広告企画 2019年3月25日

入社してはじめてのプレゼンテーション!自信を持って乗り切るために必要なこと

入社1年目の社員がはじめてのプレゼンに挑みます。

人前で話をするというのは緊張するものである。

どんなに慣れた人でもまったく緊張しないというのはうそだろう。それが社会人1年目の新人さんによる初めてのプレゼンテーションであればなおさらである。

今回はそんな悩みを抱えるある社員のために、いろいろ考えました。

 

※この記事は東京ガスコミュニケーションズの広告企画です。記事中で社会人1年目の芳沢さんが作ったバナーは、この記事の公開に合わせて実際にデイリーのトップに出稿されています。

1975年愛知県生まれ。行く先々で「うちの会社にはいないタイプだよね」と言われるが、本人はそんなこともないと思っている。(動画インタビュー)

前の記事:群馬県のおすすめ教えてください!~投稿頼りの旅in群馬~

> 個人サイト むかない安藤 Twitter

社会人1年目の成果

芳沢さん(本名)は東京ガスコミュニケーションズに入社して1年目の社員である。

001.jpg
芳沢さん(赤)。先輩社員の宮川さん(白)。

芳沢さんは東京ガスコミュニケーションズにデザイナーとして入社して1年目。この1年ですでに新聞やウェブサイト、キャンペーンなど、大きな仕事のクリエイティブ(作り物)を任されてきたという。

002.jpg
芳沢さんの手がけた「仕事」を見せてもらった。

いま社会人の人は自分の1年目の頃を思い出してほしい。ほとんど研修期間だった人もいるんじゃないだろうか。僕は1年目の夏に新人寮の廊下をはだかでうろついて寮長さんに写真撮られ、会社に送られたことがある。

いま学生をしている人は自分の未来を思い描いてほしい。就職して最初の年、バリバリ働く即戦力となっている自分が想像できるだろうか。

003.jpg
芳沢さんは1年目からバリバリやった。

これはきっと社風だとか部署の都合だとか、芳沢さんの能力や資質などの他にも要因があるのだろうとは思う。それにしても、である。入社1年目の社員にこれだけの成果を作りださせたのはちょっとすごいことではないか。

そんな芳沢さんが今抱えている案件がある。次に入ってくる後輩に向けての採用サイトのプロモーションだ。そのためのバナーをいくつか考えて、今週上司にプレゼンすることになっているらしい。ちなみに芳沢さんにとってプレゼンテーションの大舞台は初めてのこと。

今回、芳沢さんの上司である宮川さんから「後輩の芳沢が作ったバナーを見てほしいんです」という相談を受けた。

僕たちはデザインの素養がないので見てもわからないかもしれないですよ、と言いながらも、面白そうなので見せてもらうことにしたのだ。

004.jpg
そしたら自信なさそうなんだこれが。

これまで自信満々に説明していた芳沢さんが、なんだか急に誰もがイメージする「1年目の社員」に戻ってしまった。どうした、芳沢。

芳沢「いくつか案を考えたんですが、考えすぎて面白いのかどうかわからなくなってしまって」

005.jpg
なるほどー。

わかる。面白いことって考えすぎると行く先々に壁が現れて、そこから出られなくなってしまうのだ。そういうときの対処法も実はあるにはあるのだけれど、そういう小手先の対処法を新人さんに教えるのもよくないように思う。

ということで僕たちなりのアドバイスをさせてもらった。

006.jpg
「フォントは明朝とかじゃなくてもっとバカみたいなやつがいいですよ。」「なるほどー」

とはいえ僕たちにできることなんてしょせんその場を和ませることくらいである。あとはとんちでプレゼンを乗り切る、とかしか…

「とんちで!(宮川・芳沢)」

007.jpg
「それだ!」

それか?

というわけで、僕たちからはとんちを駆使して新入社員の芳沢さんのはじめてのプレゼンテーションをサポートさせてもらうことになった。これは責任重大である。

 

0319手動動画.gif
※記事中のバナーはすべて芳沢さんが作りました。
▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓