特集 2019年1月20日

犬の目線で散歩したい(デジタルリマスター版)

何が見えているのかな

犬って、とても可愛いですよね。

人間として背が低めの私よりも、ずっとずっと小さいうちのワンコ達。
ちょこまかと器用に動くワンコ達は、想像だと視界は狭くて危険がいっぱいな気がするけどどうなんだろう。

たまには大好きな彼らの目線に合わせて散歩してみるのもいいかもしれない。

2011年04月に掲載された記事の画像を大きくして再掲載したものです。

東京葛飾生まれ。江戸っ子ぽいとよく言われますが、新潟と茨城のハーフです。
好物は酸っぱいもの全般とイクラ。ペットは犬2匹と睡魔。土日で40時間寝てしまったりするので日々の目標は「あまり寝過ぎない」(動画インタビュー)

前の記事:長崎では海辺でペンギンを見るべし~地元の人頼りの旅 in 長崎市~

> 個人サイト twitter

普段の散歩風景

我が家にはトイプードルが2匹いて、散歩はいつも同時に連れて行く。散歩コースは家族それぞれ色々あるけど、私の場合は公園を通って少し離れた神社を迂回するコースと、土手を歩くぼんやりコースの2パターンある。今日はその2箇所を散歩したい。

002.jpg
まずは公園に来ました

よく言われているように、犬というのは基本的に飼い主に従順で、散歩中は足元にピッタリとくっついて歩いてくれる。

その上プードルという犬種は、サーカスで活躍するのを見るとおり、知能や学習能力が高いらしい。

003.jpg
飼い主に従順で賢い犬たち

犬の紹介

しかしひと口に犬と言っても、やはりそれぞれに性格がある。せっかくなので今回手伝ってくれたうちの犬達を紹介したいと思います。

004.jpg
母犬「もこ」6歳。大人しめ。足が短くて優しい顔。外にいる時は割と従順。食い意地が凄くて何でも食べたがる。家で抱こうとすると噛む
005.jpg
息子犬「ゲンキ」4歳。やんちゃ。足が長くて彫りが深い。動くものには何にでも興味を持ってとにかく元気で甘えん坊。人を噛んだ事は一度も無い


このように、親子であっても性格は全く違う。やはり犬の世界もメスの方が大人しいように思う。表情もメスの方が優しげでオスの方はキラキラと少年ぽい目をしている気がする。食べ物への執着はもちろんメスの方が強い。 

犬の目線の高さを計測

さてそれでは犬の目線の高さを計ってみます。

006.jpg
大人しいもこは測りやすい。だいたい30cmか
007.jpg
動き回るゲンキを落ち着かせて。うん、だいたい30cm
008.jpg
犬は散歩中よく地面のニオイを嗅ぐので実際の目線はもっと低いですけど

どうやって同じ目線で散歩するか

さて次に、一体どうやって犬の目線になるか。今回の企画の肝だ。この日撮影する事を決めたまではいいのだけれど、どうやって体験するのかは直前まで決めていなかった。

009.jpg
理想のイメージは浮かんでいた


いや、上の絵のように車輪をつけた台の上に乗るイメージまでは決まっていた。けれどこんな台は都合よく見当たらない。どうしたものかと部屋にあったもので作ってみたものの、試しに乗ってみたら一瞬で壊れてしまった。マズイな・・

010.jpg
ヒント:ダンボールとキャスター

焦った私は違う代用品、しかもしっかりと乗れるものをすぐに手に入れなければとようやく頭を使いだした。

011.jpg
そして手に入れた寝板。
012.jpg
年季が入っているが頑丈そうだ。


これは車の修理の時なんかに車の下にもぐりこんで作業する時に使用する寝板と呼ばれるものである。ネットで探すと3000円位で手に入るらしいが間に合わないので近所の車修理工場を当たった所、なんと1店目にして快く貸してくれたのだ。

013.jpg
いやー助かったわ。いい人いるよねー

こうして自作のへなちょこ台車が一瞬で壊れた1時間後には無事、頑丈な寝板を手に入れる事ができた。最初からもっと頭使えばよかった。

という事で、これに乗って犬たちと散歩したいと思います。

いったん広告です

初乗り

公園の入り口で試しに板の上に乗ってみるととても安定していた。これなら安心して犬の視線で散歩できる。でも、何だか必要以上に安定しているぞ・・というか全然動かないじゃん!

014.jpg
ちぃとも動きません

砂利ですよね。
砂利の上で車輪が回らず全く動く気配がないですよね。こうして早くも私の公園デビューの夢は終わりました。

そこで、あまり車が通らない公園脇の道路を散歩する事にした。まあここも犬の散歩に通る事あるので良しとしましょうよ。

015.jpg
ここなら動きそうだ

夢の犬目線

地面を足で蹴ってみるとスムーズに動いた。いよいよ犬の目線で、犬達と並んで散歩できる時が来た。

016.jpg
わーい
017.jpg
ほらーワン達一緒にいくよー

この時、私の中では先ほどのイラストのように皆でキャッキャと仲良く走る画を浮かべていた。だけどどうだろう。犬達は完全に私を無視してるじゃないか。

ほら!君らと一緒の目線だよ!と声をかけて呼ぶ。

018.jpg
ペロペロの刑

ようやく飼い主が自分たちと同じ目線になった事に気づいたワン達。すると凄い勢いで顔をなめてきた。

そういえば家でも顔を近づけると凄い勢いでなめてくる。そうか、人間が犬と同じ目線で散歩したらこういう目に合うのか。

019.jpg
もういいて
020.jpg
目線の高さ測り忘れてた。だいたいこれ位かな

犬たちの反応

ひとしきり顔をなめられた後、改めて足で地面を蹴って進んでみる。

021.jpg
いっくぞー!
022.jpg
渋い

私が動き出したらワンコ達も喜んで一緒について来ると思ったのに、さっきから反応がイマイチだ。

仕方がないので勝手に犬になった気持ちで周りを観察してみる。

023.jpg
地面が近いな
024.jpg
ゴミとか側溝の汚れが気になるな
025.jpg
周りの人はもっと気になるよね

この日は天気の良い日曜日の午前中。のんびりと散歩する人や子供たちが公園からこちらを見ているのを感じる。それでも楽しそうに見えるのか春が近いという理由からか、暖かい目で見てくれていた。

ひとしきり進んだ後は、一度立ち上がり方向転換。最初は散歩コース全部行こうと思ったけど危ないので狭い範囲で楽しむことにします。

026.jpg
そしてまたペロペロの刑

自然と言葉に出た「3匹引っ張って」

自分で足で蹴って思う存分ウロウロした。でもなにかもう一歩犬の気持ちに近づけないものだろうか?

そうだ、カメラ係をしてくれている友人に引っ張ってもらおう。

027.jpg
友人に散歩してもう日が来るとはね

私専用の紐、そして犬たちと並んで散歩したいので犬の紐も友人に渡し「3匹引っ張ってくれる?」と聞いた。

「え、3匹?」と友人が聞き返すまで気づかなかったけど、自分の事を完全に犬として数えていた。
既に割と犬の気持ちに近づいていたみたいです。

いったん広告です
028.jpg
めんどくさそうなデカ犬
029.jpg
散歩楽しいワン!

こんな犬、飼いたくない。
きっと飼い主(友人)もそう思いながら引っ張っていただろう。

030.jpg
飼い主への目線はこんな感じ
031.jpg
仲間の犬の後ろ姿はこんな感じ
032.jpg
心配げに振り返るもこ。おかまいなく先を行くゲンキ

当初の散歩の理想イメージとはちょっと違うけど、こうやって犬のお尻を見ながら散歩するのも悪くない。
ニヤニヤしながら堪能した。

033.jpg
犬のストーカー

ここで犬の目線の散歩動画を撮ってみたのでどうぞ。

古いカメラで撮ったのでレンズにゴミついてますが、目に入った小さい虫と思って気にしないでください

子犬の気分

友達に紐を引っ張って貰いながら動画を撮ってみたのだが、どうやら犬にしては重かったらしく、軽快には前に進まない。前を歩くもこが何度も振り返っては心配そうに見ていた。

「大丈夫かしらこの子?」そんな母犬らしい反応が見て取れた。ヨチヨチ歩きの子犬の気分で見るとちょうどいいかもしれない。

仲間が登場

そんなこんなしていると、公園側の通路に他のトイプードル一家が登場。

034.jpg
仲間がきたぞー!ワイワイ(飼い主の目線)
035.jpg
犬(今の私)の目線

犬の目線で見ると犬密度が濃いこと!この後さらに密度が濃くなった。

036.jpg
こんにちわん
037.jpg
わーわー (ゲンキよ・・本当にやんちゃだな)
038.jpg
砂利の上なのでこうやって撮ってますけどね

寝板に乗らずとも、こうしてカメラの位置を低くして撮れば犬の目線が分かるのだ。(いま自分で企画を軽く否定してしまいした。)

039.jpg
ビーグルも登場。大きく見える!
040.jpg
すごい笑顔が間近に見れた。

こうやって見てみると、自分もすっかり背が低くなったみたいだ。それにこんなにたくさん仲間が集まると、テンションが上がる犬の気持ちも分かる。

次の散歩スポットへ 

犬達の笑顔も見れた事だしそろそろ次の散歩場所、荒川の土手へ向かおう。公園とはまた違った風景が見えるに違いない。

041.jpg
ラクして運ぼうとしていたとこ撮られてた
いったん広告です
042.jpg
土手に着きました
043.jpg
伸びきったスカイツリーが見える


散歩でしょっちゅう来るこの土手。一年を通して色んな景色を見せてくれる(主に雑草の生え具合で)ものの、毎回そんなに激しい変化がある訳でもない。

しかし今日は目線を変える事で、いつもとは違った土手の風景に出会える気がする。

044.jpg
この坂を一気に下ってみようか

犬が走っている気分になれるかも

土手には公園に無いものがあった。坂だ。
寝板に乗ってこの坂を下れば、あたかも犬がキャッキャと走っていくのを体感できるのでは無いだろうか。

045.jpg
人間が犬になる時の通過儀礼ペロペロを受けた後、
046.jpg
恐る恐る下ってみる・・動き出した~
047.jpg
3匹で土手を走る。やった!

ここにきてようやくイメージしていた理想の画が撮れた。寝板も調子良い感じで滑り出し、犬たちと並んで走ることができた。私がやりたかったのはこれですよ!

048.jpg
でも途中で飽きたのか
049.jpg
どっか行っちゃった
050.jpg
・・・

喜んだのもつかの間、あっという間に犬達に飽きられてしまった。もっと興味もって欲しかったです。

ここでも動画を撮ってみたのでどうぞ。

いつもとは違って見える土手の光景。犬が走っているように見えなくも無い。

犬達を画面に入れようとよそ見をしながら走った為、途中で縁石に当たりそうになってしまった。「うわ~!」と情け無い声を出しながら(ほんとに情け無いので音消してます)方向転換をしたら、今度は危うく自転車にひかれそうになる始末。

051.jpg
縁石に当たるっ!
052.jpg
それよけたら今度は自転車っ!

多少予測をしていたけど、犬の周りは危険がいっぱいだという事を身をもって知った。

人間が安易に動物の真似ようとしたら怪我をする。きっと人間よりも優れた瞬発力や耳、鼻があるからこそ犬達はこういった危険を回避できているのだろう。

犬の目線=五感を刺激される

こうして今回、公園と土手を犬の目線で散歩し一番感じた事、それは地面がとても近いという事だ。

053.jpg
犬の目線は地面、草、空
054.jpg
地面、奥にスカイツリー

それはつまり、人よりも大地の温度を感じ(この日はちょっと暑かった)、地面から伝わる音を感じ(寝板がゴロゴロうるさかった)、低い所の空気(ほこりっぽい)、匂い(なんか、自然の匂い)、そういったもので五感を刺激されるということでもある。

055.jpg
鳩 on the 地面

・・私達人間は、落ち込んだり悲しい時なんかについ目線を落とし下を見てしまう。そんな時は、坂本九さんの歌を思い出して上を向いて歩くのもいいだろう。

056.jpg
犬は匂いを嗅ぐためにしょっしゅう下見てますけど
057.jpg
あ、こんな花あったのか

でもこんな風に、犬達のように地面に顔を近づけてみたらどうだろう?疲れ気味の五感をフルに刺激され、たくましく咲く花を間近に見たら、ああ生きるって素晴らしい、と思えるかもしれない・・。

(音楽スタート)

058.jpg
(上を向いて歩こうのメロディで)
♪いーぬのめーせんで、みーてみようよ
059.jpg
♪なーにかにー、ひかれーないよーに
060.jpg
♪おもいーだすー おーしりー
061.jpg
♪たまーらないよね いぬー
062.jpg
・・やっぱりあんたストーカーだワン

疲れている時にいいかもしれない

最後ら辺が唐突でおかしなまとめになってしまってすみません。
しかし今回の企画で、目線を変えれば涙が止まる事もあるし、可愛い犬のお尻が間近に見えてほっこりする事もある。そういう事が分かった。

他にも猫の目線、虫の目線など、色々な目線でも楽しめるのではないでしょうか。なんだか疲れて人間やめたくなったらトライしてみるのもいいかもしれません。その場合は何かにひかれないように気をつけて。

063.jpg
最後は人間に戻りました。
▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓