特集 2022年11月3日

平日・出勤前のファミレスモーニングが尊い

朝、朝食を食べる。

当たり前のことである。

しかし平日出勤前に、ファミレスのモーニングを食べたことはなかった。

ひとの少ない平日朝のファミレス…想像以上に優雅な時間を過ごせるんじゃないかと思い、1週間で5つのファミレスモーニングを巡ってみた。

それは平日朝だけにあらわれる、街角の別天地であった。

平成元年生まれ。令和から原始まで、古いものと新しいものが好き。

前の記事:軽井沢、京都、鎌倉…“景観規制チェーン店”はみんなちがっておもしろい

> 個人サイト 畳の夢

意外と早起きなファミレスたち

私の住んでいる東京都調布市周辺では、平日モーニングを実施しているチェーンは5つあった。

スクリーンショット (97).png
デニーズやロイホはなんとなく朝食イメージがあったけど、ガストやジョナサンもこんなに早かったのか

そこで実際に1週間、月〜金まで出勤前にファミレスモーニングを巡った。

どれも素晴らしいひとときだったのだが、まずは何を食べたかを紹介したい。

A00E1EFF-AD62-47D5-953C-1E5F0E681AAA.jpeg
〈目玉焼き&ベーコン ソーセージセット615円+パンケーキ変更110円〉
オーソドックスでボリュームたっぷりの朝食だ
43CE044E-D8A4-447A-BF47-4BDA95AF84C7.jpeg
〈シャキシャキキャベツのハムエッグサンドモーニング769円+オニグラスープ231円〉
同じくすかいらーく系列のこちらもボリュームたっぷり。ドリンクバーの青汁も朝なら嬉しい
94D12F69-E14B-4263-B383-BA4711E2721F.jpeg
〈選べる生ハムサラダモーニング660円+ヨーグルト110円〉
デニーズはパンケーキが美味しい。朝から洒落たメニューが多い
DCB10841-2A7B-47C5-8823-00E1B5A4DBDB.jpeg
〈ミニマムバーグディッシュセット665円〉
さすがびっくりドンキー、異色のハンバーグモーニングである。森のりんごスカッシュもめちゃでかい
43C7AA6B-3ECF-40CD-BA9D-7DFACBC35BD5.jpeg
〈ロイヤルホストモーニング1100円+ドリンクバー286円〉
ホテルレベルのロイホ。至福の時間

どれもグランドメニューに比べて割安で満足度も高いのだが、それ以上に特別なのは、この平日朝という時間帯である。

家族連れのいない静かな店内。

外を歩くちびっ子たちは学校へ吸い込まれてゆく。

朝からハンバーグを食べられるのは、自由と責任をもつ大人だけなのだ。

なんと贅沢なことか。

 

★ひとり客には余裕のありすぎる店内

DBCCF751-AC85-4F50-97EE-91F9C308101B.jpeg
がらんとした朝のガスト
E4AD72A3-8B33-4011-A1FB-5C242C9C2D82.jpeg
4人席を1人で占有している

手軽なモーニングといえばドトールなどのカフェチェーンや牛丼屋だろう。

これらはたしかにファミレスよりリーズナブルだ。

だが、ファミレスの良さはその席の広さ。

そして広さに対して人がいないこと。

C0DC58D2-B826-468D-9E72-8FC9F1346299.jpeg
洞窟感のあるびっくりドンキーの店内

特に、びっくりドンキーのような駅からやや遠い郊外型のお店ほどその傾向は強まる。

駅前にあるドトールや松屋が朝、仕事に行く人たちの出入りでせわしないのに対し、ファミレスは時間に余裕のある人しか来ないのだ。

D54959EE-4949-4363-8270-2268961B9385.jpeg
今回もっとも駅近だったジョナサンでも客はぽつぽついる程度だ

店内にはクラシカルなピアノのBGMが流れ、それぞれが穏やかな時間を過ごしている。

現代社会におけるエアポケットがこんなところにあったとは。

朝だからこそ、そこらの高級レストランにも負けないファミレスのキャパの大きさを満喫することができる。

 

いったん広告です

★ファミレスと出勤、ふたつが結びつかないからこその逃避行

74E9D771-47A3-42EA-9DBA-86E4CFC5917A.jpeg
出勤前という事実と目の前の豪華な朝食が結びつかないのだ

出勤前にファミレスに来るということがまだ脳に馴染んでいないため、このあと仕事という現実がおぼつかなくなり、ふわふわする。

9E06494C-308C-43A1-A6C5-8707191301FB.jpeg
あと1時間もしないうちに職場でピリピリしてるだろうに、アサイーボウルを食ってていいんだろうか

ギリギリまで家にいる場合を考えると、「何時何分まで布団の中でダラダラできるけどここからは気合を入れて何分間で準備をしなきゃ…」という風に、ダラダラまで脳内スケジュール化されているものだ。

それに対し、まだまだ経験のすくないファミレスモーニングは宙ぶらりんのひととき。社会に出る前のモラトリアムのような時間なのである。

21173053-BE42-4B07-A33D-E2875850D213.jpeg
二重ドアが非日常へと導くびっくりドンキー。1日中この穴蔵にこもっていたい
B7FEE875-379B-4AD5-8826-E76D790C2250.jpeg
幸せそうな年配マダムたちの存在が時間感覚をにぶらせるデニーズ
7CE76EED-FFB2-42DC-8AFC-F24C23424D0D.jpeg
朝からホイップバターとメープルシロップべったりのパンケーキを食ってていいんだろうか
84E88414-940D-4D0E-8DF1-3A0C47DECA93.jpeg
グランドメニューはなくともアルコールメニューはあるジョナサンの罪深さよ

家でうだうだするよりも、ずっとリラックスした時間を過ごせるのだ。

 

★糖分も塩分も朝ならエネルギー補給という大義名分がある

CDFAFBD8-F16F-4503-87F0-5C02A4EC13AE.jpeg
食パン2枚の間にモリモリとコールスローとハムエッグが入ったジョナサンのサンドイッチ。ボリューミー。

朝たくさん食べるのって、なんだか清々しいのだ。

ほんとのところはともかく、摂取したカロリーがエネルギーとしてどんどん有効活用されていく気がする。

D3F5C20D-B4C9-4032-8A01-2C4ECDC80EED.jpeg
ハンバーグと白飯だ!
90F063C1-A864-4763-8FF0-637DE4BA3C1A.jpeg
生ハムの塩分が頭に染み渡る
5A70EE37-55BA-4AA7-A29D-2FB857F2D269.jpeg
パンケーキにシロップをべっちょりとつけて…
5FBA17DB-30E5-4EF8-A879-439425C9D817.jpeg
ヨーグルトにもあまったシロップを入れてしまう

朝からこれだけ糖分塩分を満喫すると、うわー仕事行きたくない!やだ!となるかと思いきや、違う。

栄養が行き渡って脳がどんどん活動し始めるため、お店を出るころには気分はめちゃ前向きである。

心なしか、午前中の仕事もはかどる気がする。

あと、なんだかんだ昼夜に食べる量が減る。

 

★徹底的にほっといてくれる or 超丁寧な接客

朝は客が少ない&ベテランの店員さんが多いため、接客も丁寧だ。

「ようこそ、デニーズへ」というキャッチフレーズで有名なデニーズにしろ、サーブされた後に「何か他にご要望はございませんか?」と問いかけてくれるびっくりドンキーにしろ、数百円の接客とは思えないホスピタリティを感じることができる。

一方、店員さんに気兼ねしなくてすむのがガスト。

7459D74B-4D96-4514-879C-83D9E159A37C.jpeg
かわいいお目々をした運び屋とんかつちゃん。着くと一瞬でタブレット画面に変わる姿は、あのウォーズマンの衝撃を思い出したり、出さなかったり

入店し「お好きなお席にどうぞ」のあとは、タブレットで注文→猫型ロボットがくる→セルフレジで会計という22世紀然とした対応だ。

これはこれで大変よい。

私の職種はいわゆる対人援助職なので、仕事外でまったく人と関わらない時間というのも大切なのである。疲れちゃうから。

 

★具沢山なスープバーと、沁みわたるドリンクバーのカフェラテ

79DBE977-C726-4AF9-B70B-CBE30A992187.jpeg
ガストやジョナサンではおなじみのスープバーだが、朝イチはめちゃくちゃ具だくさんだ

一般的なスープバー・ドリンクバーも、カフェのモーニングを思うとお代わり自由ということが急に贅沢に思えてくる。

821C4BF9-74F9-4700-96A2-84C9513C3451.jpeg
ふんわりとした泡がかわいいロイヤルホスト。味は苦味のある本格派
45739CF6-31F1-4617-8DA3-0376A823496E.jpeg
デニーズのカフェラテはミルク多めで純喫茶風のやさしい味わい

とくに、カフェラテお代わり自由というカフェはなかなかないはずだ。

朝、2杯目のカフェラテを飲むという余裕。

ファミレスだからこその贅沢だ。

1E9589FE-D050-426F-B8AD-B6A32ECE8D8E.jpeg
ドリンクバーのコーヒーも最近はちょっとこだわっている
A26AEB34-8EE3-4B4D-8A09-DC2133CA9F29.jpeg
びっくりドンキーはワンドリンク制だけど、森のりんごスカッシュが圧倒的にデカい。さっぱりとした味わいがポーク多めのハンバーグにベストマッチ

 

いったん広告です

★こんなの休日にくるべきだ。金曜朝しか耐えられないロイヤルホスト

E9A61509-3CC3-4D92-8F25-5062291DA0A4.jpeg
金曜朝のロイヤルホスト

ということで大満足のファミレスモーニングだったが、ひとつだけ後悔した場所がある。

ロイヤルホストだ。

48BB1061-1082-40B1-95D7-002D5BD35291.jpeg
もう一度掲載したい、ロイヤルホストモーニング1100円+ドリンクバー286円

最寄りのロイヤルホストは8時オープン。自宅と職場からの距離の関係でここにいられるのは正味30分。

いいお値段するだけあり、全てがワンランク上なのだが…

それをたった30分で味わえるのだろうか。

C2C8643D-91A2-43CE-8C4C-170EB0E08A20.jpeg
一味ちがうポイント①…瓶に入ったドリンクバー

濃縮還元のオレンジジュースだが、中にはスライスされたオレンジが浮かんでおり、フレッシュな香りや風味がプラスされている。

158B5136-F60B-44A6-9B27-3D08471DC342.jpeg
一味ちがうポイント②…しっかりバターの効いたスクランブルエッグ
62BB993D-CB6E-4DCF-B3BC-36BDCA487922.jpeg
一味ちがうポイント③…パンが超ふかふか
1838881A-1516-4E2F-9902-B05AC3CE59E3.jpeg
ホイップバターを塗ってほおばる至福の時間

もう一度言うが、これは平日朝、出勤前の30分なのである。

走馬灯のように過ぎゆく、濃縮された時間であった。

これは、ふつうに休みの日に来るべきである。

仕事に行きたくなくなってしまった。

ギリ金曜だから耐えられたロイヤルホストであった。

B83654A8-70B9-4423-8839-A288F1ED0E6B.jpeg
アサイーのほのかな渋味を口の中に残しながら、金曜の仕事は始まったのである

 


たまに行くぐらいがちょうどよい

今回ファミレスモーニングを楽しめたのは、それが非日常だからだろう。

日常のルーチンに組み込まれた瞬間、あのふわふわした宙ぶらりんの心地よい時間はなくなってしまう。

すぐにでも行きたいけれど、すこし我慢して、また来月くらいに行こうかな。

B40529BE-3079-4CAA-BB68-1548F57DC9E8.jpeg
びっくりドンキーも正味30分しかいられず、めっちゃ悲しかった

 

▽デイリーポータルZトップへ

banner.jpg

 

デイリーポータルZのTwitterをフォローすると、あなたのタイムラインに「役には立たないけどなんかいい情報」がとどきます!

→→→  ←←←

 

デイリーポータルZは、Amazonアソシエイト・プログラムに参加しています。

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ
↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓

 

今日のみどころ