特集 2021年8月7日

電車代が高すぎて途中下車したくない途中下車の旅

千葉県に電車代が高いことで名高い鉄道がある。 なんでも電車代のせいで、できれば乗りたくない住民もいるほどとか。 あらやだ。一体どんな鉄道なのかしら。魅かれる。

 そこで今回は、電車代的にも途中下車はしたくないそんな鉄道で、 途中下車の旅をしまくってみたいと思いますッ!(ってコロナ禍前の撮影ゆえもろもろ昔情報ですみません。)

多摩在住のイラストライター。諸メディアにおいて、フマジメなイラストや文章を描くことを専門としながらも、昼は某出版社でマジメな雑誌の編集長をしたりするなど、波乱の人生を送った後に、新たなるありのままの世界へ。そんなデイリーポータルZでのありのままの業務内容はコチラを!(動画インタビュー)

前の記事:もう千葉県は柴県(柴犬)でいいんじゃないか

> 個人サイト ヨシダプロホムーページ

それが千葉県にある「北総線」という鉄道なのだが、とある理由で電車代がすごく高くなっているらしい。実際に乗ってみて、途中下車しまくり各所を体感してみたら、その理由がわかるかもしれない。

a00.jpg

そこで、気は進まないけど、途中下車の旅を始めてみたいと思うが、そんな北総線の象徴として、今回の出発点としたいのがコチラ、

senhokusou.jpg

t01.jpg

a00idai.jpg

まずは、こんな所だが、印旛日本医大なんていう名前だけに、病院がある。天気のせいか、どう撮っても

a01.jpg

すこぶる資料画像のようになってしまったが、マジ病院である。

a02.jpg

そしてこの病院、ただの病院でなく、全国でも有数の

a03.jpg

ドクターヘリ!!までもあったりするスゴイ所で、あの「コード・ブルー」のロケも行われたとか! マジHANABI。医療も万全な住み良い町なのだね。
そんな地から、途中下車しまくる旅、行ってみたいが、改めてこの駅

a04.jpg

なんか画的にヤバイ。なんでこんなことになっているのかはわからないが、いざ中に入ってみても

a05.jpg

ほぼルネッサンスの宮殿。上部を見上げてみても、

a06.jpg

もはやサイゼリヤであった。そして駅なので当然

z04.jpg
※昔の撮影時時点。

路線図が掲げられているのだが、すぐに途中下車することになる西の隣駅までは、一体いくらなのかしら?と、見てみたところ、

a08.jpg
※昔の撮影時時点。

ぎょッ!! 高ぇッ!! 初乗り一駅で、300円超え!?京王線なら多摩から新宿辺りまで行ける!マジか!こりゃ高ぇ。逆サイはすぐ成田空港でゴールになっちゃうので、今回は西に向かうけど、そっちにいたっては一駅400円超えって!どんな距離価値~!?

a09.jpg

こんな路線、一駅ずつ途中下車してたら、一体いくらかかってしまうのだろう…と早速憂鬱になったが、しかたなく改札をくぐっていく。

a12.jpg

そしてホームに行くと、さっそく

a13den.jpg

電車が登場! はたして、こんな高額な電鉄の車内とは一体どれほどのものなのか! 一体どれほど五つ星なのか! それがコチラ!

a14.jpg

…まぁ普通だったね。そして、ほかに乗客がいない貸切感が高級感を高めてくれてはいる。これはいいことなのか。ちなみに車内に貼ってあるビラは、さすがの

a15.jpg

北総仕様。これは昔のなので、現在はもっと充実していることだろう。たぶん。そして電車が発進すると、千葉の車窓から、千葉なりの風景が過ぎては消えていくなか、

a16.jpg

なんか変なモノが見えたりした。それにしても、確かに次の駅までの距離が長い。さすが310円である。でも高い。そして、次に現れる駅が告知されたのであった

a17.jpg

知らない。でも今回は一駅ずつ途中下車しなければならないので、
とりあえず降りることにする。

senhokusou.jpg

t02.jpg

では次の「印西牧の原」という所に到着。そしたら、なんかまた

b00makino.jpg

構内がすごかった。さすが高額路線。意識高め。で、あらためて改札を出るわけだが、

b01.jpg
※昔の撮影時時点。

高ぇ。一駅でこの値段とは。京王線だったら多摩から新宿辺りまで行ける。その情報もういい。では、こうして降り立った

z03.jpg

この「印西牧の原」という街を満喫してみたいと思う。

すると早速、ここは市的には印西市という市にあたるため、当市の

b07.jpg

名所案内マップがあったのだが、

b08.jpg

沼の夕日。他になかったのだろうか。そしてまず駅を出て、左に向かうと、なんだかショッピングモール的なものが現れた。その名も

b05.jpg

「ビッグホップ」!!

b06.jpg

開けているが、人が…!サッカーで言うところの「スペース」がスゴイ。でもココ急に観覧車があったりして熱いスポットなのであった。

一方、今度は駅から右へ向かうと、またショッピングモール的なものが現れた。その名も

b09.jpg

「モア」!

z07.jpg

また開けている!サッカーで言うところの「スペース」がスゴイ。
でも100均とかもあったり熱いスポットなのであった。
そんな一方、ちょっと遠方に足を伸ばすと、この街には
 

b11.jpg

浄水場!!もあるのであった。さっき電車の車窓から一瞬見えた変なモノはこれだったのか。

b12.jpg

無機的すぎて何の所感もない。
そんな一方、さらには

bb10.jpg

ケーズデンキも!! 新製品が安い。

そして、クールな

08shoubou.jpg

消防署も!あるのであった。クールさが千葉のレベルを超えていた。

そして、この街の目玉と言えばやはりこれであろう、その名も

09.jpg

「ジョイフル本田」!! とにかくデカすぎることで有名なホームセンターで、北関東の方には、ジョイフルと言えば本田なほどで、この世のすべてがジョイフルにはあるのであった。

b01a.jpg

と、いうわけでこの牧の原、すこぶるジョイフルな街で、降りてよかったのたであった。みんなも途中下車してみようぜッ!

ではまた、次の駅へと向かいたいが、路線図を見ると

b02.jpg
※昔の撮影時時点

また一駅300円超え。破格。あぁ、途中下車したくない、と思いながら、また乗り込み、

b13.jpg

次の駅ですぐ下車してみよう。あぁ。

いったん広告です

senhokusou.jpg

t03.jpg

ではまた次の「千葉ニュータウン中央駅」に着いちゃったので、

c01new.jpg

1駅なのに300オーバーな高い金払って、降りる。あぁ。すると、そんな僕を励ますかのように、待っていてくれたのは、印西市の

c02.jpg

謎の犀キャラ。印西(インザイ)市なため、よりによってサイ。強引なうえにかわいくはない。するとだいぶ

c03.jpg

センターなビルが。だいぶセンターだが、その壁面にて、

c04.jpg

電光掲示板、だが 

c05.jpg

だいぶ欠損で、謎の意味深さが。これ撮影したのはだいぶ昔なので、もう直ってくれていることを願う。すると、そんななか、

c09.jpg

ジャスコが。イオンだが、千葉っ子にとってはずっとジャスコである。また、その周囲に、

c08.jpg

謎の突起物が。衛星でも落ちたのだろう。すると

c06.jpg

謎のモールが現れたが、いざ入ろうとすると

z02.jpg

店の看板が、道をふさぎ過ぎている気はした。人はいなかった。

そして、じつはこの辺りには

bb11.jpg

コストコも。もうアメリカだ。

一方、当町千葉ニュータウンの

c10.jpg

URが紹介されていたのだが、その名前に

c11.jpg

千葉ニュータウンつきすぎ! と、多摩並みのニュータウンアピールに、心が震えた。ではそんなニューな街を後にして、

c00.jpg
※昔の撮影時時点。

(さっきと向き逆だが、)また1駅300オーバーで 

c13.jpg

次の駅に向かうことにした。またすぐ降りるのか。あぁ。

senhokusou.jpg

t04.jpg

続いてやって来たのが

z05.jpg

小室駅。

d02.jpg

小室世代としては、名前からして高ぶるが

d03.jpg

 懐かしの伝言板が。昔のBBS。ログ保存3時間はキツイ。

d04.jpg

300円以上の価値を見出したいが、その駅前には

d05.jpg

スーパーが。吸い込まれてしまいそうだが、

d06.jpg

ビラのフォントが、おしなべて行書だった。

一方、その通りに目をやると、

d09.jpg

なんか青々してるが 

d10.jpg

何かを記念した子供たちのレリーフが、壮観に刻まれていた。が、

d11.jpg

ポケモン流行りすぎだった。個性を大切にしてほしい。が、

d12.jpg

個性的すぎる匠のような作品もあり、困った。

と、当所も満喫しきれたので、

d15.jpg
※昔の撮影時時点。

また次の駅へ。もはや200円でも安く思えるが

d16.jpg

またすぐ降りることに。あぁ。

senhokusou.jpg

t05.jpg

そして今度は「白井」という街へ。

e01shira.jpg

白井。名前がシンプルで、こういうのでいいんだよ、と思うが

e02.jpg

駅前のセンターもシンプルでよかった。そしてこの時は、

e07.jpg

ゲオも。ゲオ好きとしては魅かれるが、ここで借りたら返すの大変なのでやめておく。

その一方、白井、梨推しがパない。たぶん名物なのだが

e03.jpg

バスが梨。まぁありえるが、

e05.jpg

時計が梨。なんかムカついた。

e11.jpg

そして、村の力持ちが儀式の際に持ち上げるような丸い物があったが、こうなるとこれも、梨なのかもしれない。すると、

e09.jpg

「梨の泉」までも現れたが、

e10.jpg

枯れていた。梨フォーエヴァー。

ちなみに

e04.jpg

ケーズデンキもあった。新製品が安い。が、やや多い。

では満喫しきったところで、

e12.jpg

次の駅へ、また200円程度で助かるが

e13.jpg

また行ってすぐ降りよう。あぁ。

senhokusou.jpg

t06.jpg

そして「西白井」という駅へ。さっきの白井よりは西なのだろうが、

f01nishi.jpg

もう特に何もなかった。

と、ただお金だけが減っていくなか、また次の駅へ向かうが、

f02.jpg

なんか都心っぽい名前になってきたぜ!(気のせい)

senhokusou.jpg

t07.jpg

そして着いたのが「新鎌ヶ谷」である。だいぶ西へと上がって来ているゆえ、

g01kama.jpg

今までより、なんとも都心感が感じられ、

g02.jpg

もうほぼ東京であった。

で、実はこの新鎌ヶ谷、駅的にはだいぶジャンクションになっていて

g03.jpg

この辺りから、いろんな路線が乗り入れてきて、純粋な北総線らしさは、ここまでっぽい気がするので、

g04.jpg
・           「もういいや」

と、強制終了!!することに。コストもパなくなってるし、さすがに途中下車の限界に達してしまったので、もうヨシとしてあげよう。

senhokusou.jpg

と、そんな北総線、最後にそもそもなんでこんなに高いのかというと、おおかまには、建設費が高くついたのに千葉ニュータウンの住民が思いのほか増えなかったため、らしく、

z06.jpg

ならしょうがないね。ってことで、各駅いちいち降りると鬼コストだが、各駅それに見合った駅にはなっていたので、ぜひいつか北総線を堪能してみてくださいませ。よろしくお願いします。ではまた。


 

はい、以上いかがでしたでしょうか、今週の「人生、途中下車」。これからも下車していきましょう。

zz02.jpg
何度も下車してゴメン。

 

 

▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ