ちょっと聞いてよ 2023年5月21日

ひさしぶりの「さくら水産」がいい店だった

2000年代のなかばごろ、東京都心でお金がないときに行く居酒屋はどこだったか。

よく思い出してほしい、それは「さくら水産」ではなかったですか。

おつまみメニューは50円から、お酒も200円台からあってとにかく安かった。

でもどうだろう、もう何年も行ってない。

東京生まれ、神奈川、埼玉育ち、東京在住。Web制作をしたり小さなバーで主に生ビールを出したりしていたが、流れ流れてデイリーポータルZの編集部員に。趣味はEDMとFX。(動画インタビュー)

前の記事:水が甘くなるたくあんを求めて(デジタルリマスター)

> 個人サイト まばたきをする体 Twitter @eatmorecakes

安くて(物理的に)明るい店、さくら水産

さくら水産といえば、2007年にライター大坪ケムタさんが企画、執筆した記事「魚肉ソーセージ100人前」 がいまでも記憶として鮮烈だ。

6.jpg
このインパクト!

50円のおつまみメニューである魚肉ソーセージを、100人前(参加希望者がたくさん集まった結果実際は150人前)予約して出してもらうという企画。

記事の最後には、それだけ頼んで、さらに他のメニューも大いに飲み食いして一人2000円強だったとある。

さくら水産はつまみもお酒も安かった。 

照明が暗くなく、物理的に明るい店舗が多かったようにも記憶している。

やんちゃで飲み方をまだ知らない学生が集まるというより、会社勤めの人たちが好きで使う、怖くない店だった覚えがある。

160店舗→18店舗 になっていた

さくら水産は1号店が1995年開店、以降160店舗近くを展開していたようだ(wikipediaより)。

2010年代に入り経営にいろいろあったらしく、現在「さくら水産」名義での営業は18店舗(2023年5月現在)だという。

調べて知って「でもまだあるのか!」とほっとしたところもあった。それくらい見なくなった。

2000年代中頃の東京都心は街を歩けばさくら水産があった。

大阪で創業した鳥貴族の東京進出は2005年だそうだ。さくら水産が鳥貴族に変わった、というのは(もちろん飲食業界の他のさまざまなうねりを織り込みつつも、であるが)、東京のまちの景色の変遷としてひとつある気がする。

top.jpg
魚肉ソーセージの記事が2007年、その9年後、2016年にライター斎藤充博さんによる鳥貴族の良さを伝える記事が載った。どうゆう楽しそうさかよ。記事「鳥貴族に目覚める15のメソッド」

東京で現在も営業しているさくら水産は8店、うち7店がビルに入った店舗で、路面店は西日暮里駅前店のみのようだ。

ストリートビューを見てみると看板がかつてとは違う茶色を基調としたデザインになっており、勝手にいろいろあった感を感じてしまった。

いったん広告です

新宿西口店はぜんぜん昔のままの看板でした

そんなわけだから、先日新宿駅の西口に用があって行った際、通りがかったビルの1Fに、かつてとまったく変わらない、あの「さくら水産」の文字が出ているのを見つけてくわっと飛びついたのだ。

IMG_E3250.JPG
あっ!
IMG_E3254.JPG
さくら水産あるじゃん! EVERYDAY THE SAME LOW PRICE!

西新宿には貴重なさくら水産の東京8店のうち2店がある。

ヨドバシカメラ一帯の奥にあるここは新宿西口店で、店舗はビルの5Fのようだ(もうひとつは東京メトロ西新宿駅のビルにある)。

IMG_E3256.JPG
5Fまでスーッと上ってきてしまったな……

平日の夜、飛びついた勢いで入るとコンパクトな店内はほぼ満席だった。

落ち着いたふつうの良い居酒屋の雰囲気だ。そうか、こんな感じだっけな。

IMG_E3263.JPG
おお、今はタッチパネルなんだなあ

かろうじて空いていたカウンターに通されると、目の前には注文用のタッチパネルがある。

コロナ禍に入って一気にタッチパネル形式のオーダーがどのお店でも加速したが、ここがあのさくら水産だと思うとピンと来ず、過去から未来にやってきた感が味わえた。

IMG_E3268.JPG
席料(お通し)は350円、写真が地味になっちゃったんですが、ちゃんとした味付けでおいしい
IMG_E3261.JPG
真ん中の黄色いラベルのさくら水産グループのソース、昔もあったような……
IMG_E3296.JPG
まずはドリンクメニューから確認……あ、居酒屋としてわりと普通の値段になってる

さてはここ、いい居酒屋だな 

さらに料理メニューを見てうなった。

ちょっとしたお料理があれこれ出る。もしかして、ここはちょうどいい感じの店なんじゃないだろうか。

だって、「天然真鯛と春野菜のしょうが蒸し 891円」って書いてある。気の利いたくすぐりがあるタイプの料理、いい店のふるまいだ。

IMG_E3278.JPG
感じのいい季節メニューじゃんかよ……
IMG_E3267.JPG
日毎のおすすめ料理もお刺身とお寿司がたくさんある……!
1.jpg
ちなみにかつてのメニューはこんな感じ、フォントが懐かしすぎて泣いちゃう(「魚肉ソーセージ100人前」より)

隣の席ではひとしきり飲み食いしたらしい会社員風の方が、締めだろう、チャーハンを食べていた。

上になにかふわふわした綿毛のようなものがのっており、メニューをみてみると、かにである。

IMG_E3289.JPG
おーい! うまそうですね!?
IMG_E3293.JPG
メニューが全体的に水産の面目躍如

久しぶりに会って人に対して思うのは「変わらないなあ」と「変わったなあ」その両方だ。人は変わらない、そして変わり続ける生き物である。

さくら水産、きみもそうだ。変わらないから見つけられたけど、変わった。

IMG_E3286.JPG
本日のおすすめから、勝浦のそれは美しい金目鯛のお造り540円と、
IMG_E3300.JPG
店内でさばいて作るというふわっふわの生アジのフライ450円をいただきましたよね……

20代のころ安くて明るくてうれしい居酒屋だったさくら水産は、40代の私にとって、落ち着いて酒が飲めておいしいおつまみが食べられるうれしい居酒屋になっていたのだ。

まさか、一緒に歳をとっていたとは。

魚肉ソーセージは10年以上前になくなってました 

店員さんに「久しぶりに来ました、おつまみ全部おいしかったです」とお伝えしつつ「むかしは魚肉ソーセージとか、安いメニューをよくたのみました」と言うと、「ありがとうございます、魚肉ソーセージ懐かしいですね、もう10年以上前かな、なくなっちゃって」とのことだった。

10年以上前というと、2011年の2月にいちど経営的に大きな節目を迎えていたようだから、もしかしたらそのタイミングかもしれない。

もういちど大坪さんの記事に戻る。その安さへの言及のため冒頭で「ランチはご飯・みそ汁に卵食べ放題で500円」とふれられている。

調べたところ、さくら水産は現存する店舗のうちでは新大阪東口店以外がランチ営業もしているようだ。

IMG_E3311.JPG
1Fの看板にランチメニューが出てた。良いランチだ!
IMG_E3312.JPG
これは良いランチだよ!

ご飯とみそ汁はお代わり無料、夜のおつまみメニュー同様、値段は普通に、そしてかなり美味しそうなことになっていました。 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←
ひと段落(広告)

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

バックナンバー

バックナンバー

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ