで時間があったのでホテルの方にもおススメを聞いた。

026.jpg
自転車も貸してくれた。ラッキー!
いったん広告です

おすすめスポットその6:日本初の木造ドーム「出雲ドーム」

出雲ドームは出雲地方の伝統である木造りで、遠くからも目立ち、立派でかっこいい。
大きな空や奥に見える山々とマッチしていた。

027.jpg
晴れました!
028.jpg
できた当時は日本最大の木造建築だったそうだ。

コンサートやスポーツ会場に利用されているようで、この日はサッカーに使われていた。
雨を気にしないでいられることは大切だ。
きのうの嵐で身に染みている。

029.jpg
出雲ドームで小田和正さんのコンサートを見たという女性とわんこ。
いったん広告です

トラブル発生!バイクを取りに、松江へ

時間になりレンタルバイク屋さんに行くと、私が乗れないバイクが用意されていたことが判明。なんてこった!

でも、松江店に行けば用意できるという。
というわけで松江まで一緒にドライブすることになった。

030.jpg
お互いの色んな手違いが重なり、用意されていたのは私が乗れないバイク。急いで松江店へ!

県庁所在地である松江と出雲は、特急電車であれば35分程度と実は近い。
車だともう少しかかるけど、併せて旅することができる距離なのだと知った。

031.jpg
バイク屋さんによるプチガイドがスタート

基本は高速に乗っていたけれど、そこまでの道すがら、この辺は出西窯という窯元が有名だ、とか、電車と田んぼの光景が良いとか、よく働く真面目な県民性だ、など色んな話が聞けて楽しかった。

032.jpg
パーキングで、シジミで有名な宍道湖が見れた! でかい! 宍道湖超しの夕日は格別だそう。
いったん広告です

おすすめスポットその7:そもそもは裏メニュー!「出雲そば炒め」

無事バイクをゲットし向かったのは、大正庵という蕎麦屋さん。

出雲といえば3段重の出雲そばがとても有名なのだけど、こちらではなんと「そば炒め」がいただける。

033.jpg
出雲そばの激戦区、出雲大社ちかくにある大正庵。

入ってみると、お客はたくさんいるのに店主1人のみ。

私のあとに入ってきたお客さんたちには「あと30分かかるけどいいですか」と聞くも、みんな「待ちます」と答える。
人気店なのがうかがえる。

034.jpg
昔は裏メニューだった「そば炒め」
035.jpg
これが超おいしい! あまじょっぱさが唐辛子と合っているし、2種類のネギの食感も最高。

お腹がペコペコだったというのもあるけど、一瞬で食べ終えてしまった。
おやつみたいでもあった。

いったん広告です

おすすめスポットその8:地元民みんなのおススメ「出雲大社」

島根といえば?と聞けば出雲大社が出てくる人も多いだろう、一大観光地だ。

ただ、観光地は地元の人が行くか分かれる場所でもある気がする。
その点、出雲大社は、地元の人もしょっちゅう訪れる場所のようだ。

036.jpg
来ました、縁結びの大神様!
037.jpg
バイク屋さんが教えてくれた「護縁珠」ゲット。出雲の20霊場にあり、最後は紐でネックレスのようにつなげるらしい。御朱印とあわせて500円。
いったん広告です

拝むところが多い出雲大社、地元の人はここへ行く

出雲大社は人気に伴って、昔に比べるとお賽銭箱の数が増えているらしい。
どこで拝んでおけばいいのか悩ましいぞ。

038.jpg
ゴールデンウイークともあり、拝殿はたくさん並んでいた。ちなみに一列に並ばずとも横からお賽銭をしても本来は問題ないらしい。
039.jpg
人気の大しめ縄。ここがよく紹介されているので本殿だと思う人もいるがこちらは神楽殿。
040.jpg
本殿の裏手。ウサギたちもお参り。なお、出雲大社は2礼4拍手1礼。

本殿の中に鎮座する御神座は、実は本殿とは違う方向を向いているため、御神座にむかって横から拝むといいとも言われている(私は以前来たときそうしていた)。

また、本殿の周りにはお社がたくさんあるので、どこでどうしたらいいのか迷ってしまう。

041.jpg
そんななか、本殿のさらに奥にある素鵞社(そがのやしろ)は行っておいた方がいいと言われた。ヤマタノオロチを退治したスサノオノミコトがまつられている。
042.jpg
素鵞社の下には砂が置かれている。この砂がなんなのかは旅の後半で判明。
043.jpg
そして、地元の人がお参りするのは通称「北島さん」

出雲大社に訪れる観光客の流れについていくと、本殿を参ったあとはあのでかいしめ縄のある神楽殿へと左折する。

だが、地元の人は逆だ、右折するのだ。
そこには滝や庭園があり、空気がガラリとかわる北島國造館がある。

044.jpg
亀がひなたぼっこ。本殿のすぐ横なのに、いきなり閑静な場所。
045.jpg
大しめ縄のある神楽殿での挙式は人気だが、地元の人はこちらで挙式するそうだ。
046.jpg
北島さんの近くには、急な階段の先にある小さな祠の幻想的な風景や、巨大なムクの木も見られる。

広いので出雲大社だけでも1日過ごせそうだ。

だが、暗くなる前に行きたいところがあった。
出雲大社と並んで多くの人が勧めてくれた場所だ。

おすすめスポットその9:怖いけど絶景!「出雲日御碕(ひのみさき)灯台」

047.jpg
こわい!石積みの灯台としては東洋一の高さだとか。そもそも登れる灯台は珍しいらしい
048.jpg
こんなときに限ってレンズキャップを落とし(内側に)、思わずハハハハ…と知らないおじさんと変な笑いがおきた。

この灯台にどうしても登りたくて駐車場からダッシュした。
実は閉館時間をちょっぴり過ぎていたのだけど、私のゼエゼエをみたお姉さまがオマケで登らせてくれたのだ。

でも、そこから急な階段が163段もあって、さらに息切れした。

049.jpg
120年前に建てられた。高さは43.65m。
050.jpg
まわりは断崖絶壁だから、さらに高く感じる!
051.jpg
一帯には柱状の変わった溶岩も見られる。
052.jpg
あと、夕日スポットとして有名です!

そう、なんといっても出雲はとにかく夕日が美しいと言われている。
もはや海岸沿いならどこでもキレイに見えるが、この灯台エリアは特に人気で、夕日待ちの人たちがたくさんいた。

次のページではさらに最高の夕日スポットが!

logo02.jpg

⏩ 次ページに続きます

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ